1. TOP
  2. とびひになったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?

とびひになったら保育園や幼稚園にはいつから登園できるの?


この記事は約 10 分で読めます。 762 Views

夏場になると出てくるで病気の1種「とびひ」。

子供の全身に次々に広がっていくと「どうしよう!」ととても心配になりますよね。

そんなとびひですが、とびひってどんな症状でいつから登園可能か詳しくご存知ですか?

ここではとびひになったらいつから保育園や幼稚園に登園できるかなど、とびひについて紹介していきます。

スポンサーリンク

とびひってどんな病気?

とびひとは正式に伝染性膿痂疹といい皮膚の病気になります。

黄色ぶどう球菌や化膿レンサ球菌が皮膚に感染することで水泡や膿胞を作ってしまい、そこが化膿してしまいます。

とびひは主に0歳児から6歳ぐらいまでのお子様が発症する事が多く、暑い夏場に発症しそこから広がっていきます。

腕に出来たのが翌日には足、または脇など様々な所に飛び火のように広がっていく厄介なものになります。

症状としてはかゆみをともなう水ぶくれのようなものができます。

虫にさされた時やあせもができた時にそれをひっかいてしまい薄い水ぶくれができ、時間がたつとともにその水ぶくれの中に膿が発生してきます。

この水ぶくれの膜はとても薄く簡単にやぶれてしまいかさぶたになりますが、かゆみがあるため掻きむしってしまいます。

その手で他の所を触ってしまうと体中あちこちに広がってしまいます。

化膿レンサ球菌によるとびひは、季節や年齢関係なく発症しアトピー性皮膚炎がある人は注意が必要です。

ごく稀にとびひで熱が出ることもあり、小さな水泡から黄色のかさぶたになりとても早いスピードで広がっていきます。

とびひは皮膚トラブルの多い夏場には特に注意する必要があります。

保育所などのガイドラインでの登園基準は?

とびひは出席停止を義務付けられてはいない

とびひは自分が発症して、その手で他の箇所を触るだけで簡単に体中に広がってしまいます。

その手で保育園などの友達に触ってしまうと当然うつってしまいます。

ただ水疱瘡やおたふくなどと違い、出席停止を義務付けられているわけではありません。

発症したら病院に行き、きちんと手当や治療をしてもらい、患部をガーゼや包帯などでしっかりとカバーして患部の露出がなければ基本登園OKとされています。

全身に広がっていたら休ませよう

1箇所だけのとびひならまだしもあまりにも広範囲になってしまった場合は覆いきれないので休ませるのが無難です。

とびひは出席停止には指定されていない病気ですが、ガーゼや包帯で覆ったところで子供は遊びに夢中になったり、夏場に汗を書くと包帯しているところが痒くなったりします。

そうするとそれをめくってかいてしまう事もありますので、自己判断で登園させることはしないようにしましょう。

入園のしおりをしっかり読み、お仕事されてる方でどうしても休みがどれない方などは、とびひになった時点で病院は受診している事を保育園に伝えて相談するのが1番だと思います。

1度かかったらもうならない病気ではないので、日頃から爪を短くきり引っ掻き傷ができないようにしたり清潔にするように心がけましょう。

怪しいなと思ったら様子を見る前にまず病院を受診してください。

とびひは感染しやすいので症状がでたらお休みしよう

ひどい時は自主的に休ませる

とびひにかかってしまってもインフルエンザのように登園禁止にはなりませんが症状にもよります。

症状がひどい時、あまりにも広がっている時などは自己判断やお医者さんの指示に従って登園を控えるほうがいいです。

保育園や幼稚園によっては病院からの登園許可が必要になる場合もあります。

登園許可が必要かどうかは、園に聞いてみるか、入園時のしおり等に書いてあると思いますので確認してみてください。

特にとびひにかかりかゆくてかいてしまい、患部がじゅくじゅくした状態の時は登園しないようにしましょう。

登園の目安は、患部のじゅくじゅくがかさぶたになって、乾燥している状態になったら大丈夫だとは思います。

しかし、患部がかさぶたになり乾燥した状態になっても完治しているわけではありません。

ガーゼや包帯でぐるぐる巻きにして、保育園とお医者さんにしっかり相談してから登園するようにしましょう。

とびひはプールで感染が広がる?

