1. TOP
  2. 肌の乾燥が原因の肌荒れや赤み・かゆみはこうやって治そう!

肌の乾燥が原因の肌荒れや赤み・かゆみはこうやって治そう!


この記事は約 17 分で読めます。 304 Views

肌荒れや赤み・かゆみなんとかしたいですよね。その原因を知りたいと思う方も多いはずです。

肌トラブルは原因をきちんと理解しておくことで対処することができるようになります。

きちんとトラブル対策をして安定した肌の状態をキープしましょう。

スポンサーリンク

肌荒れの原因

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

肌荒れやかゆみの原因は主にどのようなものがあるのでしょうか。

まずは肌荒れやかゆみの原因を見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れることで、肌荒れが起きると言われています。

ホルモンバランスが整うことによって皮脂の分泌を抑え、肌の水分量をキープし、天然保湿因子、セラミドなど、肌バリアを保つことができます。

ホルモンバランスが整えば肌のターンオーバーを促すことができ、皮脂分泌量もベストの状態を維持することができるので、肌荒れが起きずに健やかな状態で過ごせるようになります。

胃腸が疲れている

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

胃腸の疲れにより肌荒れが起きることがあります。

特に胃腸の調子があまり良くない時には、口まわりが荒れたり顎ニキビができたりします。

胃腸の働きが低下することで食べ物を消化する機能が低下することで消化不良になり、思ったように栄養分の吸収ができなくなってしまいます。

すると、栄養不足になり口まわりが荒れたり顎ニキビができることがあります。

スキンケアを行っていてもそのような症状がでる場合は胃腸の疲れを懸念した方がよいでしょう。

紫外線

日差しが強い時など、うっかり日焼けすると肌荒れの原因になります。

紫外線が肌を傷つけるため、肌が炎症することになります。

これにより、メラニン色素が過剰に生成されるなど、紫外線は肌へのダメージは大きいのです。そして、乾燥することでさらに肌荒れを引き起こされてしまいます。

肌の角質層が肥厚になるため、肌の奥まで美容成分が浸透せず、かなり固い肌になり、ゴワゴワ感が残るようになります。

紫外線のダメージをなるべく受けないために日焼け止めなどの対策はしっかりしておきましょう。

保湿が不十分

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

保湿が足りず、肌が乾燥している方も多いです。

また、長時間のメイクや化粧落としがきちんとできておらず、スキンケアが間違っていることで肌荒れが起きることがあります。

ディープクレンジングした後などのスキンケアは保湿を念入りに行うことで、角質層まで柔らかくなり、肌荒れが改善されるのを実感できるようになります。

肌荒れを改善するためには正しい洗顔と保湿ケアが重要になるので、正しい方法を身につけましょう。

体も同様にしっかり優しく洗って保湿してあげましょう。

そうすれば肌が健やか状態へと変化するのが実感できるようになりますよ。

スキンケアが間違っている

間違ったスキンケアを行っていると、かえって肌荒れを悪化することになります。

特に洗顔する場合は、泡立てた後、優しく泡で包み込む感じで洗うことがポイントになります。

ゴシゴシ刺激を与えるようなやり方だと肌荒れが悪化します。

また、洗浄力が強いオイルを使用するのも肌への影響が大きいため、クレンジングなども優しい成分で肌への刺激を最小限に抑えるようなものを使用することが大切になります。

肌への負荷を抑えることが肌荒れ改善に役立ちます。

食事のバランスが悪い

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

肌荒れに悩んでいる場合、食事のバランスが悪いことが原因になっているケースも多いです。

ビタミン類・鉄分など、体に必要なミネラルを補うことは重要です。

まず、腸内環境を良くする食物繊維・発酵食品・乳製品など取り入れるようにしてみましょう。

ナッツ類やプルーンなど鉄分やミネラル分を補い、健康的な体にすることで肌荒れは改善されるようになります。

ビタミン類や鉄分をほとんど摂らないと肌荒れは改善されませんよ。

強い外部刺激

空調が効いた室内に居ると、どうしても肌が乾燥してしまいます。

