1. TOP
  2. 身長を伸ばすには亜鉛が必要

身長を伸ばすには亜鉛が必要


この記事は約 10 分で読めます。 386 Views

亜鉛という物質はみなさんご存知ですよね。

身長を伸ばしたいという場合、亜鉛がとても重要な役割を果たしているといわれています。

亜鉛はタンパク質やDNAの合成に欠かせない栄養素で、新陳代謝や免疫力を高める効果もあります。

子どもの成長期に亜鉛が不足すると、成長障害や貧血になったり風邪をひきやすくなったりします。

また食べたものの味が感じにくくなる味覚障害や機能障害が起こることもあります。成長に効果的というより不足すると子供の身体に不調をきたす栄養素であるといえるでしょう。

そこで、身長を伸ばすには亜鉛が必要だということについてご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

亜鉛が身長を伸ばす仕組み

亜鉛は成長のために欠かせないもの

亜鉛は牡蠣などの食材に多く含まれているミネラル成分で、私たちの体の中でタンパク質の合成をサポートしたり、細胞分裂を促進させたり、疲労回復など様々な役割を担っています。

亜鉛は骨や皮膚・、肝臓・腎臓や脳などに存在し、抗酸化作用や骨や筋肉の成長促進作用、新陳代謝活性化作用などの働きをしています。

つまり、亜鉛は骨や筋肉の成長促進効果をもつため、身長を伸ばすためには必要な成分なのです。身長が伸びるためには骨が大きくなっていくことが必要です。細胞分裂を促進させる作用をもち、骨や筋肉を作っている細胞を増やしてくれるという効果などが期待される物質といえます。

細胞分裂のためにも欠かせない

また、新陳代謝を促進する作用もあるので、細胞を新しく生み出す細胞分裂を促進させてくれるという働きもあり、身長を伸ばすのに不可欠な成分なのです。

亜鉛は身長を伸ばすために必要となる細胞を増やしてくれるという仕組みによって主に背丈を伸ばしてくれるという働きをしているということといえます。

つまり、亜鉛は体を構成する栄養素の一種で、骨格や皮膚などに存在しています。また、タンパク質合成を行うためにも大切な物質であり、亜鉛が十分適切に摂取できていると身長を伸ばすという点で理想的なのです。

亜鉛は体内では作られない

食べ物から亜鉛を摂取するのが理想的

鉛は人が成長していく上で欠かすことができない細胞分裂という仕組みに大きく関係している物質です。

そして、亜鉛は胎内の骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓などに存在するミネラルで、タンパク質の合成にかかわる酵素の材料となります。

ライフステージの中で最も身長が伸びやすい時期だといいわれている成長期にある子どもたちが適切な量の亜鉛を摂取することで細胞分裂をより活性化させ、骨や骨格を大きく成長させていくことができるのです。

そのような亜鉛を効果的に食べ物から摂るということは最も理想的な方法です。亜鉛は人体に必要とされる16種の必須ミネラルのうちの1つですが、亜鉛は体内で合成される栄養素ではなく、食事などの方法で体の外から摂取をする必要がある栄養素なのです。

そのため、亜鉛が豊富に含まれている食材を積極的に摂取することでより自然な形で亜鉛を摂取することが求められます。

亜鉛は絶やさず摂取する必要がある

また、亜鉛は必須ミネラル16種に含まれている栄養素で、絶やさずに摂取をし続ける必要がある栄養素でもあります。

毎日快適に過ごすためにも、体の働きを活性化させてくれる亜鉛という栄養素が不足すると、体が病気になりやすくなったり、調子が悪くなったりするのです。亜鉛はしっかり意識して摂取したい栄養素でもあるのです。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛を多く含む食材を選ぼう

亜鉛は成人の体の中には約2000mg存在するといわれており、主に骨格筋や骨、皮膚などの健康を保つのに必要な成分です。また、肝臓や腎臓、脳の働きにとっても重要です。

成長期の子供は成人と同じくらいの亜鉛が必要です。食品で亜鉛を摂取した場合、その吸収率は30パーセント程度といわれています。

亜鉛は汗の中に多く含まれているため、大量に汗をかくと、亜鉛の体外への流出量が増えてしまいます。このためスポーツをしたりして汗をかくことが多い子供の場合は、多めに亜鉛を摂取する必要があります。

だからといってサプリメントなどで補おうとすると、過剰摂取による急性亜鉛中毒や鉄分などの吸収阻害、貧血、免疫障害、神経症状、下痢などの症状を引き起こすことがあるので注意しなければなりません。

