1. TOP
  2. 赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使うの?歯磨き粉選びのポイント

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使うの?歯磨き粉選びのポイント


この記事は約 9 分で読めます。 280 Views

初めて赤ちゃんを育てるママは分からないことがたくさんあると思います。

その中の1つ歯磨き。

乳歯から大事にしてあげたい赤ちゃんの歯ですが、

「いったいいつから歯磨き粉は使ったらいいの?」

「どういうものを使えばいいの?」

と、分からないことだらけだと思います。

そこで、ここでは赤ちゃんの歯磨き粉選びのポイントをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

歯が生えそろうまでは歯磨き粉はいらない

歯の生え始めはガーゼで汚れを取るだけでいい

歯が生え始めてきたらすぐに歯ブラシを使わなくても大丈夫です。

最初はガーゼや綿棒などで菌を拭いて上げることからスタートしてください。

一般的に赤ちゃんは最初に下の前歯から生え始めます。これが生え始めるのが大体6ヶ月~8ヶ月ぐらいになります。

下の前歯というのは唾液にのって自浄されるので、この生え始めの時は歯ブラシは使わなくてもいいです。

個人差があると思いますが、まだ離乳食を始めていない赤ちゃんの場合は食べかすがありませんので、歯磨きしないと虫歯になるということもありません。

この初めの時期は歯磨きするというよりも「歯磨きってこういう感じだよ」と慣れされて行くことが大事です。

私たち大人は歯磨きになれていますが、赤ちゃんの場合は口の中に何かが入ってくるというのを不快に感じる事もあります。

膝の上に乗せて仰向けに寝かせたらまずは口の中を見る、ということから初めて、それに慣れてきてから清潔なガーゼや綿棒などで歯を拭いてあげてください。

歯が生え揃うまでは歯磨き粉なしで

基本的に歯磨きの最大の目的は歯の汚れを落とすことにあります。

歯が生え揃うまでに個人差はありますが、それまでは水だけのブラッシングで汚れは十分に落とすことができます。

「まだうがいもできないのに」と思われる親御さんもいると思いますが、無理に使う必要なありません。

歯磨きを始めると歯ブラシを嫌がる赤ちゃんも多いので、初めはママやパパの指が感じられるガーゼで拭いてあげてください。

慣れてきたら歯先が丸く優しいものでブラッシングしてあげるといいです。

まずは慣れさすことから初めてくださいね。

歯磨き粉を使う目安

赤ちゃんが一歳半ぐらいになると段々うがいができるようになります。

本格的なうがいまではいかなくても、口の中に水を含んでペッと吐き出せるようになってきます。

2歳ぐらいになるとブクブクっとうがいできるようになってきますので、その頃が歯磨き粉を使い始めるサインだと思ってください。

人間の歯は歯先よりも歯の根元が虫歯になりやすいです。

生えたての歯は歯茎からちょこんと歯が見えている状態になります。この状態の時は比較的虫歯になりにくいとされています。

歯が生え揃ってくると露出部分が増えるため虫歯になるリスクが上がってきます。これに対応するのが歯磨き粉です。

最近の歯磨き粉は虫歯予防の成分が含まれているものが多いので、大切な歯を虫歯から守ってあげてください。

赤ちゃん用歯磨き粉選びのポイント

飲み込んでも大丈夫なもの

赤ちゃんに初めて歯磨き粉を使う時「飲み込んでしまったらどうしよう」と不安になるママもいるかと思います。

そういう時は赤ちゃん専用をうたっている歯磨き粉を使うといいです。

もし万が一歯磨き粉を飲み込んでしまっても体へ害がないように、研磨剤や着色料、添加物などの成分を使っていない物があります。

ジェルタイプの物を選ぶとこういった成分が入っていないものが多いため、乳幼児が使っても安心です。

かりに普通の歯磨き粉を使っていて飲みんこんでしまっても、少量であればそれほど問題ではありません。

もし、心配な方は初めからジェルタイプの赤ちゃん専用の物を選ぶことをオススメします。

発泡剤無配合のものを選ぶ

発泡剤というのはその名の通り泡を発生させるものになります。

「歯磨き粉=泡立ち」というイメージがある方が多いかもしれません。

この泡立ちにより口の中の歯磨剤を広げて汚れを除去するのが発泡剤の働きになります。

しかし、この発泡剤というのは、実際のところ汚れをを落とすために必要な成分ではありません。

むしろこの泡立ちのせいでしっかり隅々まで磨きたいのに、その妨げになってしまう事があります。

歯が生え揃ってきた子供にとって磨きにくくする発泡剤はデメリットでしかありません。

赤ちゃんの歯磨き粉は発泡剤が配合されていないものを選びましょう。

研磨剤無配合のもの

研磨剤は歯の表面の削り落とすための成分になります。

子供はタバコも吸わなければ、コーヒーなど歯に着色するものを口にしているわけではありません。

研磨剤というのはホワイトニング効果が高い反面、歯のエナメル質を傷つけてしまうので、また汚れがつきやすくなりますし、歯茎が炎症を起こしてしまう可能性があります。

なので子供にとって研磨剤と発泡剤がはいった歯磨き粉はいい事がありません。

発泡剤と研磨剤、この2つの成分は赤ちゃんの歯磨き粉には不要になります。

赤ちゃんが好きな味を選ぶ

子供用歯磨き粉というのはメロン味やブドウ味、イチゴ味と甘めの味がする歯磨き粉がたくさんあります。

