1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法 大人になっても背は伸びる

身長を伸ばす方法 大人になっても背は伸びる


この記事は約 9 分で読めます。 501 Views

大人になったらもう身長は伸びない?

一般的には大人になれば身長が伸びることはないと考えられています。しかし、大人になっても身長が伸びるという話を稀に聞くことがあります。

大人になってから、身長が伸びた人はどのような生活を送っていたのでしょう。

もちろん、もともと身長が伸びやすいという体質の人もいるでしょう。しかし、ここで取り上げたいのは、あくまでもともとの体質によるものではない、身長の伸ばし方です。

大人になってからの身長の伸ばし方について、様々な角度から紹介していきます。

スポンサーリンク

バランスのとれた栄養をとる

しっかりとバランスのとれた食事を

しっかりとバランスのとれた食事をとることが大切です。バランスのとれた食事をとってこそ、身長を伸ばすために必要な成長ホルモンを分泌することが大切だからです。

巷では、身長を伸ばすには牛乳をたくさん飲むだの、タンパク質を取るなど、いろいろと言われていますが、これらの栄養はバランスの整った食事があってこそ、成立するものです。

よって、牛乳ばかり飲んでいても、他の栄養素がしっかりと体の中に入っていなければ、身長を伸ばすことは不可能なのです。

栄養素とは、一つだけ摂っても効果を発揮しません。様々な栄養素をとって、お互いに絡み合いながら、その相乗効果によって始めて効果を発揮します。

牛肉を食べる

牛肉には成長ホルモンの分泌を促す栄養が入っているという研究結果があります。牛肉を食べ続けた子供は、食べていない子供に比べ、著しい身長の発達が見られたというものです。

これは、子供の話になりますが、大人に対しても同様なことが言えるのではないかと考えられます。子供のときは、十分すぎるほど成長ホルモンが体の中を駆け巡っているため、その成長ホルモンが牛肉を食べることで倍になると、かなりの成長ホルモンが分泌されます。

しかし、大人の場合は元々の成長ホルモンの量が少ないため、牛肉を食べて倍になってもあまり数に反映されません。よって効果がないように思われがちですが、いくらかでも成長ホルモンが分泌されている限り、数は増えているので、めげずに牛肉を食べることが大切です。

目には見えなくても、確実にあなたの体の中で成長ホルモンは増加しています。少しずつ、でも着実にあなたの身長に反映されていくはずです。

しっかりと睡眠をとる

睡眠時間は8時間を目指そう

身長を伸ばすには栄養のバランスを整える他に、しっかりと睡眠をとることも同じくらいに大切です。子供の頃なら、睡眠と食事が身長を伸ばす最も重要なポイントとなるべきところです。

これは大人になってからも言えます。なんといっても、睡眠は身長を伸ばす成長ホルモンを分泌してくれる作業です。睡眠なくして、身長の伸びは考えられません。

睡眠時間は何時間、寝るのがベストなのかというと、8時間だと言われています。8時間寝ることで、じっくりと成長ホルモンを増やすことができるのです。逆にいえば、睡眠時間が短ければ成長ホルモンを増やすことはできません。

しっかりと睡眠時間をとることは大人にとっても大切です。

睡眠の質を高めよう

睡眠はただ寝るだけではダメです。しっかりと睡眠の質を高める必要があります。

睡眠の質を高める時間は、夜10時~午前2時の4時間を含めた時間帯となっています。夜10時~午前2時の4時間は、特に成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯であるため、この時間帯にはしっかりと睡眠をとった方が良いでしょう。

また、寝る直前には、ネットサーフィンをしたり、テレビゲームをしたりするのは避けましょう。脳に刺激が強すぎて、睡眠の妨げになります。成長ホルモンは、眠ってから最初にくる深い眠りのときに、最も多く分泌されるため、寝る前に脳に刺激を与えないことは、とても大事なことなのです。

身長を伸ばすための睡眠には、睡眠時間の長さも大切ですが、同じくらいに睡眠の質も大事なのです。しっかりと眠りについて、成長ホルモンの分泌を促してあげましょう。また、睡眠が充実してこそ、体内に摂取した栄養も体の隅々へと届くので、しっかりと眠るようにしましょう。

 身体を整える

猫背を改善する

身長を伸ばすには、身体を整えて、全体的な体のゆがみを取ることが大事です。ゆがみをなくすことで身長のアップに期待できるので、欠かさずゆがみをとるようにしましょう。

まずは、猫背の改善です。猫背の人は、どうしても体が前のめりになり、骨がゆがんでいます。もともとの身長が高くても、猫背をこのままとり続けると、さらに小さくなる可能性があります。

よく年齢を重ねると、身長が縮むといった話を聞くことがあります。それは、長年、とり続けた姿勢が原因で身長が小さくなることが原因です。姿勢が正しければ、年をとっても身長が小さくなることはないのです。

しかし、誰にでも生きていれば、姿勢に癖は出るものです。そうした癖を直さない限り、身長はどんどん小さくなってしまいます。意識するだけでも違うので、猫背にならないよう、肩を張って歩くようにしましょう。

O脚を直す

O脚も猫背と同様、身長を小さくする体のゆがみです。元々、足の長さが長いのに、O脚であるがゆえに、足が短くなり、身長が小さくなっていることが考えられます。O脚を直すことで、だいぶ身長も大きくなり、身長の伸びに期待できます。

