1. TOP
  2. 背が伸びる食べ物 身長を伸ばすには何がいい?何がいけない?

背が伸びる食べ物 身長を伸ばすには何がいい?何がいけない?


この記事は約 8 分で読めます。 345 Views

動物性たんぱく質は身体を大きくする

明治時代に日本に入ってきた栄養学のひとつに、フォイト栄養学というものがあります。ドイツの栄養学者、カール・フォイトの提唱する栄養学です。

フォイトの理論は、現代の栄養学でも根強く残っています。フォイトの理論を簡単に言うなら、「肉をたくさん摂れば、身体が大きくなる」ということです。

「背が伸びる、身体を大きくするのに必要なのは動物性たんぱく質です。鶏肉、豚肉、牛肉・・・肉をたくさん摂りましょう。」というものでした。

しかし、フォイトという人物は食肉業界と癒着がありました。たくさん肉を売りたかったのでしょう。また、当時ドイツは戦争を推し進める政策もしていました。兵士たちには、身体を大きくしてもらう必要があったのです。

さらに、いくら身体が大きくても、優しく心穏やかな兵士では戦争をさせることはできません。そこで、肉です。人間が動物の肉をたくさん摂ると、性格が粗暴になると知られていました。兵士には打って付けです。

結果、ドイツの兵士は強く、大きく、たくましくなりましたが、それと引き換えに大事な健康を失いました。フォイトの提唱した栄養学を実践したドイツ人たちの間には、病気が蔓延したのです。

同じとき、デンマークでもフォイトの栄養学は取り入れられましたが、あまりにも身体が疲れて仕方がないこと、健康を損なうことから、すぐに野菜中心の食事療法に切り替えられました。その結果、デンマークの人たちは元の健康な身体を取り戻したと言います。

確かに肉をたくさん摂れば、身体は大きくなります。手っ取り早く背を高くするには肉をたくさん食べればいいので簡単です。現代ではこだわらなければ安価に肉を買うこともできます。

ですが、摂りすぎれば健康を損なうことになるので注意が必要です。精神的にも、あまり良くないでしょう。

スポンサーリンク

牛乳は背を伸ばさない

「背を伸ばすなら牛乳」とは昔から言われてきました。しかし、牛乳は飲み過ぎない方がいいかもしれません。身長を伸ばすために大事な栄養は牛乳ではなく、バランスのとれた食事なのです。

「昔からいわれている」とはいったいいつからでしょうか?戦前の日本人は牛乳なんて飲みません。

牛乳は子牛を大きくするためのものです。子牛のために必要な栄養が豊富です。なので人間が飲むと、老化が促進されます。人間の子供が飲むと、早く成長するわけです。

牛乳を飲んだ子供は早く大人の身体になるので、飲まなかった同じ年の子供より背は高くなるかもしれません。しかし、それは子供の間だけの話です。

牛乳を飲んでいるからと言って当然ですがいつまでも成長するわけではありません。20歳ころまでには成長はストップするでしょう。

牛乳を飲んでいなかった子供も、そのころには身体の成長は追いつきます。つまり、大人になったとき結局は牛乳を飲んでも変わらない、ということです。

また、牛乳にはカルシウムがたくさん含まれていることはよく知られていますが、カルシウムを吸収するには一緒にマグネシウムを摂る必要があることをご存知でしょうか?このことは、カルシウムサプリメントの成分表示にマグネシウムも記載されていることからも推察できます。

しかし、実は牛乳にはマグネシウムはほとんど含まれていないのです。マグネシウムがないのにカルシウムばかり摂るとどうなるか?すると、骨が溶けるんです。骨がもろくなってしまうんですね。

また牛乳に含まれる乳糖を分解するにはラクターゼという酵素が必要なのですが、このラクターゼをアジア人の多くが分泌できません。ラクターゼがないのに乳製品ばかり摂っていると乳糖不耐症というさまざまな病気や体調不良を引き起こします。

「牛乳を飲めば背が伸びる」という話自体が懐疑的で都市伝説めいている感じですが、このような身体を弱くする原因があることからも、背を伸ばしたかったら、牛乳は飲みすぎないほうがいいでしょう。

お菓子はなるべく控えましょう

お菓子、スイーツ・・・見てるだけでハッピーになりますね。でも、砂糖は猛毒、ということをご存知でしょうか?

砂糖は、精製し尽された薬品です。食べ物ではありません。きちんと化学式で表すことができます。酸素はH2Oとか、そういうやつですね。

そんな砂糖を摂ると、身体は代謝するのにビタミンやミネラルを消費してしまいます。背を伸ばすのにカルシウムはあった方が良いでしょうが、カルシウムとはミネラルの一種です。前述のマグネシウムも同じくミネラルの一種ですね。

さすがにお菓子が身体に良いとか、背を伸ばすイメージを持っている人はいないと思いますが、お菓子を摂るとむしろ健康な成長を阻害する恐れがあります。つまり背が伸びる妨げになるのです。いくら背が伸びるからとスポーツを頑張ったとしても、これではその運動効果が十分に発揮されません。

また、砂糖を摂ると疲労が増えます。「疲れたら甘いもの」とよく言いますが、実は逆なんです。砂糖を摂るから疲れるんですね。

でも砂糖には強制的にドーパミンを放出させるような力があります。ドーパミンとは、脳の中の快楽を感じる物質です。砂糖を摂取することで脳から麻薬的に快楽物質が出るから、なんだか気持ち良くなって一時的に疲れを忘れるだけなんです。

血糖値が急激に上昇するのでやる気や集中力も上がりますが、それも一時的です。すぐに低血糖状態に陥りやる気や集中力は下がってしまうでしょう。そんな状態では背を伸ばす目的でのスポーツや運動どころではなくなってしまいます。

食品添加物も要注意です

食品添加物に注意していますか?カップラーメンや、外食ばかりになっていたりしないでしょうか?コンビニ弁当やスーパーのお惣菜ばかりになっていませんか?

