1. TOP
  2. 子供の身長を伸ばすために必要なこと

子供の身長を伸ばすために必要なこと


この記事は約 6 分で読めます。 316 Views

子供の身長は伸ばせる

「記憶力のいい、頭のいい子に育てたい」

「背の高い、スタイルのいい子に育てたい」

わが子に対する親の期待は尽きることがありません。しかし、「知能や身長の高さは、遺伝や天性の素質で決まるのだから、どうしようもない」と考えて、何の手も打たずにすます人が多いのではないでしょうか。

しかし、現代では、脳科学が進歩して、脳の中にどのような成分が出てくると、人はどのような状態になるのかがわかってきました。たとえば、脳内にドパミンが出てくると爽快な気分になり、ノルアドレナリンが出てくるとおびえた気分になります。

あるいは、セロトニン異常が起こると意欲がなくなって何もやる気がしなくなってしまうし、エンドルフィンが出てくるとハイな気分になるのです。そして、そうした研究結果を応用して、子どものやる気や集中力を高めたり、記憶力をアップさせたりする方法も考えられるようになってきました。

同じように、子どもの身長がどのように伸びていくのか、また背を伸ばすにはどうすればいいのかも、わかってきています。

ただ、わが子の背の伸びが悪いからと病院に連れていっても、検査した結果、成長ホルモン分泌不全症などの病気が原因でなければ小児科医は手を加えることはできません。それが日本の保険医療の仕組みです。

私が身長を伸ばす方法を調べ始めるようになったのも、わが子の身長の低いことで悩んでいる人達と話をしているうちに、そうした「親にしかできないこと」をすべきだと感じたからです。

スポンサーリンク

身長の伸び方はどの程度、「遺伝」するのか?

背を伸ばすことは医学的に可能です。とはいえ、自由自在に伸ばすというわけにはいきません。

よくいわれるように、背の伸びにおいて、遺伝的要因はたしかに存在します。

一般的に、医師がその子の最終身長を予測するときは、両親の身長を元にした次のような計算式を用いて割り出します。

男の子 = 父の身長 + 母の身長 × 2 + 6.5

 

女の子 = 父の身長 + 母の身長 × 2 - 6.5

たとえば、お父さんが162センチ、お母さんが152センチの場合、2人の身長の平均が157センチですから、男の子ならそこに6.5を足して、最終身長は163.5センチ、女の子なら6.5を引いて150.5センチと予測するわけです。

このように、医学の世界では、人はみな生まれながらに最終身長に対する宿命を持っていると考えられています。

よく「小さい頃は平均より低くても、そのうち伸びるだろう」と楽観的に考える人がいますが、そこには何の根拠もありません。

身長が伸びにくいという宿命を背負っている子なら、やはり、何らかの手を打たなければ、「放っておいてもそのうち伸びる」ということはないのです。

ただし、ここで注意していただきたいのは「原因がある」ということ。いくら宿命を背負っているといっても、親の低身長の原因によっては予測通りの身長になるわけではありません。予測より高くなることもあれば、低くなることもあります。

実際、これまでの研究によって、身長に対する遺伝の影響は25~30%で、遺伝以外のさまざまな条件がからみあって、最終的にその人の身長の高さが決まることがわかっています。

ですから、遺伝的要因だけにとらわれた前述の公式だけでは、実際のところ正しく予測することは不可能といえます。

将来の身長予測は、計算式だけでは導き出せない

遺伝とは関係のない「後天的要因」がその子の身長促進にどのような影響を与えるのか、またそれによって最終身長はどのくらいになるのでしょうか?

親の身長を参考にするよりも、その子自身の4歳の時点での身長を基準にするほうが、はるかに高い精度で最終身長を割り出すことができることがわかりはじめています。

そして、さらに研究が進み、その子の身長がその先あと何センチ伸びるかを割り出す計算法や、子どもの年齢によって身長増進のアプローチ法が大きく異なることなどが突き止められようとしています。

また、医学の急速な発達によって、人工的に身長を伸ばすのに役立つ医薬品の開発も進んでいます。それらをどのタイミングで利用するともっとも大きな効果を得られるかの臨床データも集まってきました。

今や努力次第で身長を伸ばすことができる時代になってきたのです。親の身長が平均より低いからといって、子どもの背も小さくて当然だとあきらめることはありません。

確かに、誰しも、将来はこのぐらいの身長になるという「予想最終身長」というものを宿命的に背負っています。しかし、最初から伸びないものとあきらめたり、逆に、そのうち伸びるだろうと楽観的にとらえたりして何もしなければ、その予想をはるかに下回ってしまうこともあるのです。

ダイエットを頑張ればだれでも痩せることができるのと同じで、身長も伸ばすための努力さえすれば、努力した分だけ伸ばすことができるのです。しかし、ただ何となくダイエットをしても思ったような結果が得られないのと同じように、身長を伸ばすためにも正しい方法というのが存在します。

そもそも人間の身体には、身長が伸びる機能が備わっているので、その機能をスムーズに働かせる方法でなければ、期待した効果を得ることはできなくなるのです。

自然に起こる成長のメカニズムに則した方法によって、子供が可能性として持ちうる予想最終身長の「最大値」を獲得できるよう、強力にバックアップをしてあげましょう。

ただ、このサイトの中でも述べているように、身長が大きく伸びる時期にはリミットが存在します。

子どもの年齢が小さいほど、効果はより顕著に現れます。そういう意味で親の果たす役割は非常に重要だといえます。子どもの身長に対する親の影響は、「遺伝」よりもむしろ「背の伸びに関するご両親の知識がしっかりしているかどうか」のほうがはるかに大きいのです。

明日からといわず、今すぐにでも伸長サポートに取りかかっていただきたいと思います。

このサイトがきっかけとなって、わが子の身長が伸びないで悩んでいる親御さんが不安を解消されること、また、ひとりでも多くのお子さんがすくすくと成長し、背が低いというコンプレックスを持つことなく、毎日を楽しく過ごしていかれることを、心より願っています。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばす器具を使えば本当に背が伸びるの?

  • 小学生が社会科を好きになるために親がするべきポイントと注意点

  • ドクターセノビルの効果 ドクターセノビルで本当に背が伸びる?

  • 赤ちゃんの身長を伸ばすためには

  • とびひになったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?

  • トータルアップの効果 トータルアップで本当に背が伸びるの?