1. TOP
  2. 小学生が英語を好きになって自分から学習する勉強法のポイント

小学生が英語を好きになって自分から学習する勉強法のポイント


この記事は約 10 分で読めます。 263 Views

生まれてからずっと耳にしていた日本語とは違い、英語の勉強をいきなり始めようとしても子供には抵抗があります。

それまで日本語しかなかった世界に、全くの異文化言語の英語が入り込むのはとても難しいのです。

聞きなれていない言葉を突然耳にしても、子供は素直に受け入れることができません。

子供は「さあ、英語を勉強するから真似して言ってみて!」と言われても素直に反応できないものです。

初めて英語を勉強する子供にとって、読み書きや会話はまだまだ先のことです。

英語を好きになって自分から学習する子供になってもらうためにも、子どもの「耳」を英語に慣れさせることからはじめてみましょう。

スポンサーリンク

まずは慣れさせることが大切

生活の中に英語を取り入れる

英語の学習を始める時に肝心なことは、「英語って楽しい!」と子ども自身が思うことです。

大きくなるにつれて、英語を口にすることに恥ずかしさが出てきます。日本人が英会話が苦手な理由も、シャイだからというのが理由ですね。

「英語をしゃべることが恥ずかしい」と子どもが感じてしまっては学習は進みません。

楽しければ子どもはお勉強ではなくお遊び感覚で学ぶことができます。

「今から英語を始めるよ!」と堅苦しく勉強モードになってしまっては、子どもも抵抗感があります。

日常的にごく自然な形で、少しずつ英語を取り入れていくことで、子どもも「英語があるのが当たり前」と感じるようになります。

生活の中に自然と取り入れる簡単な方法は、BGMとしてCDをかけ流すことです。

ただ単語を読み上げていくものではなく、音楽に乗せて英語を聞かせることです。

最初は子どもも「何これ?」と違和感を感じますが、何度も聞いているうちに、英語が流れている状態が自然なものだと感じるようになります。

親が学ぶ姿勢を見せると、子どもに良い影響を与えることができる

子どもに何かをさせたい時というのは、一方的に押し付けてもうまくはいきません。

小学生にもなれば好き嫌いははっきりしていますし、「英語を楽しくない」「勉強したくない」と思うのは本当に一瞬で決まってしまいます。

そこで大切なことは、親が一方的に押し付けるのではなく、親がまず学ぶ姿勢を見せることです。子どもの頃に、そういう経験をしたこともある親御さんも多いのではないでしょうか。

反対に親が楽しんで学んでいると、子どもは一緒になってするようになります。まさに親は子どもの鏡ということですね。

本やCDなど家庭で使える英語教材があるのなら、子どもだけに使わせるのではなく親が率先して使ってみてください。

英語のフレーズを口ずさんでみたり、家庭学習している子どもの隣で並んで親も英語の勉強をしてみてください。

幼児や小学校低学年の子どもには?

子どもが小さい程、英語は自然に取り入れやすくなります。

幼児や小学校低学年の子どもに英語を好きになってもらうためにはどんな方法があるのでしょうか。

好きなキャラクターで興味をひく

まだお勉強という意識が低い子どもにとって、英語の学習を始めるのは絶好のタイミングです。

まずは子どもが好きなイラストやキャラクターの絵本などから始めてみてください。

海外の絵本だと日本でも英語版の本が販売していますし、短い童話の英語絵本もオススメです。

自分で読むことはまだまだ先になるので、親が読み聞かせをしてあげましょう。

なので、親がしっかり読めるレベルの英語で描かれていて、文章の意味が分からなくてもストーリーを知っている話が最適です。

子どもと一緒にどんな本がいいのか探してみるのも楽しいですよね。

幼児向けでイラストや写真に日本語と英語が並んで書かれているタイプの本もあります。

読み聞かせは効果的な方法

小さい頃に同じ絵本を何度も読んでとせがまれたことはないでしょうか。

子どもは字が読めない頃から絵本に親しんできて、何度も読むうちに一字一句間違えずに覚えてしまいます。

それは英語の絵本でも同じことが言えます。

英語の意味が分かっていなくても親が読むうちに、自然にフレーズを覚えてしまうのです。

ただ最初から長いセンテンスを読んでしまうと、子どもは意味が分からないために興味を持ってはくれません。

ですから日本語で補足しながら、登場人物や物の名前を英語で説明していきます。

何度も読んで慣れてきたら、聞き流すように全体を通して英語で読み聞かせをしていきます。

英語の授業が始まる頃には?

