1. TOP
  2. 水疱瘡にかかったら保育園や幼稚園はいつから登園できる?

水疱瘡にかかったら保育園や幼稚園はいつから登園できる?


この記事は約 10 分で読めます。 499 Views

子供の間で流行しやすい感染症の1つ水疱瘡。

パパやママになられた方も小さい頃にかかった記憶がある人は多いんではないでしょうか?大人になってからかかった人より子供の頃にかかった人の方が多いと思います。

予防接種もありますが、最近までは任意接種だったため金額も病院によりまちまちで、高いところでは受けるのを躊躇していた方も多いと思います。

水疱瘡は早めに気づいて治療してあげることで症状を軽いまま済ませる事ができますが、治療が遅かったりするとまれに重症化する事もあり、場合によっては命に関わってきます。

子供が水疱瘡にかかったときに、重症化を防いでなるべく早く治すにはどうすればいいのでしょうか。また保育園や幼稚園にはいつから登園できるのでしょうか。

対処法などをコツを踏まえてご紹介していきます。

スポンサーリンク

水疱瘡にかかるとどんな症状がでるの?

水疱瘡 対策 登園

水疱瘡にかかると

水疱瘡は初めは風邪のような症状のため、水疱瘡だと判断するのが難しい場合があります。

水疱瘡にかかると初めは虫刺されのような発疹が現れます。

その後に水泡がある発疹がいくつか現れて1日かけて全身に広がっていきます。

全身が強烈なかゆみに襲われるのも水疱瘡の特徴のひとつです。

この時点でただの風邪ではないことに気づきお医者さんに連れて行くケースがほとんどだと思います。

水疱瘡に感染すると1日~2日ほどして病院で確定診断されることが多く、お子様によっては39℃ぐらいの高熱がでる子もいますし、発熱がなく湿疹だけで治まるお子様もいます。

そのほかの症状として軽い頭痛がでるお子様もいますし、食欲が低下してしまうお子様もいます。

発疹は掻きむしらないように注意

水疱瘡の初めは赤い発疹が出始めます。

水疱瘡は痒みが強いため掻きむしってしまうお子様も多いかと思います。

寝ている時などに無意識に引っ掻いてしまい、皮膚に傷ができたり化膿して傷が残ってしまわないように爪は短く切っておいてください。

補足ですが、大人になってから水疱瘡にかかっても湿疹が全身に広がりますし、お子様よりも症状が重くなるので注意が必要です。

発疹を掻きむしったりして酷い状態になると、跡が数ヶ月~数年、ものによっては一生残ってしまう場合があります。

水疱瘡にかかった時の保育園や幼稚園などの登園基準は?