では、O脚を直すにはどうすればよいのでしょう。まずは、整体にいって体のゆがみをとりながら、直していく必要があります。しかし、整体にいっても効果は一時的であり、根本的に生活をする上で自分がとり続けている体の癖を直さなければ、O脚からの脱却は考えられません。日頃から意識してひざを内側に向けて歩くようにするのがベストです。

この方法では、改善までにかなりの時間を要しますが、着実に治すことができるでしょう。初めは辛いかもしれませんが、慣れればそうでもありません。めげずに頑張りましょう。

腹八分目を心がける

食事は腹八分目に抑える

身長を伸ばすには腹八分目を心がけることが大切です。というのも、満腹になると、消化吸収に体のエネルギーをとられ、うまく成長ホルモンが分泌できなくなるからです。

成長ホルモンとは、身長を伸ばすために必要なホルモンですが、これは大人になっても出ています。子供のときに比べ、だいぶ分泌量は減りますが、大人になっても少量は出ています。この自分の成長ホルモンを最大限、分泌させてあげることが何よりも大切です。

腹八分目の食事を楽しむことで、無駄に消化の方にエネルギーを費やすことがなくなります。

スナック菓子を食べない

スナック菓子を食べない、炭酸飲料を飲まないといったことも大切です。余計なカロリーを摂取してしまうだけでなく、身長に何の影響も及ぼさない栄養素だからです。

栄養のバランスのとれた食事を腹八分目に抑えるからこそ、効果があるのです。摂取するのなら、身長に反映するような牛乳やフルーツジュース、野菜ジュースなどがおすすめです。

砂糖類のたくさん入ったお菓子は、体に害になりやすく、体調も崩しやすくなるので摂取するのは控えましょう。

一日5食もOK!何度か小分けにして食べる

食事は腹八分目がベストといいましたが、これは小分けにして何度も食べることで身長を伸ばすという意図も含んでいます。

腹八分目で食事量が3食だけでは、正直、身長が伸びるとは言い難いです。常に、ある程度の栄養が体内に入っていることがベストです。そのため、間食なども積極的に摂る必要があります。しかし、食べ過ぎてはいけません。

満腹感を得ては、かえって身長が伸びにくくなります。少量の食事を何回かに分けて食べる、そして、必ず身長に反映されるような栄養のあるものを食べることが大切です。

リラックスする

ストレスを溜めない

リラックスがどのように身長の伸びに関係するのかといえば、リラックスによって睡眠の質が高まり、それによって身長を伸ばすことができるという理由です。

睡眠の質は身長を伸ばすためにとても重要な働きをしていることは先ほども述べました。睡眠の質を高めることで成長ホルモンをより多く分泌することができるので、しっかりと濃密な睡眠をとることが要されます。

そして、この睡眠の質ですが、リラックスすることが一番、睡眠の質を高める近道です。よくストレスがたまると、悪夢にうなされてしまったり、夜中に何度も起きてしまうといったことが起きやすくなります。それもこれも、ストレスによって睡眠が浅くなっているからです。

ストレスを溜めずに睡眠の質を高めることは重要なので、ストレスを発散しながら過ごすようにしましょう。

からだのゆがみを作らない

リラックスすることで、もう一つ、身長を伸ばすために重要なことがあります。それは、リラックスをすることで、体のゆがみを軽減させることができるということです。

個人差がありますが、人の性格によってはゆがみやすい性格を持つ人がいます。特にゆがみやすい人は、我慢強いと言われている人です。我慢強い人は、歯を食いしばったり、身体を硬直させたりしやすく、知らず知らずのうちに体にゆがみを生んでいます。

本人は気づいてはいませんが、これが日常に続いているとなると、かなり体にゆがみが出てきていると思われます。世が実を作らないためにも、ある程度、自分のわがままを許し、気分転換をすることが大事になってきます。いつも頑張りすぎる人や、周りに努力家だと言われる人は、気を付けましょう。

大人になってからの対策は?

大人になってからの対策は、子供のときの対策とさほど、変わりはありません。では、なぜ、大人の場合は子供に比べて、同じ対策をとっても効果が薄いのかといえば、それは成長ホルモンの分泌量がグッと減ったからです。

成長ホルモンの分泌量が減るので、効果がさほど感じられないのは当たり前です。しかし、少ない量ではありますが、確実に大人の体内にも成長ホルモンは存在します。

この貴重な成長ホルモンをしっかりと増やしてあげることで大人でも身長の伸びに期待ができます。

ポイント

大人になると、身長が止まるのかといえば、そんなことはありません。子供の時に比べれば、一気に10センチ以上伸びるといったことはありませんが、2センチから3センチくらいの伸びであれば、十分、伸びる可能性があります。

日常生活を見直して、少しでも身長が伸びるように取り組んでみましょう。諦めたら最後です。身長が伸びるように精一杯、努力してみましょう。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 幼児の習い事ランキングとそれぞれのメリット・デメリット

  • 子供の最終身長を予測するには

  • フルーチェダイエットで痩せるには フルーチェで本当に痩せるの?

  • 女性でも簡単にできる腹筋の鍛え方 お腹をキュッとしめよう!

  • 太ももを細くするダイエット法 効果的に痩せる運動はこれだ!

  • ランニングをすれば身長は伸びるのか その効果を検証しました