大人と同様、成長期にある子どもにとっても体の成長に不可欠な栄養素です。しかし、亜鉛は不足しがちな栄養素でもあります。大人と同様、日本人は亜鉛不足になりやすい傾向があるといわれているのです。そこで、亜鉛を多く含む食材を摂取することはとても重要なのです。

亜鉛を摂取するためのオススメの食材

亜鉛を多く含む食材として挙げられるのが牡蠣です。牡蠣には約13.2ミリグラムの亜鉛が含まれているといわれ、牡蠣を3個食べると成人女性が必要とする1日の亜鉛が摂取できるといわれています。また、ウナギやカニやスルメなどのシーフード類からも亜鉛を効率的に摂取することができるといわれています。

また、海鮮類だけでなく肉類の中にも亜鉛は含まれています。例えば、牛肉は亜鉛を摂取するのにおすすめだといわれています。特にレバーに亜鉛が多く含まれているといわれています。

そして、ひき肉や卵黄も亜鉛を含んでいますし、乳製品にも含まれています。パルメザンチーズには亜鉛が豊富に含まれているといわれ、牛乳にも少ないながらも亜鉛が含まれているといわれています。

亜鉛を多く含む食品には、カキ、牛肉、卵黄、ホタテ、煮干し、小麦胚芽、大豆食品、チーズ、アーモンド、アボカド、わかめ、ひじきなどがあります。

一度に多くの亜鉛を摂れるのはカキと牛肉ですが、バランスの良い食事をしていればいろんな食品から少しずつ亜鉛を摂取することができます。

このように亜鉛摂取が期待される食品を積極的に摂るということは身長を伸ばすという点でもとても有効な方法といえます。

亜鉛の吸収量について

亜鉛は単体ではあまり体内に吸収されない

亜鉛を積極的に摂取すると体の成長を促進してくれるという効果が期待できます。しかし、一般的に言われているのが、亜鉛は食べ物などから摂取したとしても全ての亜鉛が体内に吸収されるというわけではないということなのです。亜鉛を摂取しても体に100%摂りいれられるわけでもないということなのです。

摂りいれた亜鉛は、消化吸収を経ても30%くらいしか身体には吸収されないといわれています。そのため、吸収されなければ亜鉛を摂取しても背丈を伸ばすということは実現されないということなのです。

亜鉛は健康維持には欠かせませんが、吸収されにくく日々の食生活だけでは不足しがちな栄養素でもあります。

とくに運動量が多く毎日たくさんの汗をかくお子さんの場合は、栄養のバランスを考えながら少し多めに摂ることを意識したいものです。

亜鉛以外の物質の働きが大事

このような亜鉛の吸収効果については、じつは亜鉛以外の物質が関わっています。私たちが摂りいれる栄養素には、亜鉛が身体に吸収されるのを効率的にサポートしてくれるものがあり、少しでも亜鉛の吸収をアップさせたい場合にはその成分もいっしょに摂取することが必要といえます。

このように、亜鉛の吸収率をアップさせてくれる栄養成分にビタミンCやクエン酸があるといわれています。これらの物質は亜鉛の吸収率を高めてくれます。そのため、亜鉛と一緒に摂るのがおすすめなのです。

ビタミンCはフルーツなどに豊富に含まれている成分で、クエン酸は疲労回復効果がある物質として知られています。これらを多く含む食べ物としてよく知られているのがレモンです。
レモンにはビタミンCやクエン酸などが豊富に含まれており、亜鉛を多く含む食品をレモンと一緒にいただくと亜鉛の吸収効果がアップするのです。

亜鉛を取りすぎると…

ミネラルの一種である亜鉛は細胞分裂などを促進してくれる働きがあり、不足しがちな栄養素でもあるといわれていますので積極的に摂取することが期待されます。しかし、必要不可欠な亜鉛も過剰摂取してしまうと、吐き気や嘔吐、腹痛や低血圧といった症状が出ることがあるといわれ知恵ます。

そのため、適量を毎日継続的に摂取するということが理想的といえ、身長を伸ばしたいという場合、他の栄養素などとバランスよく摂取していくことが大切なのです。

亜鉛を配合しているサプリメント

亜鉛は食事からだけでは不足気味になる

亜鉛は食事から摂るということが理想的な成分ですが、食事から摂るという場合には不足しやすい傾向があるといわれており、適量を継続的に摂取するという点でもサプリメントを活用するのはおすすめです。