では、とびひにかかったのが夏場だとします。

夏場は保育園や幼稚園ではプールがあると思います。

「プールは入っても大丈夫なの?」と思う方もいると思いますが、プールの水によって感染する事はまずありません。

しかし、プールだと他のお友達と肌どおし接触する事が非常に多いです。

そうするとそこから友達に感染してしまう事がありますので、とびひにかかったらプールは控えたほうがいいでしょう。

市民プールやスイミングスクールなどはとびひにかかると入ることはできません。

患部を包帯などでおおっても水に入ると取れてしまう事もありますし、自分でとってしまう子供もいます。

仮に友達がとびひにかかっている場合、「子供にもとびひが移るんじゃないの?」と思うと自分の子供をプールに入らせたくはないですよね。

感染を防ぐ為にもとびひが治るまでは入るのを控えたほうがいいです。

症状が軽いと塗り薬などで簡単に治ってしまう事も多いので、清潔にするために1日2回ほどガーゼの交換などをするといいです。

着替えなどもこまめにしてあげると完治するのが早いですよ。

とびひにかかった時は登園禁止にはなりませんが、極力家で様子を見てあげる方がいいですね。

とびひになったらまずはお医者さんに行こう

夏場に多いとびひ。

特に6歳以下のお子様の場合は、水ぶくれやかゆみがある時はとびひを発症してしまう事が多いです。

そのままにしておくと症状が悪化してしまい体中に広がってしまいます。

かゆみは大人でも耐えられないほどの時もありますが、大人の場合はなんとか我慢できます。

大人であれば、これ以上酷くしないようにと、かゆみをどうにか我慢する事ができるのですが、お子様の場合そうもいきません。

1箇所ならまだしも、それが全体に広がってしまうと大変になります。

そのため、怪しい症状があれば皮膚科や小児科でも構わないので受診することが必要になります。

とびひを治療している時は先生の指示に従い治療していきます。

少しマシになったからといってとびひの治療をやめてしまうと、せっかく回復してきたのにまた症状が悪化する可能性があります。

とびひの治療法

とびひは先生に治ったことを認めてもらえるまで治療は続けるようにしましょう。

とびひの治療薬としては、飲むタイプの抗生物質や塗り薬に消毒液といったものが使われます。

これらの薬は症状に応じていろんなタイプのものを処方されますが、症状が出た時に消毒すると重症化する事を防ぐ事もできますので、早めの受診が大切です。

かきすぎで患部が赤くなっていたり、じゅくじゅくになっているのを発見したらすぐに受診して消毒することを心がけてください。

塗り薬はかゆみを抑えてくれる以外にも皮膚を治す働きもあります。

体中に広がってしまうと全身にその薬を塗るのも大変ですし、塗ったところにガーゼをあてたりするのも時間もかかります。

そして子供も痒がったりしてかわいそうです。

そうならないためにも夏場や暑い時期に皮膚が赤くなっていたりしたら、そのままにしておかず病院を受診して広がりを防いであげてください。

とびひをひどくしない、感染を拡大させないためにするべき事

とびひは細菌感染によって起こることが多く、保育園や幼稚園など集団生活の中で友達から菌を貰ってしまう可能性も充分に考えられます。

そのために普段からしっかり感染予防をしておく事が大事になります。

手洗いの習慣づけ

まずは手洗いの習慣です。

様々な病気の予防を防げる手洗いはとびひの場合もとても重要になります。

他の子供の患部を触ったり、お子様で鼻ほじをしたりする子供は、その手で自分の皮膚を引っ掻くことで感染してしまいます。

外から帰ってきた時、トイレの後など、こまめに手洗いをする事で菌を洗い流せます。

指の間や爪の間もしっかりも洗うようにしましょう。

爪切り

2つ目は爪を短く切っておくことです。

とびひになる一番の原因は体をかいて傷つけてしまうことです。

痛いのよりかゆみを我慢するのはかなり過酷です。

