1. TOP
  2. 赤ちゃんの歯磨きはいつからはじめるの?赤ちゃん歯磨きの進め方

赤ちゃんの歯磨きはいつからはじめるの?赤ちゃん歯磨きの進め方


この記事は約 9 分で読めます。 266 Views

「赤ちゃんの歯みがきってどうしたらいいの?」「歯みがきしなくてもいいのかな?」そんな疑問を感じたことはありませんか?

まだ歯みがきが自分で出来ない赤ちゃんには、ママのサポートが大切です。

そして、出来れば子どもにとって「めんどうなこと」よりも「いい歯のための大切な習慣」として歯磨きを小さな時から身につけさせたいものですよね。

物心がつく前から「よい習慣」としての歯みがきを、赤ちゃんとのコミュニケーションに取り入れてみませんか?

そして「歯をみがく」という何気ない日常の習慣を身に着けるため時間が、ママと赤ちゃんの楽しい時間になればいいですね。

そこで、ここでは赤ちゃんの歯磨きの進め方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ママも赤ちゃんも「歯みがき」に慣れておこう!

歯が生える前からしておきたいこと

ママと赤ちゃんがちょっぴり慣れておくために、歯が生える前から口の中をきれいにしてあげるのはいいかもしれません。

とはいえ、「しっかりきれいにしてあげたい」という気持ちがあっても、やりすぎは禁物です。

ママも赤ちゃんも歯磨きを始める前からイヤになってしまいます。

ママの人差し指にガーゼをくるっとまいて、赤ちゃんのご機嫌がいい時にやさしく歯が生えてくるあたりを「なでる」くらいで大丈夫です。

その時に「歯磨きはいいことだから、ママと一緒にしようね。」ってやさしい気持ちで笑顔でふいてあげてください。

歯が生えてくる前は、口の中をきれいにするというよりも、「歯磨きは楽しいね~。ママと一緒に楽しくやろうね。」という雰囲気を体験させることが大切な時期です。

歯が生えてきたら歯磨きを始めましょう

「歯磨きを始めましょう」とはいっても最初から歯ブラシは使わないでください。

赤ちゃんはお口のなかもデリケートです。

歯が生える前に練習した通り、ガーゼを使ってやさしくふいてあげてください。

この時のふき方もやさしくやさしくです。

「は磨きはいいことだから、ママと一緒にしようね。」って練習と同じようにやさしい笑顔でふいてあげてください。

回数も特にきまりはありませんが、1日に1~2回程度でいいと思います。

夜寝る前の1回は習慣として日課するのがいいと思います。

上の歯が生えてきたら歯みがき本番です

優しく簡単にでOK

かわいらしい前歯が下から生えてきて、次に上からも生えてきたら、歯ブラシを使った歯みがきを開始してみましょう。

この時もやさしくやさしくですよ。

歯ブラシを歯に垂直にあてて、ちょっとだけ左右に動かす程度です。

乳歯は永久歯と比べるとずっと柔らかいので、出来るだけやさしく磨いてあげてください。

時間もちょっとでいいんです。

赤ちゃんが歯磨きを嫌いにならないよう、ささっと、笑顔で磨いてあげてくださいね。

下の歯の表と裏、上の歯の表と裏なら10秒程度で磨けると思います。

ちゃんと出来たらほめてあげてくださいね。「きもちいいね」と言ってあげるのもいいですね。

歯ブラシに慣れることが大事

この時期の歯磨きは、とにかく歯ブラシに慣れてもらうことが大切です。

怖い顔をして「ちゃんとしないとダメでしょ!」はNGです。

ママも赤ちゃんも暗い気ちになってしまいます。

どうしても嫌がる時はちょっとお休みしても大丈夫です。ちょっとくらいお休みしても虫歯にはなりません。

ちょっとでも出来たらほめてあげてください。「ママと一緒に楽しく出来る」時を大切にしましょう。

赤ちゃんが歯磨きを嫌いにならないために、ちょっと歯みがきをお休みすることは悪いことではありません。

歯みがきが出来ない日があってもママのせいではありませんので、神経質にならないようにしましょうね。

赤ちゃんの歯ブラシってどれがいいの?

