1. TOP
  2. 赤ちゃんの便秘の原因って何?綿棒や砂糖水で便秘を解消しよう

赤ちゃんの便秘の原因って何?綿棒や砂糖水で便秘を解消しよう


この記事は約 9 分で読めます。 345 Views
赤ちゃん 便秘 原因 解消

赤ちゃんのウンチが出ていなくても「たかが便秘だから大丈夫」と思っていませんか。

便秘とは本来排泄されるべきものが体内にたまっている状態です。

不要なものが体内にたまっていて体によいことはありません。便秘が続くようだと赤ちゃんの体調が心配です。

大人と赤ちゃんの便秘の改善方法には少し違いがあります。

では、赤ちゃんが便秘なのかをどう判断し、どのように便秘を解消していけばよいのでしょうか。

赤ちゃんの便秘をスッキリ解消するための方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘のサイン

赤ちゃん 便秘 原因 解消

赤ちゃんは自分で便秘だということを伝えられません。

赤ちゃんが便秘なのかどうかのサインをきちんと見極めましょう。

2~3日ウンチが出ていない

何日間でないと便秘だという定義はないのですが、2~3日もでないようだと便秘の可能性があります。

毎日ウンチが出ている確認をしましょう。

何だか機嫌がよくない

大人の場合でも便秘になると機嫌が悪くなりますが、赤ちゃんでも便秘で機嫌が悪くなります。

普段の機嫌を把握し、その状態との違いがないかよく観察をしていれば、便秘で機嫌が悪いのかわかるはずです。

食欲がない

腸に便がたまっていると、たまったもので胃が圧迫されたり、胃から腸への食べものの移動が悪くなってしまうため食欲が落ちることがあります。

普段どれくらい食べているのかをよく観察して、その時との違いがないか確認をしましょう。

お腹が張っている

腸内に便がたまるとお腹がぽっこりと出てきます。

赤ちゃんはもともとお腹がぽっこりとしていますが、それが便秘なのか普通なのか判断をしなければなりません。

普段の状態をよく覚えておきましょう。

また便秘のときにはお腹がぽっこりとでるだけでなく、お腹を軽く押すと固い弾力を感じることがあります。

おならの回数が多い

赤ちゃんの腸内は善玉菌優勢ですが、便秘になると悪玉菌が増えてきます。

悪玉菌はインドールやスカトールといった有害物質を作り出し、そういったものがおならとして排泄されます。

臭いおならが多いようだと、便秘の可能性があります。

お尻がかぶれている

おむつかぶれを起こしている状態でウンチをすると、ウンチが浸みてつらい思いをします。

そのため、赤ちゃんはウンチを我慢するようになり、ウンチは固くなってしまい、排便しにくくなります。

そして、便秘が悪化をするという悪循環になります。

赤ちゃんが便秘になる原因は?

赤ちゃん 便秘 原因 解消

水分不足

便に適度な水分が含まれていることで、便が柔らかくなり排泄しやすくなります。

母乳やミルクを与えている時には水分摂取量が多いので便秘にはなりにくいのですが、離乳食がはじまると今までよりも水分摂取量が少なくなります。

その結果、便の水分量が減って便が固くなり、排泄しにくい状態になります。

離乳食を開始したばかりのころは、おもゆなど水分が多いものを与えていて、母乳やミルクも与えているので、それほど水分不足にはなりません。

離乳食が進むにつれて水分が少ないものを食べるようになったり、母乳やミルクを与える量が減ってくるので、水分不足になっている可能性があります。

また、大人の場合は水分不足で多少便が固くてもいきんで排泄することができますが、赤ちゃんの場合はいきむ力が弱いので便秘になることがあります。

運動不足

腸の動きが活発になることで便が排泄されます。

運動不足は腸の動きを悪くする原因です。

まだハイハイや歩くことができない赤ちゃんの場合、運動不足になりがちです。

運動不足の場合は、軽くマッサージをして刺激を与えてあげたり、脚を伸び縮みさせるなどして体を動かすとよいでしょう。

ストレス

赤ちゃんもストレスを感じます。

お腹が空いた、周りの音がうるさい、パパ・ママが構ってくれない、おむつが気持ち悪い、などさまざまなことがストレスとなります。

大人でもストレスに感じることを赤ちゃんはストレスと感じている可能性があり、大人ではわからないことを赤ちゃんがストレスと感じていることもあります。

腸が自律神経の影響を受けているのですが、便通をよくするにはリラックスして副交感神経が優位になっていることが重要です。

ストレスを感じているときには自律神経のうちの交感神経が優位に働いています。

交感神経が優位に働いているときには、腸の運動は鈍くなります。つまり、ストレスで腸の動きが悪くなり便秘になってしまうのです。

だからといって、親がストレスに過敏に対処する必要はありません。

お腹が空いたら食事を与える、おむつが気持ち悪くないように取り換えるなど、穏やかに過ごせるようにしてあげましょう。

赤ちゃんの便秘解消法

水分を多く摂らせる

赤ちゃん 便秘 原因 解消

離乳食が始まって水分が不足している可能性があるので、水分を与えてみましょう。

赤ちゃんに与える水分としては、水や麦茶が適しています。赤ちゃん用の水や麦茶などが販売されているので、こういったものを与えるとよいでしょう。

ミネラルウォーターを与える場合は、硬度が低いものを選んでください。冷たいものを与えるとお腹が冷えて腸の動きが悪くなるので、常温か少し温めたものを与えるのがおすすめです。

