1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法 中学生の女子がしていきたい背の伸ばし方

身長を伸ばす方法 中学生の女子がしていきたい背の伸ばし方


この記事は約 12 分で読めます。 515 Views

身長が伸びるメカニズム

女子中学生が身長を伸ばすには、好き嫌いせずに良く食べることです。ここで差がつきます。

成長期

人間は、男女共に中学生くらいの時期(思春期)に身長が一気のびます。

これらの時期では、筋肉や骨など細胞分裂が活発になっており、この時に身長が良く伸びます。

この時期に、ダイエットなどをして必要な栄養が足りなかったりするとうまく身長が伸びなくなったりします。特に体型を気にし始める女子中学生は気をつけたいポイントです。

必要な栄養素とは

身長が伸びるには一般的にカルシウムなどと言われています。

しかし、カルシウムだけを取っても身長は伸びません。

身長を伸ばすには必要な栄養素は、『タンパク質』『マグネシウム』『カルシウム』『ビタミンD』『亜鉛』となってます。

これらの材料が必要です。

『タンパク質』
牛肉、豚肉、鶏肉、魚、大豆、豆腐、卵など。

『マグネシウム』
大豆、牡蠣、シジミ、アサリ、イワシ、サバ、ひじき、ワカメ、ゴマ、アーモンドなど。

『カルシウム』
牛肉、魚類、海藻類、大豆など。

『ビタミンD』
しいたけ、カツオ、さんま、イワシなど。

『亜鉛』
牡蠣、アサリ、レバー、納豆、ゴマなど。

スポンサーリンク

栄養素の役割

『タンパク質』
タンパク質は体内でコラーゲンとして分解され、骨の両端に吸収され骨を伸ばして行きます。

この部分は、まだ骨が出来てなく軟骨になってます。この部分が骨になってしまうと身長は伸びなくなってしまいます。

『マグネシウム』
カルシウムを効率良く骨にするにはマグネシウムが絶対的に必要不可欠です。

カルシウムのサポートする働きを持ってます。

『カルシウム』
カルシウムは、身長を伸ばすために必要な栄養素では無く、骨密度を高める働きがあります。

骨密度が低いと、骨がポキポキ折れやすくなります。いわゆる骨粗鬆症です。

『ビタミンD』
ビタミンDは身長を伸ばすには必要なビタミンです。ビタミンDがカルシウムを骨に沈着するのを助けます。

ビタミンD不足になると、骨粗鬆症などいなってしまいます。

また、ビタミンDは外に出て日光を浴びることで体内でビタミンDが作られます。

『亜鉛』
身長を伸ばすには必要不可欠な栄養素です。
亜鉛の働きは、筋肉や骨などの細胞分裂に大きく関わってます。

新しい細胞を作り出す時、DNAの情報をコピーして合成する働きをしています。

これまで上記に書いた以外の栄養素も必ず必要なので、好き嫌いせずに沢山の栄養を取りましょう。

身長を伸ばすに1番大切なモノ

女子中学生が身長を伸ばすために1番大切なモノは、それはバランスが取れた食事でもありますが、1番はなんだと思いますか?

それは『睡眠』です。睡眠が長ければ長いほど良いです。

睡眠を取ると2時間半すると、身体から成長ホルモンが分泌します。このホルモンが身体の細胞を再生させます。この時期に夜更かしなどを行うことで身長差が生まれます。

良く食べて、良く運動して、良く寝ることです。そして女子の気になる悩みの種であるお肌にのためにもなります。

『寝る子は育つ』というのは正しいことわざなのです。

身長を伸ばしたい女子中学生は栄養が大事

育ち盛り、身長も伸び盛りの女子中学生、前項では身長を伸ばしたい女子中学生が摂るべき栄養素についてお話しましたが、ここでは栄養素についてもう一歩突っ込んでお話したいと思います。