口に入れておいしいと感じる物を選んであげると歯磨きするのが楽しくなって嫌がる事がなくなります。

フッ素が配合されているもの

赤ちゃんの歯は大人に比べてエナメル質が非常に薄いので虫歯になりやすいです。

そのため虫歯予防に最適なフッ素が配合されているものを選ぶのがいいです。

フッ素が入っているといっても大量に入っている訳ではなく、ごく少量ですので誤って飲み込んでしまっても大丈夫です。

フッ素というのは口の中を酸性にしてくれる効果があるので、歯からカルシウムやリンなど溶けていってしまうのを防いでくれることにより歯質が強くなります。

ミントなど辛く感じるものは避ける

大人が使う歯磨き粉はミントやメンソールなど口の中がスースーするものが多いです。

しかし赤ちゃんにしてみればそのスースーが辛いと感じる事があるため、それで歯磨きが嫌いになってしまう子供もいます。

大人にしてみれば清涼感がありますが、赤ちゃんにしてみたらあまりいい気持ちにはなりません。

赤ちゃんのはミントやメンソールが配合されていないものを選んであげましょう。

歯磨き粉以外の虫歯予防

口移しでご飯をあげない

乳歯が生えるまでは虫歯になりませんが、乳歯が生えてくると大人の口移しが原因で虫歯になってしまいます。

大人が噛んだ物や大人と同じ食器や箸などで赤ちゃんの口に物を入れてしまうと、それだけで赤ちゃんは虫歯に感染してしまう時があります。

もちろん口にキスをするのも危険です。

一般的に奥歯が生えてくる1歳~3歳ぐらいまでに虫歯菌の感染を防いであげると、子供は虫歯になりにくいと言われています。

口移しをしないだけで確実な虫歯予防になります。

ご飯の後に緑茶で口をゆすぐ

緑茶の中には殺菌作用を持つカテキンというものが含まれています。

このカテキンというのは抗菌化作用の強い成分になりますので、食中毒菌を抑えたりインフルエンザの予防になったりします。

それだけでなく虫歯菌の活動を抑える効果や、歯垢の固まりであるプラークの予防にも効果があります。

うがいができるようになったらご飯など食べ終わった後に緑茶で口をゆすぐだけでも虫歯予防になります。

歯医者さんでフッ素を塗布してもらう

フッ素を歯医者さんで塗ってもらうメリットとして「初期虫歯を治す」「歯を強くする」「虫歯菌を抑える」の3つあります。

この3つの効果は虫歯予防にはとても優れていますので、子供のあいだはフッ素を塗布してもらいましょう。

歯医者で定期的にフッ素を塗布してもらうことをオススメします。

フッ素スプレーを使う

フッ素スプレーはいつでも手軽にシュッとしてあげればいいで、誰でも簡単にできます。

口の中にスプレーするだけなので口をゆすぐこともないですし、味も子供が好きなブドウ味やイチゴ味もありますし、殺菌作用のある緑茶ポリフェノールも配合されています。

歯磨き粉が嫌いなお子様で水で歯磨きしている子でも、フッ素配合のスプレーなら子供も嫌がらずに虫歯予防できます。

歯磨きシート

フッ素スプレー同様便利なのが歯磨きシートになります。

キシリトールなど虫歯予防を含んだ成分がはいっているので、赤ちゃんの歯を拭いてあげるだけで虫歯を予防できます。

歯磨きをどうしても嫌がってしない子供や、外出先で歯磨きができない時などはとても便利なものになります。

衛生面を重視しているものも多いので、必要な分だけ持ち運びができるのも便利でいいですね。

キシリトール入のタブレット

キシリトール配合のタブレットも虫歯予防に効果があります。

毎日一定の量を定期的に食べる事で口の中にある虫歯菌を減らしてくれるものになります。

タブレットは赤ちゃんに与えてしまうと喉に詰まってしまう時もありますので、一歳半をすぎた頃から与えてあげるようにしてください。

タブレットとなると家族みんなが使えますが、絶対に口移しなどはしないようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの歯磨きのことについて、知らないことがいっぱいあったのではないかと思います。

初めのうちはうがいもできない赤ちゃんも多いと思います。

歯が生えてきて歯磨きを始めるときには「歯磨き粉も使う」と思ってしまう親御さんも多く、「本当はいつから歯磨き粉を使ったらいいんだろう?」なんて悩んでしまう方もいるかもしれません。

歯の生え始めの歯磨きは歯の汚れをを落とせればそれだけで十分なので、無理に歯磨き粉は使わなくても大丈夫です。

全部歯が生え揃う頃に向けて、少しづつ赤ちゃんにあった歯磨き粉を見つけてあげてください。

それまでに口の中に歯ブラシを入れる事に慣らすようにしてあげてください。

歯磨きをどうしても嫌がる赤ちゃんもいると思います。そういうときは無理に歯磨きをしないで歯ブラシを変えてみるとか、歯磨き粉を変えてみるなど工夫してみると意外とすんなりさせてくれる時もあります。

焦らずゆっくり赤ちゃんに合わせた歯磨きができるといいですね。

歯磨き粉以外にも虫歯予防ができるものがあります。乳歯のうちから歯を大切にすることがとても大事なので、色々併用したり試してみたりするのもいいかもしれませんね。
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばす食べ物|何を食べたら背が伸びる?

  • 中学生の悩み事トップ5と親が子供のためにできる対処法

  • 太ももを細くするダイエット法 効果的に痩せる運動はこれだ!

  • 手足口病にかかったら保育園や幼稚園はいつから登園していいの?

  • 右脳を鍛える方法 右脳を鍛えれば子供が天才になる!?

  • ランニングをすれば身長は伸びるのか その効果を検証しました