一番小さいサイズの歯ブラシを使う

赤ちゃんの歯ブラシは、赤ちゃん用の一番小さい歯ブラシから始めましょう。

赤ちゃんの歯に優しい、ヘッドの小さい毛先が丸くて柔らかいものがいいと思います。

商品に「仕上げみがき用」とか「初めての歯ブラシに」とか書いてあると思うので選びやすいと思います。

色々な形の歯ブラシが出ているので、ママは赤ちゃんの成長にあわせて選ぶ楽しみもあると思います。。

歯ブラシは2本用意しておくのがオススメ

赤ちゃんはまだ自分では上手に磨けませんが、歯ブラシを自分でにぎって上手にお口にいれてくれそうであれば、赤ちゃん用の歯ブラシとママが磨いてあげる仕上げ磨き用と2本を用意しましょう。

最初の赤ちゃんが使う歯ブラシは毛が付いていないシリコンの歯ブラシがいいかもしれません。

自分でかみかみしながら歯磨きっぽい動きが出来ればいいですね。

歯みがき粉は必要ありません。

大好きなキャラクターの歯ブラシを用意してあげよう

赤ちゃんの好きなキャラクターや、好きな色の歯ブラシを選ぶことで、歯みがきの時間が大好きな時間になるといいですね。

選べない時期はママの好きなキャラクター(あれば)でもいいと思います。

些細なことかもしれませんが、ちょっと楽しい気持ちになりませんか?

歯磨きは遊びの時間ではありませんが、この頃はあまり「大切だから」ととらえずに、楽しい時間として赤ちゃんに教えてあげるほうが「歯みがき=好きな時間」の雰囲気になると思います。

ぽいって投げちゃう赤ちゃんもいると思いますが、無理して持たせなくてもママがささっと磨いてあげれば歯磨きは終わります。

毎回投げてしまうなど興味を示さないようなら、数日置いて改めて持たせてみるのも方法です。

お口に入れなくても持つだけでもいいんです。赤ちゃんにとっては慣れることが大切です。

赤ちゃんの歯の磨き方ってあるの?

オススメの2つの磨き方

赤ちゃんの歯のみがき方ですが、2通りの方法がオススメです。

まず1つめは、育児書に書いてあるとおりに寝かせて、赤ちゃんの頭をママの両足の間に挟むようにして、動くようなら赤ちゃんの両手をに軽く動かない程度に足で押さえてしまいます。

やさしくほっぺやあごを支えながら磨きます。

もう1つはすぐにくるっと起きてしまう時の方法です。

この時は座ったままの状態で両方のほっぺをちょっとつまんで少し開いた口からささっと磨きます。

この時はきちんと磨けたかどうかよりも「歯磨きしたね~」の気分重視でOKです。

歯磨き粉はうがいができるようになってから

1歳前後くらいからは、離乳食だけでなくいろいろなものを食べるようになってきます。

「あーんして~」というと口を開けてくれるようになると磨きやすくなります。

ちゃんと開けてくれたら、ほめちぎってください。ほめると次の時もちゃんと開けてくれることが多いです。

歯の間に食べ物が挟まったりするのでフロスも有効になってきます。

前歯は意外と磨けていなくて虫歯になりやすく、奥歯は子どもには磨きづらいので、出来るだけ仕上げ磨きをしてあげてください。

歯みがき粉は必要ありませんが、モチベーションを保つ、テンションを上げるという使い方もありだと思います。

最近はいろいろな味の歯みがき粉があるので一緒に選ぶのも楽しいと思います。

コーラ味なんかもあって、好きな子が多いみたいですよ。

ただし歯みがき粉は、きちんとうがいが出来るようになってからにしたほうがいいです。おもしろがってゴックンする子もいますので要注意です。

出来れば虫歯の痛さなんか知らないほうがいい!