小学校の3年生頃から、少しずつ英語の授業も始まります。

まだ簡単な単語や会話しか出てきませんが、その時期にはどのような学習法が良いのでしょうか。

予習をしておけば心配なし

いきなり授業で「英語の学習をします」と言われても、全く予備知識がない状態ではうまくいきません。

英語の授業では最初の頃は簡単な単語や会話がメインですから、すでに英語を習っている子が授業をリードしがちです。

周りに置いていかれると、たちまち子どもは萎縮してしまいますし、テストの点が悪ければ「自分は英語が苦手なんだ」と思い込んでしまいます。

あらかじめどのような授業内容か把握しているのなら、先に自宅で予習をしておきましょう。

一緒にテキストを読んだり、会話の練習をしておけば、授業でも焦らずに済みます。

会話の練習は親子でしよう

授業ではお友達と会話の練習をするシーンがあります。

英語に慣れていない子どもは「英語での会話は恥ずかしい」と学校で自信を持って口にすることができません。

ですから日頃からぱっと英語を口に出すことができるように、親子で会話のシミュレーションをしてみましょう。

テキストに出てくる会話や単語を一緒に予習しておけば、子どもは英語に対して自信を持てます。

結果がついてくれば、子どもは自然と英語を好きになるはずですよ。

最初は聞くことから始めよう

英語の勉強というと、まずは読み書きと思いがちです。

ですが私達親世代の英語教育とは違い、子ども達世代の英語教育は読み書きよりも会話を重視しています。

英語の学習のスタートはまず聞くことからです。

耳が慣れていくことで、自然に英語を口にできるようになっていくからです。

CDつきのテキストを購入してみよう

小学生を対象としたCDつきのテキストはたくさん販売しています。

1レッスンが5分から10分程度の短い内容なので、空き時間で勉強しやすい内容です。

時間が長すぎると子どもは勉強という意識が高くなりプレッシャーを感じてしまいますので、欲張らないようにして下さいね。

テキストを広げて英語を確認しながらCDを聞きます。

つい真似して書くほうがいいのかなと感じてしまいますが、書く勉強は神経を使いますのではじめはそこまでする必要はありません。

小学生のうちはほとんど書くテストもありませんので焦ることもありません。

英語を目で見て、耳で聞き、真似をして英語を発音することで3つの刺激を受けることができます。

そうすることで、スペルと発音をセットで覚えやすくなります。

毎日続けることが大切

働いているからなど忙しいことを言い訳にしてしまっては、子どもが英語の勉強を進んでできるようにはなりません。

例えば朝起きて学校に行くまでのたった5分間を英語の時間にしてみて下さい。

朝食を作っている間にCDをかけておいて、子どもはテキストを広げて確認します。

家事で手が離せなくても、CDの内容を一緒に復唱したり「一緒に勉強しているよ」という姿勢を見せることで子供もモチベーションが高まります。

土日はお休みにして月曜から金曜までの朝の習慣にするなど、毎日5分ずつ続けてみてください。

ほんの少しのことでも、子供の意識は随分変わってくるものですよ。

子ども自身が興味を持てば、そのうちテキストに書かれている単語を書き取りしたりするなど、英語に積極的な姿勢も見られるようになります。

どうしても親が時間を割けないのなら?

子どもの教育には親が積極的に関わってあげることはとても重要です。

与えておけば子どもが勝手に勉強してくれるというのは、親の都合の良い思い込みですね。

それでも子どもにずっとついて勉強を見てあげられない時にはどうしたら良いでしょうか。

そんなときは、英会話スクールやオンライン英会話、英語教材などを使うのもひとつの手です。

体験レッスンから始めよう

英会話スクールも色々なタイプの教室があります。

会話重視の教室、読み書きもしっかり教えてくれる教室、少人数制やマンツーマンなどです。

先生も日本語講師やネイティブの講師がいます。

周囲の評判もあるでしょうが、子どもに合った教室のスタイルかどうかは重要です。

外国人講師が苦手という子どももいますので、そういう場合にはネイティブにこだわらずに日本語講師を選びましょう。

内容もそれぞれですので、どういう能力を伸ばすことを目的としているのかを体験レッスンで見極めなくてはいけませんね。

特に子どもの英語のレベルに合っているかどうかはしっかり確認しておきましょう。

高望みしすぎると子どもにとって負担が多すぎて、英語を嫌いになってしまうからです。

まだ英語を始めたばかりなら、内容よりも子どもが楽しめるかどうかを優先して選んでみて下さい。

ある程度子どもが理解を深めて会話ができるようになれば、少人数制の英会話スクールへとステップアップもしていけるでしょう。

教材やオンライン英会話は?

英語の教材も各社から販売していますが、全てを購入すると数十万円単位掛かるものもあります。

体験版が無料で配布されているのなら、一通り取り寄せてみてください。

キャラクターやブランドだけに釣られないようにして、子どもが楽しく学習できて、子どもだけでも扱いやすい内容かどうかで選んで下さいね。

オンライン英会話も色々なサイトがあって悩みます。

大人向けよりも子どもを対象としているサイトのほうが、より子供に合った授業内容を受けられますね。

とにかく、まずは体験させてみて、子供が楽しんで続けられそうかをしっかり確認することが大切です。


子供によって性格が異なるように、この方法が一番!という英語の学習方法はありません。

どの方法がいいのか色んな勉強の仕方を試すうちに最適な方法が見つかるはずです。

英語は他の教科とは違い、言語を学習する科目です。

ほんの少し勉強したからすぐにしゃべれるようになるものではありません。

「毎日楽しく続けられるかどうか」は、英語の学習で一番重要なことです。

毎日続けられる方法を見つけてあげることが、親が子供にしてあげられる最大のミッションなんですね。

ポイント

子どもは一度苦手意識を持ってしまうと、なかなか抜け出すことが出来ません。

英語をお勉強と意識するより前から、英語を自然に家庭の中に取り入れてみてくださいね。

子どもに押し付けすぎて英語が苦手になり「失敗した!」と思ってもまだ遅くはありません。子どもの様子を見ながら、子どものペースに合わせてゆっくりと進めてみてください。

小学生の時期に英語に慣れ親しんでおくことで、中学校で本格的に始まる英語の授業にもスムーズに移行していけますよ。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 低身長になる病気と原因

  • 子供の愛情不足を解消する方法 愛情不足の子供の特徴って?

  • 寝不足がむくみの原因に 寝不足が原因のむくみを解消する方法

  • 子育てを失敗したくない!!失敗してしまう育て方とは!?

  • サバ缶ダイエットで痩せるには 痩せるだけじゃない嬉しい効果も

  • 赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?始まる時期と原因と対処法