トータルバランスが大事

女子中学生がその身長を伸ばすために必要な栄養素といえばカルシウムを想像するかもしれませんが、必要なのはカルシウムだけではありません。カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質・亜鉛を含む食材を意識してメニューに取り入れていきましょう。

骨を形成し土台をつくるのがタンパク質です。その土台の上にカルシウムやリンがくっつくことで硬く丈夫な骨になります。

マグネシウムは骨の強度を保つのに役立ち、ビタミンDは小腸でのカルシウムの吸収を促進し合成を助け、亜鉛は骨形成を促進します。

骨の形成に欠かせない主要成分カルシウムですが、日々の食事で不足しがちな栄養素でもあります。1度にたくさん摂っても吸収されず、吸収率もあまり良くない栄養素なので、毎日継続して摂ることが大切です。

オススメの食べ物は?

カルシウムを多く含む食材といえば牛乳が有名ですね。タンパク質も多く含み吸収率も良いので成長期におすすめですが、脂質も多く含まれているので飲み過ぎには注意しましょう。

丸ごと食べられるちりめんじゃこは、カルシウムと骨の健康に重要なビタミンDが豊富に含まれており、おすすめです。

小松菜やチンゲンサイ、大根葉や切り干し大根にはカルシウムがたっぷりと含まれています。野菜はカルシウムの吸収率はそれほど高くはないのですが、成長期に必要不可欠なビタミンやミネラルもたくさん含んでいます。また、タンパク質や亜鉛は単体ではあまり効果を発揮してくれないので、野菜や果物を一緒に摂りましょう。

タンパク質を多く含む食材といえば肉と魚ですが、脂身の多い部分は脂質の摂り過ぎにつながるので、できるだけ赤身の部位を選ぶようにし、高タンパク・低脂質な献立を心がけましょう。亜鉛を多く含む牛肉がおすすめです。青魚には集中力をアップさせるDHAやEPAが含まれているので積極的に取り入れましょう。

卵や大豆製品も良質なタンパク質を豊富に含んでいます。大豆製品でおすすめは納豆で、血流アップなどさまざまな健康効果を期待できます。おやつにおすすめなのがアーモンド小魚です。身長を伸ばすために必要な栄養素がたっぷり含まれ、ナチュラルです。

どの食材も女子中学生が簡単に食べることができますし、お料理にも簡単に取り入れることができるものなので、背を伸ばしたい女子中学生は積極的に食べるようにしましょう。

女子中学生の成長に繋がる良質な睡眠

良質な睡眠を心掛ける

良質な睡眠をとる習慣は、女子中学生が身長を伸ばしていくにあたっては重要な考え方になるとされています。できるだけ深い睡眠がとれるように環境を整えることに伴い、成長期の女子の身長の向上に直接的に関与していくのは間違いありません。

以前よりも睡眠の質を追求することは、多くの家庭で考えられるものとして取り上げられていますが、実践することが望ましいと言えるのではないでしょうか。

最も重要な点としては、入眠がスムーズに進むように生活を見直すことであるとされています。寝る3時間前までに食事を済ませ、胃腸の働きをなだらかにしておくことが良質な睡眠をとるためには欠かせないのではないかと認識されています。

部活や塾などで忙しい女子中学生は寝る直前に食事をとることもあると思いますが、寝る直前の食事は、睡眠の質を下げることに加えて、成長ホルモンの分泌を妨げる場合もあると考えられています。

そのため、職場は寝る前に余裕をもって済ませておくことが、睡眠のクオリティを高めることに寄与していくと言えるのではないでしょうか。

寝る前のスマホも禁止

また、パソコンやスマートフォンなどの操作も、睡眠をとる1時間から2時間前は控えることが望ましいと考えられています。女子中学生は友達とのやり取りや、色んな情報収集に忙しいとは思いますが、ブルーライトの刺激によって、十分な睡眠が確保できなくなる可能性があると認識されているためです。

