1. TOP
  2. 子供の最終身長を予測するには

子供の最終身長を予測するには


この記事は約 7 分で読めます。 1,305 Views

幼児期に小さい子は大きくなっても小さい

「うちの子の背は周りの子より低いけど、きっとそのうち伸びるはず」

あなたは、そのように考えて、わが子の身長が低いことを放置していませんか?

じつは、この「そのうち伸びるだろう」という楽観的な考え方が、結果的に子どもの最終身長を低いまま留めてしまっている…そのようにいっても過言ではありません。

子どもの背が将来何センチまで伸びるかは、かなりの確率で予測できます。というのも、身長の伸びというのは単なる遺伝や「運」に任せるようなものではないからです。

なぜ子どもの身長は伸びるのか、なぜほかの子に比べて伸びが悪いのか……ということは医学的にはっきりと解明されています。ですから、「背の伸びが悪い場合、どのタイミングで何をすればよいのか」という点についても、具体的な方策を立てることが可能なのです。

一例を挙げて見てみましょう。以下のような状況を想像してみてください。

たとえば、あなたのお子さんが今7歳6ヵ月の男の子で、現在の身長が115センチだとします。その年齢の平均身長(「平均身長と標準偏差とSDスコア」参照)は122.5センチですから、お子さんの背は平均より7.5センチ低いことになります。

「そのぐらいの差なら、今に追いつくだろう」と、あなたは思うかもしれません。ですが、実際には、そのまま何もしなければ、順調にいってもお子さんの身長は将来163.5センチ前後で止まってしまう可能性が高いのです。

また、もしもその子があまり食べない子だった場合、背の伸びはさらに悪くなります。少食の子は普通に食べる子に比べて、1年間に1センチぐらい、背の伸びが悪くなるのです。少食傾向がその先も続けば、毎年1センチずつ平均身長との差は広がっていくことになります。

睡眠不足やストレスの多い生活環境にさらされている場合も、同様に背の伸びは悪くなります。

スポンサーリンク

思春期が早く始まると身長が低くなる

さらに、その子の思春期が通常より早く始まった場合にも、背の伸びはマイナス傾向になります。思春期の開始が1年早まると最終身長は予定よりマイナス5.0センチになるので、最終身長は158センチに、2年早ければマイナス10センチの152.5センチになってしまいます。

「でも、うちの子は思春期が遅いかもしれない。そうなればきっと後でぐんと伸びて、平均に到達するはず」と考える人も多いでしょう。ですが、7.5センチ+α(たとえば少食だった場合のマイナス分)の遅れを取り戻すためには、普通の子より少なくとも約1年半もの間、思春期が遅くなければなりません。

思春期が訪れる平均年齢は男子の場合は11歳半です。そして、思春期の後半にあたる13歳半ぐらいになると声変わりが始まります。もし、平均より1年半も思春期が遅いとすると、声変わりをするのは15歳ということになります。

つまり、高校生になる頃になってもまだ声変わりをしていないということです。そんな状態を、あなたは本当に想像できますか?

このように、「小さいときの伸びが悪くても、後で追いつけばいい」というのは、現実にはそう簡単にいきません。周りの子どもたちも同じように成長していますから、小さいうちについた差を後で挽回しようというのは、並大抵のことではないのです。

実際、これまでの研究によって、4歳の時点で小さい子は、最終身長も小さめになる可能性の高いことがわかっています。つまり、幼少時や学童期に背の低い子は、17歳になっても身長が低いままであるのが普通なのです。

このことを知らない方があまりにも多いことに、正直、驚いてしまいます。

小さいときに背の低い子どもは、何も手を打たなければ、その後も大きく伸ばすことは難しくなります。わが子の背を伸ばすアプローチを始めるなら、まずは、この現実を肝に銘じていただきたいと思います。