ファミレスやコンビニ弁当は、客の舌を満足させることを目的としています。客の健康なんて気にしません。また、すぐに腐ってしまっては取り扱いが非常に不便なので、すぐには腐らないような薬品を多く使っています。

見た目や香りも重要です。どんなにおいしくたって、見た目がいまいちだったら最初から買ってくれないですからね。広告やパッケージに「カルシウム入り」とか「ビタミンC配合」とか書いてあったとしても、裏面に記載してある内容表示もチェックしてみましょう。外食ではそこまでは難しいですが。

そこにいろいろな薬品の名前が書いてないでしょうか?なんだかよくわかんないけど横文字の名前、明らかに食べ物の名前ではないものがありませんか?

そういったものは鉱物油といって、石油などの体に悪い油から作られています。鉱物油を摂取すると、身体に負担がかかります。肝臓とか代謝するのに余計なエネルギーを使うんですね。

エネルギーとはそう、ビタミン、ミネラルです。ビタミンやミネラルを大量に消耗するような食事ばかり摂っていて、果たして背が伸びるのでしょうか?

盲点なのは「アミノ酸等」と書かれているものですね。「アミノ酸は身体にいいんじゃないの?」そうお思いになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、そこに書かれている「アミノ酸等」とは、グルタミン酸ナトリウムという化学薬品のことです。やはり石油などの鉱物からできています。

海外ではグルタミン酸ナトリウムを使っていない食品にはでかでかと「NO MSG」と消費者にアピールしている商品もあるくらいです。

背を伸ばしたいならできるだけ避けたいところです。

スポーツしていてもスポーツドリンクはやめましょう

スポーツは背を伸ばすのに重要でしょう。特にバレーやバスケなど、背が高いことが有利なスポーツ、飛び跳ねることが多いスポーツの選手には、背が高い人が多いです。

スポーツしたら喉が渇きますよね? 汗をかいて水分も失っているのでなにか飲まないといけません。

そんなとき、ついついスポーツドリンクなんて飲んでいませんか?

「水分補給にスポーツドリンクはいいでしょ?」

いえいえ、そんなことありません。

スポーツドリンクには、大量の砂糖が入っています。500mlのスポーツドリンク一本に、角砂糖にして約15個分くらい入っています。

角砂糖15個ってすごくないですか? カフェでコーヒーを注文したとして

Aさん「お砂糖何個入れる?」

Bさん「あたし15個!」

ドバドバ・・・ボチャン! なかなか見れない光景です。

コーヒーに入れる砂糖の量で3つ4つならまだしも、15個はどう見ても入れすぎです。それをスポーツドリンクは当たり前にしてるってことです。

そんなスポーツドリンクを「水分補給に必要」と言ってスポーツしながら飲むなんて・・・せっかくスポーツしてる効果がさがりますし、スポーツ自体がだるくなってやる気でなくなりそうです。

冷えてないスポーツドリンクを飲むと甘々ですが、あれは砂糖の甘さだったんですね・・・。

他にも、異性化液糖というものが入っている場合もあります。これも甘くておいしいくなるので入ってますが、正体は遺伝子組み換え食品のことです。

遺伝子組み換え食品も健康を害します。すぐに身体がおかしくなることはないですが、そういう有害なものを摂りながら体を動かして、背が伸びるんでしょうか?スポーツしてるときに、こういったものは避けた方がよさそうです。

代わりに水と塩を舐めておけば大丈夫でしょう。

ポイント

お菓子がよくないことくらいは誰でもわかってると思いますが、他にも背が伸びる妨げになるものが世の中にはたくさんあります。それらの影響などをもっとよく知っておかないといけませんね。

生まれつきの体質で背が高い人は別として、努力して背を伸ばすなら「ちょっと○○を食べたから」くらいでは大した影響はありません。

本当に栄養管理に努める人なら、体質でなく背が高くなる可能性は十分にあります。そのためには、イメージで「これよさそう」ではなく、本当にいいのか、ひとつひとつにどんな影響があるのか調べてみる必要があります。

商品パッケージにいいことが書いてあるのは、企業がその商品を売りたいからです。あなたに背が伸びてほしいからではありません。

大事なことは、食事、運動、睡眠、基本から見直すことです。とくにバランスのよい栄養と睡眠は欠かせません。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 成長三角形を整えて身長を伸ばす

  • 産後の腱鞘炎の原因と治療法 自宅でもできる腱鞘炎ケアの方法

  • プール熱(咽頭結膜熱など)は保育園や幼稚園にはいつから登園できる?

  • 赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?始まる時期と原因と対処法

  • マックスノビールの効果 マックスノビールで本当に背が伸びる?

  • 子供の癇癪(かんしゃく)・疳の虫の原因と対応法 辛くない育児法