食事やスマホなどの生活習慣を改めることに伴い、良質な睡眠をとることにダイレクトに関わっていく可能性は、高いのではないかと考えられています。良質な睡眠が毎日確保できることによって、中学生の時期の女子たちにとっては、成長をスムーズに進めることにも繋がるのではないでしょうか。

また、成長ホルモンの分泌量が、睡眠の質によって左右されることも多くの人から認知されているため、こうした生活習慣を見直し名から、成長を手助けする休養のとり方を実践することが女子中学生には求められるでしょう。今後もこのような観点で、良質な睡眠をとる女子中学生の子供たちが、より一層多くなっていくのではないかと随所で期待されています。

身長を伸ばしたい女子中学生はダイエットと徹夜は避けること

女子中学生がダイエットと徹夜をすると身長がストップする

日本人の平均身長というのは、以前よりも高くなっていると言われています。しかし、なかにはなかなか身長が伸びないことを悩んでいる女子中学生も多いのではないでしょうか。

中学生というのは成長期でもあることから、周りの人が身長が伸びているのに、自分だけ小さいままという人も多いと思います。もしも女子中学生で身長を伸ばしたいと思っているのであれば、やってはいけないことがあります。それは、食事によるダイエットと徹夜です。

栄養を取らないと成長できない

中学生ともなると、ダイエットをしている女子も多いかもしれませんが、身長を伸ばすためには最低限の栄養が必要だとされています。その時期に食事によるダイエットをしてしまうと、栄養は身長を伸ばすためには働かずに、減っていく脂肪をどうにか残すために働いてしまいますので、身長を伸ばすことができなくなってしまいます。

痩せたいために朝食を抜いたり、夕食を抜いたり炭水化物を摂らないようにしてしまうと、成長期である女子中学生にとっては栄養が十分ではありませんので、栄養が身長を伸ばすために働かないのです。もしもダイエットをしたいのであれば、必要最低限の栄養が摂れるように食事への工夫が必要です。

また、食事でのダイエットではなく、運動でのダイエットがおすすめです。成長期の骨を強くするためには運動も大切ですので、運動はしっかりと行うことが必要だとされています。

寝なければ成長できない

また、身長を伸ばすためには、栄養だけではなく、睡眠も大切です。受験勉強のために徹夜をしてしまう人も多いかもしれませんが、身長は寝ているときに成長すると言われています。

成長期の骨を強くするためには、寝不足や不規則な生活は厳禁です。大人はお肌のゴールデンタイムを意識している人もいますが、子供にも成長期のゴールデンタイムがあります。

それが、お肌のゴールデンタイムと同じであるとされており、徹夜や夜更かしなどが成長期に影響を及ぼしかねないとされています。身長を伸ばしたい女子中学生のためには、規則正しい生活が一番なのです。

身長の低さを遺伝のせいにしてはいけない

地域別身長格差

世界をざっと見てみましょう。欧米人やロシア、モンゴル、アフリカの民族は比較的身長が高いとおもいます。

最近は日本人の身長も高くなっています。ですが北朝鮮は小柄な人が多く、同じ民族でも韓国人は大きい人が多いかとおもいます。

またポリネシア民族,タイ、マレーシアは小柄な人が多いようです何故でしょうか?

簡単に申しますと中学生くらいの一番体が成長するときに動物性のたんぱく質をしっかりとっていないか、どうかです。

米、野菜、果物、豆類、海草、魚も必要なミネラル、ビタミン、炭水化物、たんぱく質を含みますが、実際に、肉を中心とした食生活をしている民族はほとんどが背が高いのです。

現代の日本人を見ればわかるかとおもいます。ほんの50年ほど前日本人の平均身長は150cmでした。その頃の食事は穀類を中心とした生活で後は豆類ですとか、海産物からたんぱく質をとっていました。

肉を食べない習慣である江戸時代が長く続き、日本人はみな小柄でした。ですが同じ遺伝子を持つモンゴロイドでも、韓国の方、モンゴルの方などは大きい人が多いのは動物性のタンパクの摂取が多い事意外考えられません。

