1. TOP
  2. 身長は牛乳を飲めば伸びるのか!?

身長は牛乳を飲めば伸びるのか!?


この記事は約 7 分で読めます。 308 Views

牛乳は救世主?

もっと背を伸ばしたい! と思っていると、そのことに意識や関心がいっているからか、背を伸ばすことに関するいろいろな情報が入ってきます。

「牛乳を飲むと背が伸びる」という話もそのような情報の一つではないですか?

背を今より伸ばしたいと思っている子どもやその子どもを持つ親にとって、背をのばすのに効果があると言われているのものはとにかくためしてみたいと思うものです。

ところが情報のなかには、「~は背が伸びるのに効果がある」というものばかりではなく、反対の「~は背がのびるのによくない」とか「~をやっても効果はない」といった情報も入ってきます。

やっかいなことに、効果があるという情報と効果がないという相反する情報が入り乱れて入ってくるのです。

たとえば、「筋トレすると背が伸びない」という人がいる一方で、「筋トレすると背が伸びる」という人がいるように、です。

情報がたくさん入ってくるのはいいのですが、どれがほんとうの話なのか、それについて判断するための正確な知識をほとんど持ち合わせていないため、いつも迷わされる(情報に振り回される)、というのが実情ではないでしょうか。

同じ対象についてどうしてこうも違う意見があるのでしょう。

みんなが嘘つきだから? そうかもしれません。でも、ほんとうのところは、何かを説明することは意外と難しいからではないでしょうか?

物事はいろいろな側面をもって成り立っていることが多いため、自分が見たことについて語っているようでも、反対側は違うふうになっていた、ということはあるものです。

たとえば、正面から見たコップはただの円筒のように見えても、向こう側には取っ手がついていた、とか。

物事は一つの面から見て判断してはいけない、物事は一つだけではない、という意味の諺はたくさんあります。

「盾の両面を見よ」
「一長一短」
「人間万事塞翁が馬」
「苦あれば楽あり 楽あれば苦あり」
「禍福はあざなえる縄の如し」
「一枚の紙にも裏表」等。

物事をいろいろな角度から見てはじめて理解できることもあります。

気になる「牛乳を飲むと背が伸びる」という話の真偽も、いくつかの角度からみる必要がありそうです。

そのためには、成長(骨がのびること)とはどういうことなのか、そのメカニズムからいろいろ考えたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

一つ目の視点/牛乳の栄養について(骨・カルシウム・牛乳)

「牛乳を飲むと背が伸びる」と思われるのは、骨の材料となるカルシウムが入っているからではないでしょうか。

まずは牛乳の栄養についてみてみましょう。

牛乳瓶1本分(200ml)の栄養は次のようになっています。

エネルギー…約130cal
タンパク質…約6g
脂質…約8g
炭水化物…約10g
カルシウム…220mg

ミネラルはカルシウム以外に、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リンなども入っています。一本(200ml)の牛乳の中にカルシウが200mg以上入っていることがわかると思います。

この値は、成人男性の一日の必要摂取量である600mg~800mgであることを考えると、約3分の1になります。

牛乳を一杯飲むだけで必要量の3分の1がとれるのなら、朝昼晩と3本飲めばカルシウム一日分をとれるし、さらに飲めばもっとカルシウムがとれて、背も伸びそうだ。

カルシウムは歯や骨などをつくっている栄養素ですから、そんなふうに思えます。

ここまでだと「牛乳を飲むと背が伸びる」と思えるかもしれません。

ところが、残念なことに牛乳だけを飲んでも背は伸びません。それはなぜでしょうか?