生後2か月~6か月の赤ちゃんはストローやコップをうまく使えないので、哺乳瓶で与えたり、スプーンを口にもっていって水分を与えます。

生後6か月~10か月ころなら、スパウトやストローを使って自分で飲めるようにします。

生後10か月以降はマグカップを使って自分で飲めるようになります。赤ちゃんが持ちやすい形・重さのマグカップを選んであげましょう。

お腹をマッサージする

赤ちゃん 便秘 原因 解消

お腹をマッサージして腸に刺激を与えて排便を促します。

腸はお腹を「の」の字を描くように納まっているので、「の」の字を描くようにマッサージをします。

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、手のひらを使ってやや力を入れてマッサージをします。強く押すと内臓を圧迫してしまうので、力の入れ加減に注意をしてください。赤ちゃんは大人よりもデリケートだということを忘れないようにしましょう。

冷たい手でマッサージをするとお腹を冷やしてしまうので、手を温めてからマッサージをするとよいでしょう。

ベビーオイルやクリームを塗っておくと、手が滑りやすくなってマッサージを行いやすくなります。

マッサージは便秘の解消に役立つだけでなく、赤ちゃんとのスキンシップにもなります。赤ちゃんの様子を見ながら優しく行ってあげましょう。

綿棒浣腸

赤ちゃん 便秘 原因 解消

肛門を刺激することで便意が促されます。

肛門の周りはデリケートなので、清潔な綿棒を使用して肛門を刺激しましょう。

綿棒の先端にオリーブ油やワセリンをつけて、肛門に入れて刺激をします。

便意を促すためには直腸という部分を刺激する必要があり、直腸は肛門から1.5~2cmほど奥に入った部分にあるので、綿棒を1.5~2cmほど奥に入れます。そして、「の」の字を描くように刺激をします。

便秘を解消しようとつい力を入れたくなりますよね。しかし、刺激をしすぎると腸を傷つけるのでやりすぎには気をつけてください。軽く刺激する程度で十分です。

砂糖水

赤ちゃん 便秘 原因 解消

砂糖水は何も加えていない水に比べて浸透圧が高く、周りから水分を引き込もうとします。

その結果、便に水分が引き込まれて便が柔らかくなり、排便しやすい状態になります。また、水分補給にもなります。

濃度が5%になるように砂糖水を作ります。水100mlに砂糖5gを加えれば、5%濃度の砂糖水ができます。

清潔な哺乳瓶やマグカップなどに、一度沸騰させて60度にまで冷ました白湯を入れ、そこに砂糖を加えて溶かします。

使用する砂糖は普段料理に使っているグラニュー糖で構いません。

その他には麦芽糖を使用するのもよいでしょう。麦芽糖には穏やかに腸を刺激する作用があります。

黒糖は加熱処理をしておらずボツリヌス菌を含んでいる可能性があるので与えないでください。

きび砂糖やてんさい糖はミネラルが豊富で、赤ちゃんの腸には刺激になることがあります。

ミルクを変えてみる

赤ちゃん 便秘 原因 解消

月齢に不相応な量のミルクを与えると、腸に大量のカルシウムが流れ込み便秘の原因になります。

粉ミルクには月齢にあわせた量が記載されているので、与え過ぎていないか確認をしましょう。

粉ミルクを変えてみるのもおすすめです。

粉ミルクによって配合されている栄養素の量が違い、それによって浸透圧が変わってきます。

浸透圧が高い粉ミルクだと便秘解消をすることが期待できますが、赤ちゃんによってどのミルクが合うのか違うようなので、いろいろと試してみるとよいでしょう。

心配な時は迷わず受診を

赤ちゃん 便秘 原因 解消

こんな状態だったら受診しましょう

便秘と思っていたものが、実は病気だったということもあります。こんな状態が見られたら受診をしてください。

・ぐったりしていて熱がある
・生まれてからずっと便秘が続いている
・排便時に痛みを伴い出血するほど便が固い
・お腹がパンパンに張っている

ぐったりして熱があるようだと、何かの病気の可能性があります。すぐにでも受診をしてください。

生まれてからずっと便秘が続いているようだと、腸の機能などに問題がある可能性があります。

はじめての子の場合は、便が毎日でなくても「こんなものだろう」と思ってしまいがちです。

赤ちゃんによって排便頻度は違いますが、2~3日間でない状態が何日も続いているようだと便秘なので、そのような状態が生まれてからずっと続くようなら受診をしてください。

排便時に痛みを伴うようだと、そうとうに便は固くなっています。

マッサージや砂糖水では改善しない可能性があるので、病院で適切な処置を受けてください。


これまで見てきたように、赤ちゃんの便秘の原因はさまざまあります。

どれか一つが原因というのではなく、複数のことが関係していることがあるので、生活全体を見る必要があります。

トータル的な生活環境の改善が赤ちゃんの便秘解消につながります。

ポイント

赤ちゃんは便秘だと自分で申告をしてくれないので、便秘のサインを見逃さないように普段からよく観察をしましょう。

便秘になってしまっても、マッサージや砂糖水を与えるなどで改善することがあるので、慌てないで対処してくださいね。

また、便秘が続いているようだと病気の可能性があるので、その場合は受診をしてください。

たかが便秘と思わずによく赤ちゃんの状態を観察しましょう。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

赤ちゃん 便秘 原因 解消

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ところてんダイエットで痩せるには 成功のためのポイントやコツ

  • ふくらはぎが痩せるダイエット法 効果的にふくらはぎを細くしよう!

  • 寝不足がむくみの原因に 寝不足が原因のむくみを解消する方法

  • お尻をキュッと引き締めるダイエットにはエクササイズが効果的!

  • マックスノビールの効果 マックスノビールで本当に背が伸びる?

  • 小学生が理科を好きになって成績がアップするためのポイントとは?