もつ焼きや、煮込みも彼らの食文化で当時の日本人は捨てていました。放るもの、がホルモンの語源と主張する人がいるほどです。

またタイの1部の地域では30代であるにもかかわらず小学生か、中学生にしか見えない方がいるのです。ただこれは例外でたんぱく質不足のみが足りていないのではなく慢性的な栄養不足のせいです。

秘密はアルギニン

これは成長に欠かせないアルギニンが動物性タンパクにはたくさん含まれているためです。

植物性タンパクにも含まれていますが肉にはかないません。また成長ホルモンは寝ているときにたくさん分泌されますので良質な睡眠も必要です。

中学生くらいのお子さんは、ゲーム、パソコン、スマートフォンは与えるべきではないと感じます。睡眠を阻害します。

つまりたった二つ、成長期には動物性のたんぱく質を積極的にとりよく眠る。小、中学生のときは特に多くとる。これだけでいいのです。低身長が遺伝ならば今の日本人の体格はありえないのです。

初潮のあとはもう背は伸びない?

初潮を迎える年齢は個人差があり、だいたい10~13歳(小学校5年生~中学校1年生)が多く、身長では150cm前後、体重だと40kg前後で始まるといわれています。

20代前半の女子の平均身長が約158cm、平均体重約50kgですから、ほぼ成長のピークを越えたあたりで初潮が始まっていることがわかります。

初潮は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが分泌されることで始まりますが、エストロゲンは、背が伸びることに関係している骨端線の骨化(石灰化)を進めます。これが初潮の前と後との身長の伸び方の違いになっています。

月経(生理)が妊娠・出産に備えた体の準備であることを考えると、まず初めに背が伸びるピーク(体がある程度大きくなる)が先に来てから、その後、初潮を迎えるというのはとても理に適っていると思われます。

初潮の後も背は伸びる

身長が急激にのびたあとに初潮は始まり、その後、身長の方の伸びはゆるやかになるため、「初潮が来たら身長の伸びは止まる」と思っている人もいますが、たしかに初潮前と後とでは身長の伸びはかなり違いますが、初潮の開始と同時に止まることはほとんどなく、しばらくは背もわずかに伸び続けます。

統計では初潮が来ても、その後、一年に約1㎝くらいずつ伸びて、最終的には平均6㎝ほどのびることが分かっています。

最終身長は、初潮後の生活習慣に大きく左右されるので、まだ完全に終わっていない成長期の睡眠や食事、運動には十分気を配りましょう。

十分な睡眠と食事、運動をこころがける

また女子の場合、将来に控えた妊娠・出産のためにも、体のつくられる成長期に十分な睡眠と食事、運動をするのは大切なことです。

思春期の女子の、太ることを気にしての痩せすぎの問題がありますが、思春期における無理なダイエットは、生理不順や貧血、将来的に不妊や骨粗鬆症を引き起こすリスクを高めます。

生理の開始に関与するエストロゲンは、骨を強くする働きがあります。初潮が始まり、エストロゲンの活動がさかんなこの時期こそ、骨を強くするのに適した時期です。

無理なダイエットではなく、バランスの取れた食事を心がけ、健康的な美しさを目ざしましょう。

生理が始まるということは身長が止まるということではなくて、近い将来、身長が止まる時期が来ることの前触れです。

最終的に身長が止まるまでの残された時間を、十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動、そしてストレスをためこまない工夫をして過ごすなら、最終身長はそうしなかったときに比べて違ってくると思われます。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 登園拒否の原因って?子供の「保育園に行きたくない!」の対処法

  • ふくらはぎが痩せるダイエット法 効果的にふくらはぎを細くしよう!

  • 音痴は遺伝するの?音痴を直す方法のまとめ

  • 足のサイズと身長は比例する?

  • 身長を伸ばす薬はあるの?その効果と副作用

  • 背が伸びるサプリメント徹底比較!!