亜鉛は男性だと10ミリグラム、女性だと8ミリグラムは必要といわれています。しかし、なかなかその量の亜鉛を毎日摂り続けるのは難しいと思っている人は多いのです。

またインスタント食品や加工食品の原料となる精製された原料には亜鉛がほとんど含まれていないので注意が必要です。朝は菓子パンで昼はカップラーメンといった食事を毎日続けていると、亜鉛が不足してしまいます。

サプリメントを利用するのもひとつの手

サプリメントであれば、毎日手軽に亜鉛を摂取することができ、足りない亜鉛摂取量を効果的に補ってくれることができます。

また、毎日牡蠣を3個くらい撮り続けるということもなかなか難しく、サプリメントなら手軽に毎日の食事後に摂取するなどするだけで、簡単に亜鉛不足を補うことができます。また、価格も牡蠣を毎日食べ続けるよりもよりリーズナブルな価格で入手することができます。

亜鉛のサプリメントは近くのドラッグストアやコンビニなどにも置いてあり、リーズナブルな価格で販売されています。これらを利用するなどはおすすめです。その際、亜鉛の吸収効率を高めるために、亜鉛サプリメントを摂取する前にレモンやグレープフルーツなどのビタミンCなど多く含む果物を摂るといいといわれています。また、亜鉛サプリメントをビタミンCサプリメントなどといっしょに飲むのもおすすめです。

吸収率を高めるために他の栄養素も一緒に摂る

身長を伸ばすという場合、亜鉛だけを摂取すればいいというわけでもないのです。亜鉛の吸収効果を高めてくれるビタミンCなどとともに摂取するのもおすすめですが、カルシウムなども必要です。

しかし、身長を伸ばす場合にはカルシウムだけでも身長が伸びるというわけでもなく、体の成長にはたんぱく質やビタミン、亜鉛以外のミネラル類などがバランスよく必要になるのです。

またビタミンCは亜鉛の吸収効率をよくするので、柑橘類などといっしょに食べるとより効果的です。

サプリメントは亜鉛のみが摂取できるものもありますが、背を伸ばしたい場合は亜鉛だけではなく、その他の背を伸ばすための様々な成分が配合されているサプリメントを利用するのがオススメです。

サプリメントは必要な栄養素をバランスよく栄養補給できる

例えば、身長が伸びるために必要な「5大栄養素」が高配合されている「カラダアルファ」というサプリには、亜鉛はもちろん、それ以外のミネラル成分や、たんぱく質やビタミン、マグネシウム、カルシウムなどもバランスよくたくさん含まれているので、体の成長に必要な栄養素を効果的に補うことができておすすめです(詳しくは「背が伸びるサプリメント徹底比較!!」をご覧ください)。

「栄養が偏りがち」「好き嫌いが激しい」「小食」などにより亜鉛をはじめとする身長を伸ばすために必要な栄養素を十分にとれない場合、手軽に飲めるサプリメントは不足する栄養素を効果的に補ってくれます。

ポイント

亜鉛は身長を伸ばしたいという場合、細胞分裂を促進してくれる効果などがあり、亜鉛は細胞の成長という点でもとても重要な役割を果たしている栄養素です。身長が伸びるという場合、骨や筋肉の成長だけでなく、これらを作っている細胞の数が増えるということも大切なのです。

しかし、亜鉛は不足しやすい栄養素だともいわれており、一日に必要な摂取量を継続的に摂取することが身長を伸ばすという点でも大切なポイントです。そして、亜鉛が豊富に含まれている食品には牡蠣などがありますが、毎日継続的に牡蠣を摂取するということになるとなかなか難しいところがあるといえます。

また、亜鉛は一度に過剰に摂取するのもあまりおすすめではない物質で、摂取しすぎてしまうと頭痛や吐き気、低血圧などの症状が出る場合もあるといわれています。

そのため、サプリメントなどを用いて毎日の不足分を上手に補いながら継続的に適量の亜鉛を摂取するということは推奨されるのです。サプリメントを用いる時には、食べ合わせなどを工夫することで亜鉛の吸収効果をアップさせることができます。食品から亜鉛を摂取する時にもレモンなどと一緒に摂取するのがおすすめです。

サプリメントから摂取する場合には、様々な栄養素がたくさん補えるサプリメントを利用するとより効率的に体の成長を促進することができます。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 右脳を鍛える方法 右脳を鍛えれば子供が天才になる!?

  • リビングで勉強すると成績が上がる! リビング学習のポイント

  • 子供の習い事 スポーツ系のランキングとメリット・デメリット

  • ポリカンって成長期の子どもにも効くの?

  • セノビックの効果 セノビックでホントに背が伸びるの?

  • 二の腕が痩せるダイエット法 効果的に二の腕を細くしよう!