そして、肌が乾燥した状態で体や顔を触ってしまうことで、肌を刺激して結果的に肌荒れを引き起こすことになってしまいます。

手には雑菌がたくさんついているので、乾燥してバリアがなくなっている顔を触ることでダメージの原因になります。

肌荒れが起きて、なかなか吹き出物が治らないとった方は、手で触ることを控えてみることはとても重要です。

空調の効いた部屋などで肌の乾燥が気になる場合は、保湿を積極的に行いましょう。保湿を行うことで肌荒れは改善することができます。

また、肌が荒れている時の化粧のし過ぎは、肌荒れを悪化させてしまいます。肌荒れを何とかしたかったら化粧はほどほどにしましょう。

ストレスフルな生活

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

ストレスが溜まることで、吹き出物が顔にできやすくなるなど、肌荒れが起きやすくなります。

大きなストレスを受けるとホルモンバランスが乱れたりして、寝不足が続くなど体の不調を普段から感じることが多くなりますよね?

肌荒れもストレスが原因で起ってしまいます。

ストレスを改善することが一番重要な改善策にもなります。

実際にストレスフルな生活から抜け出したとたんに肌荒れが改善したというケースは本当に多いんです。

体が常に緊張しているような状態を解消するように、自分なりのストレス解消法を見つけてみてくださいね。

睡眠不足

睡眠不足はスグに肌の状態を悪化させます。

化粧ノリが悪くなったり、肌が乾燥し、目の下のクマ、ニキビなどできやすくなります。

肌だけではなく、全身の修復と成長には成長ホルモンの分泌が欠かせないのですが、睡眠が足りないと十分な成長ホルモンが分泌されません。

寝ている間にのみ大量の成長ホルモンが分泌されるので、寝不足は肌荒れに直結します。

睡眠はとても大切になりますし、肌のターンオーバーを促進することにつながるので、しっかりと睡眠をとることで肌が綺麗になるのを実感できるようになりますよ。

かゆみの原因は?

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

お肌のバリアが壊れている

肌は常に潤っていることで、健やかな状態をキープすることができます。

ですが、肌が乾燥しているとバリア機能が低下し外部刺激を受けやすくなります。

バリア機能の低下により、ターンオーバーの乱れや保湿不足の原因になり肌荒れが加速していきます。

肌はセラミド成分やコラーゲンによって潤いをキープしているのですが、その状態が壊れることで肌荒れが起きてしまいます。

すると、赤みや痒みが出るなど色々とトラブルが起きるので、肌のバリアを整えるためのスキンケアが大切になります。

バリアが低下した状態で刺激が加わるとかゆくなる

肌の表面が乾燥し、ドライスキンになることで、肌荒れを引き起こす原因になるんです。

肌のバリア機能が低下することで、角層の水分量が減少します。

肌の角層表面の皮脂膜がバリアの役割を果たしていますが、これが乾燥することによってバリア機能が果たせず、ドライスキンになってしまいます。

ドライスキンになると、外部からの刺激にも敏感に反応してしまうので、皮膚の表面に痒みが出ることになります。

ヒスタミンが知覚神経を刺激してかゆみが起こる

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

ここで、なぜ痒みは起きるのか理解しておきましょう。

かゆみの原因はヒスタミンです。

何らかの外部刺激(掻くなど)により、ヒスタミンが分泌され皮膚の神経を刺激します。それが脳に伝わりかゆみを感じるんです。

刺激を与えれば与えるほど、ヒスタミンはどんどん分泌されてかゆみはどんどん広がっていきます。さらに、毛細血管に作用すると赤みの原因にもなるので注意が必要です。

痒みが出ると意識せずとも肌を何度もかきむしったりしますが、かゆくてもなるべく刺激を与えないようにしましょう。肌にもダメージを与えることになるため、外部から異物やウイルス・細菌が侵入しやすくなります。

掻けば掻くほどヒスタミンが分泌される

かゆいからといってそこでボリボリ掻いてしまうと、されにヒスタミンが分泌され、余計に痒みが出てしまいます。

また、肌を掻いて刺激すると、バリア機能がさらに低下して肌荒れもひどくなります。

肌をかくことで痒みが強くなるばかりではなく、肌荒れまで悪化してしまうんです。

掻かずにクリームや薬などで対処しましょう。

かゆみを余計にひどくする原因は?