寝る前の歯磨きが一番大切

歯磨きは、寝る前がいちばん大切です。

寝ている間が一番虫歯になりやすいからです。

一日の終わりという意味でも寝る前の歯磨きは大切ですよね。

赤ちゃんのうちは一日の歯磨きの回数にこだわる必要はありませんが、歯みがきをしたら「おやすみなさい」の習慣がついてきます。

朝の歯みがきはなかなか習慣にならない子供が多いといいますが、年齢を重ねるにしたがってなんとなくするようになると思います。

朝の歯みがきは1日の始まりのリフレッシュとエチケットなので、成長してくると自然と自覚できるのかなと思います。

できるだけ小さい時から最低でも朝と夜の2回はしっかり歯磨きをする習慣をつけることがオススメです。

定期健診に連れて行こう

歯を大切にするという習慣をつけるためにも、定期検診を受けることは有効です。

初期虫歯であれば痛む前の治療も可能ですし、どれほどきちんと歯を磨く子どもでも、磨き残しはあります。

ママが手を抜いてなくても、ママが優しくても、歯磨きの嫌いな子どもはいます。

虫歯にならないように、子どもの歯磨きをちょっとだけサポートするために、歯医者さんでフッ素塗付してもらうのはよい方法の1つです。

また、ママの言うことは聞かなくても歯医者さんの言うことは受け入れる子どももいます。

ちょっとした社会性を養うチャンスでもあると思います。

歯医者さんは何といっても「歯」のプロですから、そういうことも子供に知ってもらいたいですね。

プロから色々と教えて頂くことも大切です。

歯磨き以外に大切なこと

気持ちを伝えて虫歯を防ぐ

虫歯を作らないということは、歯を大切にするということから始まります。

歯磨きはもちろん大切ですが、歯みがきが上手に出来ないお子さん・歯磨きを嫌がるお子さんには歯磨き以外の対策も必要です。

甘いおやつはなるべくあげないようにする、ガムが好きなお子さんはキシリトールのガムにする、食べた後は水やお茶を飲む、などちょっとしたママの知恵も大切です。

ママがどんなに知恵を絞っても子どもは思うようには動いてくれない時があります。

でも、完璧じゃなくても大丈夫です!

「毎日寝る前には、ママも歯みがきしてるよ。痛いのは嫌だよね。歯は大切だよね。ママは○○ちゃんが大切だから○○ちゃんが痛いのは悲しいなあ。」と伝えて、「毎日じゃなくてもたまには仕上げみがきしたいなあ」と伝えてください。

子供には気持ちを伝えることが大切です。

親のサポートが何よりも大切

歯みがきが嫌いな子も、そのうち自覚が出来てくれば自分で磨くようになります。

そのためにも、赤ちゃんのうちから歯磨きの習慣をつけておくことがとても大切です。

虫歯が痛くてつらい思いはさせたくありませんからね。

家庭での歯磨きの習慣はもちろん大切ですが、定期検診には必ず連れていくようにしましょう。

定期検診で歯医者さんにちょっとしたアドバイスを頂けるのもとても参考になります。プロのアドバイスはとても貴重ですよ。

歯医者さんでのフッ素塗布も虫歯予防にとても効果があります。

子供は自分から歯医者になんか行こうとは絶対に言いだしませんし、思いもしません。

歯医者に連れていったり、甘いものをなるべく食べさせないようにしたり、仕上げ磨きをしっかりしてあげるのは親の仕事です。

しっかり赤ちゃんの歯のケアをして、虫歯で苦しむことのない生活を送らせてあげてくださいね!
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供の便秘解消法 即効の方法を紹介します!

  • リビングで勉強すると成績が上がる! リビング学習のポイント

  • MAX GPC αの効果 MAX GPC αで身長は伸びる?

  • 背が伸びる方法

  • コンパクトサイズの学習机 リビングでも使いやすいおすすめ10選

  • 溶連菌にかかったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?