4箴の誕生日のときの身長を見れば、最終身長がわかる

それでは、子どもが何歳ぐらいになったら、背の伸びに注意し始めることが望ましいのでしょうか。

子どもの身長増進におけるターニングーポイントのひとつ目、それは4歳です。なぜ4歳が重要なのか、わかりやすくご説明しましょう。

人間が生きている中で一番背が伸びる時期は、生まれてから4歳ぐらいまでの間の「乳幼児期」になります。標準的には、生まれたときに約49センチだった身長は4歳時で約100センチになります。4年の間に約2倍もの大きさになるわけです。こんなに一気に身長が伸びるのはこの「乳幼児期」以外にはないのです。

この間の身長の伸びは、先天異常や病気のない限り、それまでに食べた総量によって決まります。

生まれてから4歳まで、パクパクよく食べた子は大きくなります。しかし、ミルクを飲んでもすぐ吐いてしまったとか、離乳食をあまり食べなかったという子は、あまり大きくなりません。

また、乳幼児期にアトピー性皮膚炎や小児ぜんそくなど何らかの疾患を持っている子は、元気な子に比べて食べる量が少なくなる傾向があり、背が小さくなってしまうことがよくあります。

「子供の身長を伸ばすために必要なこと」で、「その子の背の伸びに与える影響は、先天的要因(遺伝)より、後天的要因(生活習慣など)のほうが大きい」と述べましたが、4歳までの成長に大きくモノを言うのが、まさしく後天的要因なのです。

4歳までの差が最終身長の差になる

そして、4歳までに生じた平均身長との差は、そのまま最終身長に影響を与えることになります。たとえば、4歳のときに平均より5センチ背の低い子どもの最終身長は、男の子なら平均の171センチより5センチ低い166センチに、女の子なら平均の158センチより5センチ背の低い153センチになります。

要するに、4歳の時点での平均身長との差が、そのまま最終身長における平均との差になるわけです。

そして、この「身長予測の方程式」は、4歳以降の年齢でもそのまま当てはまります。たとえば、8歳0力月で身長115センチの男の子の最終身長を予想するには、まずこの時点での平均身長125.3センチとの差を求めます。この場合、その差は10.3センチですから、最終身長は171センチから10.3センチを引いた160.7センチとなるわけです。このことは、4歳の時点でついている平均身長との差を、その後も挽回することが非常に難しいことを意味しています。

こうしたことから、4歳のときにどのくらい大きくなっているかによって、その子の最終身長はほぼ決定される、といえるのです。

ただし、これはあくまで「予想最終身長」です。4歳以降のその子の生活習慣や、思春期がどのタイミングで訪れるかで、数値は大きく変わることがあります。

たとえば、その子の少食が改善されてよく食べるようになり、ストレスや睡眠不足にもさらされず、さらに思春期も遅く訪れれば、最終身長はかなり伸ばすことができます。

しかし、身長がほぼ伸び止まる15歳ぐらいまでその子がずっと少食なら、予想最終身長より6センチ(1センチ×6年)低い154.7センチくらいにしか伸びません。さらに、思春期が標準より1年早ければ、5.0センチ低い155.7ンチになってしまうこともありえます。ですから、4歳までにできる限り大きく育てておくことが、最終身長を少しでも高くする上で、非常に重要になってくるのです。

4歳までに大きく育てるには、とにかくバランスのよい食事をよく食べさせること、これに尽きます。よく食べない子であれば十分に栄養を補給うするためにサプリメントを利用するのもひとつの手です。子供は好き嫌いで食べない場合が多いですからね。単純すぎると思われるかもしれませんが、これは事実なのです。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小学生に国語力をつけさせるためにしておくべきポイントと注意点

  • 身長を伸ばす方法 大人になっても背は伸びる

  • 赤ちゃんの歯磨きはいつからはじめるの?赤ちゃん歯磨きの進め方

  • 子供のやる気を引き出す方法 そのポイントと注意点

  • 背が伸びるサプリメント徹底比較!!

  • ふくらはぎが痩せるダイエット法 効果的にふくらはぎを細くしよう!