1. TOP
  2. 溶連菌にかかったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?

溶連菌にかかったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?


この記事は約 10 分で読めます。 353 Views

どんな年齢でも発症する事がある溶連菌感染症。

5歳~15歳までに最も発症する事が多いと言われています。

溶連菌という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、どんな病気なのかわからない方も多いと思います。

幼稚園や保育園など集団生活をしている場で感染する事が多いもので、冬にむけ発症のピークを迎えます。

しかし、最近では春から夏にかけても発症する事もあります。

そこで、ここでは溶連菌についてまとめてみましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク

溶連菌にかかるとどんな症状がでるの?

溶連菌にかかったときの主な症状

溶連菌にかかると主に38℃~39℃の発熱があり喉の痛みを伴います。

冬にかけてかかるもので、風邪やインフルエンザなどと似たような症状がでます。

これが第一段階で、ここから体や手に小さい発疹が現れる事も。

これは基本的には体全身ではなく手足を中心にでますが、まれに体中に広がる場合もあります。

お子様が溶連菌にかかってしまい発疹がでると、我慢できずに掻きむしってしまいそこからとびひになることがありますが、それをすぎれば皮がむけるので腫れたりする事はないです。

また、いちご舌と言われている舌にイチゴのよつなブツブツができてしまったり、頭痛や腹痛を伴ったりするケースもみられます。

そのほかには首すじにあるリンパが腫れてしまったりする場合もあります。

3歳未満の子供が溶連菌にかかると

3歳未満のお子様で溶連菌にかかってしまった場合は38℃~39℃ぐらいの発熱がない場合がほとんどで、それほど熱は上がりません。

風邪と違い鼻水や咳がでない事も多く、溶連菌の典型的な症状はほとんど出ません。

溶連菌の菌は飛沫感染や接触感染で移る事が多く、家族間であったり集団生活をしているお子様などは十分な注意が必要です。

ガイドラインでの登園基準は?

溶連菌は非常に感染力が強いため、もしかかってしまった場合は保育園や幼稚園などは出席停止になってしまいます。

溶連菌の治療法としては抗生物質を出される事が多く、抗生物質を飲んで24時間経ってから体調がよくなれば登園ができるとなっています。

そのため、最短2日後には保育園や幼稚園などもいけるようになります。

ただ感染力がなくなっても、薬をのんで2~3日しても高熱が下がらないままだったり、喉が痛かったりという症状が続く事が多く、3日~4日は登園できない場合が多いです。

個人差はありますが早くて2日後、多く見積もって長い子だと1週間は保育園や幼稚園にはいけないかもしれません。

地域により出席停止の期間などは様々ですので1度確認をしておくのも大事です。

また入園時にもらうしおりにも感染症については書いてるはずなので、1度目を通しておくといいでしょう。

登園できる目安は?

溶連菌は風邪と似たような症状のため、見分けがつかなかったり分かりにくかったりする時がありますが、喉に痛みがあるものは溶連菌かもしれません。

溶連菌は通常抗生物質で治療するため、抗生物質を飲む事で比較的早く症状もよくなりますし、熱も下がってきます。

解熱後は人にうつることがないといわれていますが、園によっては「熱が下がったら登園できる」とされているところや、「発病してから1週間経過してから」というところもあり、明確にさだまってはいません。

しかし、抗生物質服用後24時間経過したのち、発熱がなくなり喉の痛みが緩和されて、いつもと同じような食事がとれるようになるまでは登園を控えたほうがいいかもしれません。