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

肌が乾燥している

肌が乾燥していると、肌荒れが悪化してしまいます。

エアコンなど空調が更に肌荒れを悪化させる原因にもなります。

肌の乾燥は、バリア機能を低下させ、セラミド成分やコラーゲン量なども低下させてしまうため、十分にクリームなどスキンケアで水分を補うことが大切になります。

日焼け(紫外線)

紫外線により、肌が刺激され、メラニン色素が発症して乾燥がどんどん進んでいきます。

紫外線によって肌のターンオーバーをスムーズに行うことができなくなり、肌の潤い成分の低下などの原因となってしまいます。

紫外線から肌を守るために、しっかりとしたケアが重要になります。

日焼け止めクリームを二度塗りするなど、しっかりした対策をするようにしましょう。

衣類による摩擦

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

肌は衣類の摩擦などで刺激されるため、締めつけがきつい下着を着用することは避けるべきです。

余裕がある綿の下着をつけたり、洋服なども合成繊維のものではなく、綿などの肌に優しい生地で作ったものを着用することが大切です。

他は、しっかりと保湿することでだいぶ肌の痒みなども治まってくるため、服だけではなくちゃんとスキンケアも行うようにしましょう。

ストレス

ストレスがかかると、ホルモンバランスが乱れたり、体が常に緊張している状態になるため、体全体のバランスが乱れます。

まずは、ストレスの原因を突き止めて、それを上手に解消することが何より大切になります。

ストレスによって肌の正常なターンオーバーができなくなると、肌荒れが加速してしまうため、自分に合ったストレス解消法を見つけるようにしましょう。

ビタミンや鉄分不足

ビタミンや鉄分不足により、肌荒れが起きることがあります。

ビタミンや鉄分不足になると肌のターンオーバーが正常に機能しなくなり、肌のくすみやニキビなどのトラブルが起きるため、しっかりと栄養分を補う必要があります。

また、腸内環境を良くするように食物繊維・発酵食品・乳製品なども積極的にとっていきましょう。

腸内環境が整うことで、肌も綺麗になり、ツルツルとした素肌へと変化するのが自分でも実感できるようになるはずです!

肌荒れ・乾燥・かゆみ対策

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

肌荒れなどの悩みに悩ませられている方は多く、その原因などは様々ですがよくあるのが、ここまで話してきたとおり、そのほとんどは肌の乾燥によって引き起こされるものです。

肌の乾燥やかゆみは自分で改善することも可能です。

そこでここからはその治し方を説明していきます。

掻かないこと

まず大切なのが掻かないことです。

かゆみは我慢しにくいものなのでどうしても掻きたくなってしまいますが、そこはグッと我慢しましょう。

一度掻いてしまうとそこが炎症になってしまってさらにかゆい部分や荒れた部分が増えてしまいます。

一度我慢をすることでかゆみがそのまま止まることもあるので、そのことを覚えておきましょう。

またどうしても我慢ができない場合は手のひらを使ってかゆい部分を抑えるなどすることも対策として有効です。

爪は短く切っておく

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

爪を短くしておくことも大切なことの一つです。

自分の爪をチェックしてみましょう。

どうでしょうか、少し長くなっていませんか?