お子様の場合はかゆいとすぐ体中引っ掻いてしまったりして傷を作ることも多いかと思います。

とびひの原因にもなる引っかき傷を防ぐ為にも日頃から爪を短くしておく事が重要になります。

爪はすぐ伸びてきますので、日頃からママもパパも伸びていないか指先に触れるなどしてチェックしてみるようにしてください。

「少し伸びて危ないかな?」と思ったらすぐに切ってあげてくだい。

体を清潔にする

3つ目はお風呂やシャワーなどで皮膚を清潔に保つ事です。

とびひの原因にもなっている黄色ぶどう球菌や化膿レンサ球菌は、私たち人間の皮膚に生息しているものになります。

そのため、細菌の増殖を防ぐためにも毎日のシャワーや入浴はとても大切なものになります。

そして、とびひにかかっている間はシャワーだけにする方がいいと思います。

元から肌が敏感な子供やアトピー性皮膚炎の子供は、肌バリアが低下してとびひに感染しやすくなってしまいます。

常に清潔を心がけるとととに、肌が乾燥しないようにお風呂あがりの保湿もしっかりするようにしましょう。


今ご紹介した3つの予防法はとても大事になります。

しかし、これをしていれば100%とびひにかからないというわけではありません。

もしとびひにかかってしまったら、とびひの症状にもよりますが、必ず登園している園やお医者さんに相談するようにしてください。

自己判断は絶対にダメです。

他の子供がたくさんいる保育園や幼稚園では感染を広げてしまうと、関係しているすべての人に迷惑がかかってきます。

医師の判断がない限りは登園を控えるのも集団生活のマナーと言えるでしょう。

特に園生活中はお子様どうし肌が触れ合う機会も多いと思いますし、とびひの感染力はとても強いので一気に園内に感染が拡大してしまう恐れがあります。

患部のじゅくじゅくがなくなりかさぶたになっても、しっかりガーゼと包帯をしてお医者さんに確認して園にも報告の上で登園するようにしてください。

子供がとびひになった場合のまとめ

とびひは出席停止が義務付けられたものではありませんが、接触することによる伝染病なので症状がひどい時には休ませる必要があります。

とびひを治すためには、しっかり休ませてあげる事と患部を清潔に保ってあげることが大切です。

とびひは長引けば長引くほど子供にとっても親にとっても負担がかかってくる病気になりますので、少しでも早く治して上げたいものです。

そのためには毎日お子様の様子を観察して、お風呂など全身裸の時に異常がないかチェックしてあげることも大切です。

赤くなっていたり、少しでもじゅくじゅくしていたら、自己判断ではなく早めに病院を受診してあげるようにしてください。

暑い夏場はとても汗を書きやすく、ただでさえ汗疹などができやすくなる季節です。

とびひにならないためにも日頃からしっかりこまめに手洗いする事が大事ですし、お風呂やシャワーなどで汗を流してあげる事も大事です。

そして引っかき傷を失くすために日頃から爪は短くきっておくようにしてください。

とびひは今年かかったら来年はかからないというものではありません。とびひの細菌は人間がもっている常在菌になりますので免疫がつくこともありません。

とびひは何回でも発症する事があります。常に子供の肌を清潔に保つようにしてくださいね。

とびひにかかった時はまずは園やお医者さんに相談することが大切です。

患部がかさぶたになってほとんど治りかけていても、まずはお医者さんに判断してもらうことをオススメします。

そして、園の先生にもしっかりと報告してから登園するようにしてください。
 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 成長ホルモン治療についての詳細

  • 身長を伸ばす食事のとり方のポイント

  • せのびとーるの効果 せのびとーるで本当に背が伸びるの?

  • 幼児の肥満をスッキリ解消させよう! 生活習慣で肥満はなおる

  • 思春期が始まるまでの身長の伸ばし方

  • 結膜炎(はやり目など)は保育園や幼稚園にはいつから登園できる?