二つ目の視点/骨の成長=カルシウムONLYではない(骨が必要としているのはカルシウムだけではない)

なぜなら、骨はカルシウムの塊ではなく、カルシウムだけでつくられているわけでもないからです。

簡単に言うと、骨は、カルシウムと、タンパク質の一種であるコラーゲンからできています。鉄筋コンクリートがコンクリートだけでは成り立たないように、骨もカルシウムだけでは成り立ちません。

また、骨の成長には、材料となるカルシウムやタンパク質以外にもビタミンD、亜鉛などもかかわっています。

タンパク質は骨の土台となるコラーゲンの材料となり、カルシウムはコラーゲンを硬くする働きがあり、ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。亜鉛は、新陳代謝に必要な酵素をつくる成分となり、タンパク質の合成やDNAの転写にも関与しています。

今あげたこと以外にも、骨の成長には多くの栄養素がかかわっています。

牛乳を飲むだけでは骨は作られず、毎日の食事をとおして、できるだけ多くの食材をから必要な栄養素をとることが肝心です。

このことは、背がのびるために必要なものを、過不足なくとるということを意味してはいても、「牛乳を飲んでも、(背が伸びるのには)効果がない」ということを意味しているわけではありません。カルシウムを含む牛乳は骨の成長に役立ちます。

では、牛乳を含むあらゆる食材から栄養を十分とれば、それで背は伸びるのでしょうか。

三つ目の視点/諸々の、骨の成長に必要なこと(栄養素以外のことも考える)

背が伸びるためには、バランスのとれた食事をすること以外にも、適度な運動や、十分な睡眠をとるという普段の日常生活のあり方も求められます。

そのどれが欠けても効果は期待できません。

運動不足や十分な睡眠がとれていないと成長ホルモンの分泌も悪くなり、どんなに栄養素を摂っていても、体をつくることはできません。

家を建てるための材料はふんだんに用意したのに、土地も大工もいない状態のようです。

栄養や睡眠、適度な運動、さらには遺伝等、体が成長する(背がのびる)ために必要な条件がいくつもあり、必要条件の一つだけをとりあげて(たとえば骨にとってカルシウムは必要、など)、それですべてを語るには無理がありそうです。

四つ目の視点/効果を考える(タイミング・時機)

「すべてのことには時がある」という言葉があります。

種をまくにも時があり、食べるにも時があり、寝るにも時があり、語るにも時があります。種は発芽の可能性を秘めているのに、蒔く時期を間違えると蒔いたことは無駄になります。

背を伸ばすためには、必要な栄養をとるのはもちろん、それを「いつ」とるのか(食事の時間)も重要です。食べればいつでもいいというわけではありません。

それは睡眠についてもいえることで、睡眠時間だけ確保すれば、寝るのはいつでもいいというわけではありません。

「それ」をする時期を間違えたら、栄養や睡眠、運動、それ自体がもつ効果や影響力も損なわれてしまいます。

ポイント

「牛乳を飲むと背が伸びる」という話は、牛乳の効果そのものが問題というよりも、ただ牛乳だけ飲めばそれで背が伸びるように言っているところが問題です。

背を伸ばすには睡眠がとても重要ですが、「睡眠をとれば背が伸びる」と言えば、ちょっと間違っていると思いませんか?

背をのばそうと思えば、十分な栄養を摂るべきですが、栄養を摂ればそれで背がのびると言えば、背が伸びるための様々な条件を理解した今では、やはり、何か不十分な感じを受けるのではないでしょうか。

牛乳について誰かが、「牛乳を飲めば背が伸びる」とか、「牛乳なんて飲んでも(身長が高くなることには)関係ない」と言えば、今なら、それらの話に何が不足しているのか(言っていることと、言っていないことについて)わかるのではないでしょうか。

なお、牛乳は、人によっては食物アレルギーや消化不良の原因になることがあります。

カルシウムは牛乳以外の食材からでも十分摂ることができるため、あまり牛乳にこだわる必要はない、と思われます。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 男の子の育児は男の子の特徴を知っていればうまくいく!

  • 子供の癇癪(かんしゃく)・疳の虫の原因と対応法 辛くない育児法

  • 身長が伸びる寝方(姿勢や習慣など)

  • お尻をキュッと引き締めるダイエットにはエクササイズが効果的!

  • 身長を伸ばす方法 何をすれば背が伸びる?

  • 思春期が始まるまでの身長の伸ばし方