必ず病院を受診して医師の指示を仰ぐこと

「あれ?」と思ったら必ず早めに病院を受診してください。

溶連菌にかかると必ず抗生物質が処方されます。その期間はおそよ10日分です。

ですが、抗生物質を飲み始めると大体1日~3日ほどで症状も収まってしまいますし、治ってしまうケースがあります。

しかし、ここで薬を飲むのを辞めてしまうと合併症にかかる危険があります。

抗生物質はあまり美味しい薬ではありませんし、お子様も苦手な子が多いと思います。

溶連菌自体は感染力が高いものの、それほど怖い病気ではありませんが合併症にかかると大変なことになります。

そのため、処方された薬はしっかり飲みきってください。

どんな合併症が起こる可能性があるかというと、

急性腎炎

溶連菌にかかったあと、2週間~4週間ほどした後に発症することがあります。

これはほんとに突然浮腫(むくみ)がおきたり、おしっこの出が悪くなったり、血が混じったりするようになります。

血圧が上がってしまう事もあり、こうなると入院しなくてはなりません。

入院中は安静にして食事制限をしたりして治療しますが、これが慢性化してしまう事も希にあります。

リウマチ熱

溶連菌が原因でかかるリウマチ熱というのがあります。

心臓は体の1番大事な臓器ですが、ここに溶連菌が感染してしまうと重症になり、治療したとしても心臓弁膜症を予防しなくてはいけなくなります。

そのため、かなり長期的に薬を飲まなくてはいけなくなるでしょう。

アレルギー性紫斑病

主に下肢に現れる出血斑で、腹痛だったり関節痛などが見られることがあります。

紫斑病性腎炎という病気を一緒に併発してしまうとかなり長引いてしまいますので、注意が必要です。

その他起こりえる合併症には中耳炎や気管支炎、リンパ節炎などがあります。

溶連菌は感染力が強い!しっかり衛生管理を

日頃からの手洗いうがいが大切

溶連菌が園内で流行っている時や人が多い場所に出かける時などは注意が必要です。

感染を拡大させないように、またかかっていない場合は感染しないようにしっかり予防しておく必要があります。

溶連菌はインフルエンザや水疱瘡などと違い予防接種がありません。そのため日頃から手洗いとうがいをこまめにする事を心がけてください。

マスクと換気

マスクの着用や換気も大切です。

人が密集している、集団生活をしているところで溶連菌にかかる原因としては飛沫感染がとくに多くなります。

自分の身近な人や友達が溶連菌にかかっているとわかっている時は、しっかりとマスクを着用した方がいいです。

感染者の咳やくしゃみなどで出た菌を吸い込んでしまい、喉の粘膜に付着してしまうことが感染の原因となりますのですので、しっかりマスクをして予防してください。

また室内の換気もこまめにしてください。

冬場は寒いのでなかなか窓を開ける機会がないかとは思いますが、なるべく窓を開けて換気するようにしましょう。

消毒も確実に

接触感染にも気をつける必要があります。

ドアノブや手すりなど多くの人が触れるものに触った後は、石鹸でしっかり手を洗って流水でしっかり流すようにしましょう。

また、次亜塩素酸ナトリウムが含まれている消毒液を使って人が触れるところを消毒するのも有効です。

人が多い場所などに出かける時はトイレの時にもこまめにうがいしましょう。

特に小さいお子様の場合は、いろんなところを触った手を口にいれたりする事があるため、大人以上にこまめに石鹸で手を洗うようにしてください。

食器も別にして使う

その他の対策として、溶連菌は食品中で菌が増えるため、咳やくしゃみだけでなく唾液が食べ物に触れる事で感染する場合もあります。

家族で発症しているお子様がいる場合は、同じ食器や箸を使うのは控えた方がいいです。

また保育園で溶連菌が流行っている場合は、お子様だけ食器を別のものにしたほうがいいかもしれません。

溶連菌にかかったときの対策

神経質なくらい注意することが大切

溶連菌は発熱や喉の痛みが特徴ですので、他の病気と似たような症状がとても多いです。

しっかり病院を受診して抗生物質を飲みきらないと合併症にかかるリスクもあります。

また、溶連菌はアトピー性皮膚炎があるお子様だと重症化しやすい傾向になるといわれていますので十分な注意が必要です。

溶連菌は飛沫感染します。集団生活ではもちろん兄弟間では25%も感染確率が上がると言われています。

ママやパパも気をつけるようにしてほしいのですが、妊婦さんやお年寄りなどは免疫力も落ちているので神経質なくらい注意してください。

自分で勝手な判断はしないこと

溶連菌にかかると病院を受診すると思いますが、この時「ただの風邪だろう」と自己判断して受診せずに自分で選んだ薬を飲ます事はやめてください。

もしこれが冬場なら、インフルエンザなのか溶連菌なのか検査をしても判断ができなくなってしまいます。

しっかり受診して、処方された抗生物質の薬を飲んで合併症に気をつけてください。

発症してから登園までにしておきたいこと

溶連菌は抗生物質を飲み始めて24時間経過したら他の人に移ることはないと言われていますが、登園する時はかかりつけの医師や保育園、幼稚園の先生などにしっかりと相談しておく必要があります。

「熱が下がったからすぐに登園!」とは考えない方がいいかもしれません。

しばらくは体力も落ちてますし喉の痛みもあるかと思います。そういう時は無理せず安静にしておきましょう。

発熱がある時は水分が失われてしまう可能性もあるため、水分補給はこまめに行うようにして無理にご飯を食べさせないようにしましょう。

ゼリーやプリン、ヨーグルトなど喉を刺激しない食べ物を与えてみてください。

また、酸味が強いものは喉を刺激してしまうので注意してください。

溶連菌がよくなり登園許可がでても、薬を飲み忘れしないように十分に注意してください。

まとめ

「あれ?」と思ったら迷わず受診を

溶連菌感染症は感染力も非常に高く、急な発熱と喉の痛みを伴いますが、抗生物質を飲めば解熱も早くそれほど怖い病気ではありません。

ですが、抗生物質を飲みきらずに途中で辞めてしまうと合併症を伴ってしまう可能性もあります。

そうなると酷い場合は入院したりするケースもありますし、治療が終わっても長期に渡り薬を飲み続けないといけない場合もあります。

安易に「風邪かな?」と思い病院に行かず家で様子を見るとお子様も辛いですし、重症化してしまう場合もあるため、病院への受診は早めに行うようにしてください。

予防することが何よりも大事

また溶連菌には予防接種がありませんので、日頃からしっかり手洗いうがいをする事と、飛沫感染を防ぐために人混みに行くとき、周りで溶連菌の人がいた時などはマスクで予防をする事が大切です。

お風呂には入っても大丈夫ですが、しっかり状態をみてから入れてあげるようにしてください。

家庭では同線となる部分はみんなが触るところなので接触感染する場合があります。

次亜塩素酸ナトリウム入りの消毒液でしっかり菌を拭き取ってあげたり、おもちゃの共有などを避けるようにすると家族間での感染を防ぐ事ができます。

溶連菌にかかった子供を看病する時は、大人もマスクをつけましょう。溶連菌にかかっているお子様もマスクを着用するようにしましょう。

食事でも感染してしまう場合もありますので、食事の際や調理前などもしっかりと手洗いをして、食器などは共有しないようにしてください。

溶連菌は1度かかったらもうかからないというものではありません。3回も4回もかかる場合もあります。そのためしっかり情報をチェックして感染を防ぐ事が大事になります。
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を高く見せる良い姿勢と悪い姿勢

  • 肥満や痩せは身長に影響する?

  • 縄跳びの身長を伸ばす効果とは!?

  • ドクターセノビルの効果 ドクターセノビルで本当に背が伸びる?

  • 身長が伸びる時期と止まる時期

  • 子供の身長を伸ばすために必要なこと