水疱瘡 対策 登園

水疱瘡に感染して発症するまでは、個人差はあるもののだいたい2週間~3週間ほどです。

周りに水疱瘡の子供がいたとして、その子と遊んでいてもすぐに発症するわけではなく、だいたい2週間~3週間ほどしてから体に発疹が出てくる場合が多いです。

水疱瘡は伝染性の感染症になるので、水疱瘡だと診断されたら保育園や幼稚園は出席停止になります。

だいたい期間は1~2週間ほどですが、その間は保育園などには登園することはできないので自宅にいる必要があります。

水泡の発疹の場合、自然と剥がれてカサブタになってきますが、このカサブタが登園のポイントになります。

水疱瘡にかかった時の登園基準は、水泡がカサブタになり感染力がなくなったことが確認されることです。

保育園や幼稚園へ登園ができるようになるまでは、きちんとお医者さんにかかって、自宅で安静に過ごしましょう。

まずはお医者さんのに見ていただくのが一番大切です。

登園を控えた方がいい状態

水疱瘡 対策 登園

全身の水泡が完全にカサブタになっていない状態だと、水疱瘡はまだ非常に感染力が強い状態です。

見た目は大丈夫そうでも依然ウイルスが活発な時もあるため、カサブタになっていない間は登園はできません。

もちろん保育園、幼稚園だけでなく習い事なども同じです。

スーパーなどへのちょっとした外出も控えましょう。感染拡大につながります。

水疱瘡の場合は飛沫感染と接触感染により他の人に移ってしまいます。

その中でも接触感染は発疹が乾いていない水泡の状態の時が最も感染しやすい時になります。

まだ水泡が残っている場合は感染拡大してしまうおそれが十分にあるので登園や外出は控えてください。

登園できる目安

水疱瘡 対策 登園

子供が水疱瘡にかかったら、いつから登園させていいのか判断しかねます。

仕事しているママからすれば、休んでる期間は病児保育にあずけない限り仕事を休まなくてはいけません。

この水疱瘡は第2種感染症に指定されているため保育園や幼稚園は出席停止になってしまいます。

しかしインフルエンザのように「解熱後まる2日」などのような基準が定まっていないため、どれくらいで登園可能になるのかがハッキリしません。

そこで初めにお伝えしたカサブタがポイントです。

体の至る所にできた水泡が全て(ここポイントです!)カサブタになったら登園の目安になります。

逆をいえは1つでもカサブタになっていない水泡があると保育園などには行けないと言うことです。

だいたいの目安はおよそ1週間でカサブタになるので、それ以降の登園になります。

しかし、水泡が乾いていきて全身の水泡がカサブタになったらまずは病院にいってください。

最終的な判断は自分ではせずに病院の先生に判断してもらうのが1番です。

子供が水疱瘡にかかった時の対策は?

水疱瘡 対策 登園

痒みの対策は?

身体中に水泡ができるととにかく痒いです。

かきむしってしまったり、せっかくカサブタになってきたのに、それを剥がしてしまうと跡になって残ってしまう事があります。

大人の場合は頑張れば我慢することはできるかと思いますが、お子様の場合「我慢して!」といっても「はい、わかりました」なんて簡単にいくわけがありませんよね?

ママのいる前ではかきむしらなくても、見えないところや目を離した隙に掻いてる事もあります。

掻いてもなるべく傷がつかないように、初めから爪を短く切っておくことが大事です。

どうしても強く掻いてしまうお子さんは手にミトンなどはめておくといいかもしれません。

おつむを履いているお子様の場合、ウエスト部分などに発疹があると痒みが増す場合があるので、こまめにオムツを変えてあげたり、お尻を乾燥させるため風を当ててあげたりすると痒みが治まってきます。

薬をきちんと塗る

また水疱瘡を重症化させずに早く治してあげるためのコツは、お医者さんで処方される塗り薬を水ぶくれ一つ一つに塗ってあげる事です。

そして、飲み薬が処方されている時は飲み忘れがないように全部しっかり飲みきることが大切です。

水疱瘡の水泡は体中にできる子もいます。

見える部分だけでなく頭やお尻周辺から陰部近くなどパッと見ではわからない見えにくい場所にもできることがあります。

そのためしっかりと塗り漏れがないようにあちこち見てあげてください。

元々オムツかぶれがあったり、日焼けで炎症を起こしている時はそういった場所に発疹が出やすくなります。

日頃からスキンケアもしておくことが予防にもつながります。

お風呂はどうする?

そしてお風呂ですが、発熱があるお子様の場合、解熱するまではお風呂は控えてください。

熱が下がったらブツブツがあってもお風呂には入れますが、熱いお湯に浸かると痒みがでてきてしまうので、ぬるま湯でさっと汗を流してあげるかシャワーで簡単に済ませるようにしましょう。