爪が長いとちょっと掻いただけで傷になってしまい、さらに肌荒れがひどくなってしまうことがあります。

ですのでできるだけ爪は短くしておき、できるなら深爪に近いくらいに短くすることで肌荒れを防止することもできます。

また爪を切る場合はしっかりとやすりを使い爪を丸くしておきましょう。

爪が伸びるスピードは個人差がありますが、中には結構早い人もいます。

「爪が少し伸びたな」と思った場合は、その時にすぐ処理をすることを心がけると良いですね。

部屋の乾燥に気をつける

部屋が乾燥している場合も肌荒れに繋がることがあります。

空気が乾燥しているとどうしても肌の表面も乾燥しがちになってしまいます。

部屋が乾燥しないようにする対策としては部屋に加湿器を置くことがベストです。

いちいち加湿器を買うのが面倒という方は定期的にお湯をやかんで沸かすといったことも簡単な対策になります。

部屋の乾燥自体はその日の天気や空気に関係することなので、乾燥がしやすい冬場や春を見越してその季節に合った対策を考えることも大切ですね。

肌の潤いを保つ

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

上記の対策が行えるようになったら次は肌の潤いに関して目を向けていきましょう。

乾燥をなくすためにはまずはお肌の潤いを持続していくことが大切になります。

そのためにはまず行うべきは保湿ケアです。

朝晩の2回に分けてしっかりと保湿することで乾燥肌は改善されます。

保湿ケアを行う場合は自分の肌に合った化粧品を見つけることも大切なので、そういったチェックも忘れないようにしましょう。

保湿の際は美容液とその潤いを閉じ込めるクリーム、などが基本となりやすいですが、こちらも自分の肌に合った方法を探していくことが大切です。

もしも朝晩のケアで改善しないな、と思ったときは定期的に気づいたときにケアをしていくと良いです。

紫外線対策をしっかりと

肌荒れに関しては乾燥だけでなく紫外線もまたその原因になることも多いです。

紫外線は肌にダメージを与え、そのダメージがシミや肌荒れにつながります。

ですので紫外線からのダメージから身を守るためには、外出時に日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなども良いです。

また日々の天気予報などを見てその日の日差しがどのくらいかをチェックすることも大切です。

現在の天気予報ではよく紫外線量も計測されているので、そこを見逃さないようにしましょう。

身の回りを清潔に

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

また自分の身の回りが汚れていたりなどするとそれが原因で肌荒れを引き起こしたりもします。

とくにハウスダストなどはアレルギーを引き起こすものとして大きな問題となっています。

こういうことがないようにするには自分の周りの掃除を定期的に行うことが大切です。

頻繁に掃除機をかける、といったことを心がけると良いかもしれません。

自分の周りの環境は自分の体調を大きく左右するので、一度落ち着いて周りを見直すことも重要になります。

顔や体を洗う時は優しく洗う

次は入浴の際の対策を見ていきましょう。

入浴は肌の健康にとても重要な要素の一つです。

まずは体を洗う際ですが、できるだけ優しく刺激を与えないように洗ってあげることが大切です。

タオルを使ってごしごし洗うのではなく、石鹸を泡立てたらその泡で包み込むように、優しくなでるようにして汚れを落としましょう。

タオルで泡立てたらその泡を使い手でなでるだけでも良いです。

顔も同様で、基本は「たっぷりの泡を使って優しく洗う」です。体以上に優しく洗うことをこころがけましょう。

泡で包み込んだらシャワーなどで軽く洗い流しましょう。この洗い流す時もごしごし強く刺激してはいけません。

また毎日石鹸を使うことで肌が荒れてしまう方もいるので、何日かはシャワーだけに済ませるといったことも対策になります。

お風呂のあとはすぐに保湿ケアを

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

入浴の後はとても乾燥しがちになります。

ですのでお風呂から上がったらすぐに保湿ケアを行いましょう。

どうしても乾燥しがちな方はお風呂場でそのまま保湿ケアをするのも良いです。こうすることでお風呂の中の湿度を保ったままケアができます。

またこの保湿ケアを行うスピードも速く行う必要があります。

肌が乾燥しないうちに顔だけではなく全身のケアが行えるように工夫することが大切です。

衣類は肌に優しい素材を

入浴後にはパジャマなどの衣服を着ると思いますが、その衣服の素材も気を付ける必要があります。

また風呂上がりの服だけでなく普段着の素材も同様ですね。

刺激があったり、チクチクしたりする場合は自分の肌にその衣服の素材があっていないことがあり、それが原因で思わぬ肌荒れを引き起こすことがあるので、もしそうであればできるだけ刺激が少ない綿のものに変えるなどの対策が必要です。