汗をかいてるからとボディーソープなどをタオルにつけてゴシゴシ洗うことはせずに、さっと流してあげるだけで大丈夫です。

そして、お風呂上がりにバスタオルで体を拭く時も押さえるようにふきとってあげるようにしてください。

タオルの共有は兄弟や家族にうつる場合があるのでしないようにしてくださいね。

まれに口の中に発疹がでるお子様もいますので、食事がうまくとれないときはプリンやゼリーのような柔らかいものをあげてください。

塩分や酸味などは口の中がしみる可能性があるので要注意です。

水疱瘡の治療方法

水疱瘡 対策 登園

水疱瘡にかかると特効薬はありません。

抗ウイルス剤が処方され「カチリ」などの軟膏を処方されることが多いです。

これらの薬は発疹が現れてから2日以内に服用する事で長引かず早めに完治できるようになります。

あまり発熱などはないですが、お子様によっては高熱がでる子もいるかもしれないので、そういう時は「カロナール」などの解熱剤を出してもらう事ができます。

処方された薬をしっかりと忘れないように飲んだり塗ったりする事が大切です。

特に飲み薬は症状が落ち着いたからといって飲むのをやめてはいけません。症状が落ち着いてもまだ体の中にウイルスは残っています。

自分の判断で飲むのをやめないようにしてください。お医者さんで処方された薬はしっかり継続して最後まで飲んでください。

水疱瘡の対策

水疱瘡 対策 登園

予防接種がとても大事

水疱瘡にかかってしまった時は仕方ないですが、かかっても軽く済むことに越したことはありません。

水疱瘡かかってもなるべく軽く済むように対策をしておきましょう。

水疱瘡を重症化させない為にはまずは予防接種を受けることが1番です。

水疱瘡は水痘ワクチンという予防接種があり以前は任意接種でしたが、平成26年の10月からは定期接種になりました。

水疱瘡は予防接種以外に水疱瘡を防ぐのは難しいほどの感染力があります。

予防接種をしてさえいれば感染者と接触してしまっても防ぐ事ができるので予防接種は必ず受けるようにしてください。

水疱瘡にかかるのはほとんどが子供です。1歳ほどの小さいお子様は免疫力、体力ともにまだ弱いため重症化する恐れもあります。

子供の時に予防接種を打たずに、大人にってから水疱瘡にかかると重症化するリスクが高まります。

1歳から水疱瘡の予防接種は受けることができるのでお誕生日がきたら受けるようにしてください。

もし水疱瘡にかかってしまった時は

もし水疱瘡にかかってしまった場合は、カサブタになるまでは非常に感染力が強いため保育園、幼稚園は登園禁止になります。

水疱瘡はひどい痒みを伴い苦痛を感じるものなので掻きむしりたくなりますが、なるべく掻かないようにしましょう。

とはいえ、「掻かないで!」と子供に言っても無理な話です。

そこで、なるべく重症化しないように、爪を短く切る習慣をつけておきましょう。

お風呂は熱が下がったらぬるま湯でシャワーをするなど工夫したみてください。

1週間ほどでカサブタにかわりますので、解熱して全身の水泡がカサブタになっていれば、まずは病院を受診してください。

先生の判断で登園許可がでてから保育園や幼稚園に行くようにしてください。

自分の判断で登園させてしまうとさらなる感染拡大があるかもしれないので、必ず医師の判断を仰いでください。また、園の先生にも報告と相談をしておきましょう。

まとめ

水疱瘡 対策 登園

「水疱瘡かな?」と思ったら早めに病院を受診して治療を始める事でお子様の重症化を防ぐことができます。そして痒い水ぶくれの数も減らす事ができます。

痒みが少なければお子様の辛い思いを減らすことができます。

気づくのが遅くて全身にブツブツが出てしまっても、皮膚を清潔に保っていればかゆみをある程度抑える事ができます。

大人と比べるとお子様の水疱瘡は重症化しにくいといわれていますが、毎年20人前後は水疱瘡が重症化して脳炎や髄膜炎など合併症を発症して亡くなってしまう子もいます。

重症化を防ぐためにも、子供の異変に気が付いたらなるべく早く受診をしてください。

予防接種を受けていないにも関わらず、水疱瘡に感染する事なく保育園や幼稚園を卒園するお子様は注意が必要です。

大きくなってからの感染は重症化する確率が高くなりますので、早めに予防接種を受けておくようにしてください。

お子様が水疱瘡にかかって全身に水泡が広がり、痒そうにしているのを見るのは辛いの一言です。

親御さんも看病したり、仕事を休まなければならなくなったりと負担が大きくのしかかります。

そうならないためにもしっかりと予防接種を受けておくことが大切です。

加えて、兄弟や家族間で水疱瘡にかかってない人はうつる可能性も十分にありますので、しっかりと注意して生活してくださいね。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 納豆で身長を伸ばそう!納豆を食べれば背が伸びる

  • 身長を伸ばす手術のメリットとデメリット

  • 背が伸びるプロテインの正しい飲み方

  • 「IGF-1(ソマトメジンC)」が身長を伸ばす働き

  • 子供の習い事はいつから始めたらいいの?年齢別おすすめの習い事

  • 子供の夜泣きの原因と対策 もう子供の夜泣きで悩みたくない!