現在では肌に優しい素材の衣服も多く販売されているので、比べてみるのも良いかもしれません。

お酒はほどほどに

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

かゆみを感じる時の多くは体温が上がっているときなので、お風呂上りなどはかゆみが増すこともあります。

ここで掻いてしまうとまた肌荒れを起こしてしまうので、体温を上げすぎないことも重要になります。

この点を考えるとお酒を飲みすぎないことも考えなくてはなりません。

お酒も同様に体温を上げかゆみを増すことになるので、お酒を飲むことが好きな方もほどほどにしておきましょう。

またあまりにお酒を飲みすぎるとそれが原因で体調を崩してしまうこともあるので、肌荒れ以外の体調管理の面でもお酒は控えた方が良いかもしれません。

食事はビタミンを多く含んだものを摂る

肌荒れやかゆみに関しては食事も原因になることがあります。

ヒスタミンと呼ばれる食事に含まれる成分はかゆみのもとになるもので、これは魚類や豚類、チョコレートなどに含まれています。

他にはワインなどにも含まれていますね。

これが原因で身体がかゆくなるといった方もいるので、そういった方はこれらの食材を使うことをほどほどにしておく、といったことも考える必要があります。

この痒みのもととなるヒスタミンを抑えるのに優れているのがビタミンなので、代わりにビタミンが多く含まれる食事を意識的に取り入れるとその対策となります。

ビタミンの中でも特にビタミンCは抗ヒスタミン作用に優れていると言われ、また美肌効果も高いと呼ばれているので、このビタミンCが多く含まれるデザートや野菜は身体に特に良いです。

現在ではビタミンC専用の化粧水などもあるので、これらを一度使ってみるのも良いかもしれません。

ダイエットや喫煙をやめる

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

またダイエットや喫煙なども体のかゆみを増幅することがあります。

ダイエットは身体に栄養が不足してしまい体に異常が起こることがあり、その症状の例として肌荒れがよくあがります。

やはり栄養は大事です。

ですので、もしダイエットと同時に肌荒れを起こした方は、すこし中止して改めて考える必要があります。

喫煙も同様に肌荒れを引き起こすことがあるので、もしも心当たりがある方は一度喫煙をやめて経過を見守ることをおすすめします。

どうしてもやめられない方はすこしダイエットの頻度を減らしたり、喫煙の回数を減らしたりしましょう。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足もまた肌荒れの原因となることが多いです。

肌の再生が行われるのは成長ホルモンが分泌される睡眠時なので、この時間が確保できないと一向に肌荒れが治らないこともあります。

こちらも心当たりがある方は一度休養をとってしっかりと睡眠をとることをおすすめします。

また睡眠不足によるストレスからの肌荒れ、といったケースも多いので何よりもまず眠ることが大切ですね。

思い切り睡眠をとるだけで肌荒れが一気に改善した、ということもあるのでそのことも頭に置いておくと良いかもしれません。

いろいろ対策しても改善しないときには

肌 乾燥 原因 肌荒れ 赤み かゆみ

どうしても改善しない場合は皮膚科などのお医者さんに相談することも大切です。

例えば肌の表面や傷ついた患部にウイルスが入り込んでいたりすると普通の保湿だけでは改善せず、また保湿することでかえって悪化することもあります。

もしもそんな違和感を覚えた場合は一度皮膚科などで診てもらい、しっかりとその症状に合った飲み薬や塗り薬を処方してもらいましょう。

肌荒れの原因は個人差があり、その対策も様々です。

自分に合った改善方法を見つけるのは骨が折れるかもしれませんが、皮膚科などで相談しながら保湿方法を教えてもらうなどしても良いかもしれません。


肌荒れやかゆみに関する対策は、まず掻かないことことを中心に自分の環境を見直すこと、続いて肌の潤いを保つために保湿方法を考えること、入浴方法や着る衣服を考え直すこと、食事や普段の生活習慣を改めること、ストレスをためないこと、お医者さんに相談してみること、が主になります。

トータルで対策することが必要になります。そうすれば肌のターンオーバーもスムーズにできるようになり、状態は改善していくはずです。

これらのことをしっかりと考えていきながら肌荒れを改善し、自分の目指す美肌になっていきましょう。

綺麗な肌を手にいれて、毎日の生活をイキイキと過ごしてくださいね!
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使うの?歯磨き粉選びのポイント

  • 子供の偏食の原因は何? 子供の偏食をなおすために必要なこと

  • トランポリンは子供にいい効果がある!運動神経も身長も伸びる!

  • リビングで勉強すると成績が上がる! リビング学習のポイント

  • 理想のイクメンパパを育てあげよう!イクメンパパの作り方!

  • せのびとーるの効果 せのびとーるで本当に背が伸びるの?