1. TOP
  2. 手足口病にかかったら保育園や幼稚園はいつから登園していいの?

手足口病にかかったら保育園や幼稚園はいつから登園していいの?


この記事は約 9 分で読めます。 1,066 Views

保育園や幼稚園など集団行動をしていると必ずといっていいほど色んな風邪や病気を貰ってきます。

その中の1つ手足口病。

その名の通り手や足、口に発疹などがでるウイルス性の病気で主に夏頃から流行が始まっていき、7月頃にピークを迎えます。

夏風邪と似ていて喉の痛みや発熱を伴ったりしますが、冬にかかるような風邪とはかなり違ってきます。

そこで、手足口病にかかった時の対処法や保育園や幼稚園への登園の目安などについて説明していきます。

スポンサーリンク

手足口病ってどんな病気?

手足口病の初期症状

手足口病の原因はコクサッキーウイルスとエンテロウイルスがあります。これは冬に流行るインフルエンザと同じで1度かかっても別の型が流行るとまた感染してしまうことがあります。

ワンシーズンの中で複数回感染するというのも少なくありませんし、非常に感染力の強いウイルスになります。

症状としては手の平や足を裏や甲などに赤いポツポツした発疹がでたり水泡性の発疹が現れます。

この発疹ができても痛みや痒みなど自覚症状がない子供が多いので大人が発見する事が多いです。

水泡ができると痛みを伴う

しかし手足口病と言われているだけあって口の中や咽頭に水泡ができてしまうとかなり痛みを伴ってしまいます。

まだ言葉が喋れない赤ちゃんの場合はよだれが沢山でたりすることで気づく事もできます。

発熱もありますがそれほど高熱になる事もないのであまり心配はいりません、そして、長期に渡り続くような事もあまりありません。

だだし、悪化する恐れがあるので、症状が軽いからといって油断せずに、「おかしいな?」と気づいたらすぐに受診することをおすすめします。

手足口病にはこれといった治療薬は存在しないので風邪の時と同様、脱水にならないようにしっかり水分補給をしながら様子を見ていただき、食事はのどごしのいいそうめんやうどんなど食べれる物をあげてください。

口の中は非常に痛いので無理にしっかりしたご飯をあげなくてもその子が食べられるもので大丈夫です。

合併症を引き起こすケースもある

ここまで聞くとそれほど重い病気ではないかも?と思われる方も多いかも知れませんが、ごく稀に髄膜炎や中枢神経の合併症や心筋炎などを引き起こすことがあります。

これは2種類あるウイルスのうちエンテロウイルスにかかってしまった時に重篤化する可能性が高いと言われています。

発疹以外にも嘔吐、頭痛など、ほかの症状が現れた時や非常に高い高熱が2日以上続いてる時は早めに病院を受診するようにしてください。

また重篤化しなくても手足口病の症状が消えたあと手足の爪が脱落することもあります。しかし、これは焦らなくても自然と元に戻りますので大丈夫です。

保育所のガイドラインでの登園基準

インフルエンザやおたふく風邪、水疱瘡などに感染した場合、保育園などは出席停止とされていました。

しかし手足口病の場合は2009年に出席停止の対象ではなくなっています。

夏に流行るヘルパンギーナや溶連菌なども夏場に流行する病気の1つといえますが、こちらも出席停止にはなっていません。

なぜ出席停止の対象から外れたかというと、手足口病の場合、発疹や発熱の後完全に消失した後も便や咽頭などから長くて3週間に渡り感染するからです。

そのため症状が数日あわられたところで出席停止にしても感染拡大は防げないと考えてられたからです。

その事により手足口病は出席停止の対象から外されました。

とはいっても発疹がじゅくじゅくしている時などは登園は控えて、発熱がなく食事も普通に取れる、発疹も乾いてるという状態であれば登園可能というような考えです。

ですが、乳幼児や園児の配慮も必要となるので、通園している保育園や幼稚園の判断が必要になりますし、対応も異なるので園の先生などに登園可能か聞くといいと思います。

入園説明会の時などにもらう資料の中にも予め記載されている場合もありますので、それを確認しておくことも大事です。

何も記載がなくても手足口病になった時には園に相談してみてください。

手足口病はお風呂やプールでもうつる

手足口病の感染経路はくしゃみや咳などの飛沫感染や、同じタオルを使った事による接触感染、水泡内容物からの接触感染、そして排便などでウイルスが舞う事によりうつると言われています。

ですから、お風呂やプールは結論からいうと感染します。

上でご紹介したように、水の中で水泡がやぶれてしまうと、そのやぶれた所から出てくるウイルスを含んだ液体のせいで次に入った人に感染してしまうんです。

お風呂は注意が必要

特にお風呂に入ったりする場合、体温が上昇してしまうため痒みを伴ってしまいます。そのため、かきむしりたくなるのを我慢できなくなるはずです。

大人だと痒くても掻きむしるのを我慢できますが、子供だと我慢するのはかなり過酷な事になるかもしれません。

なので発疹がでている間は極力お風呂は控えるようにしてください。

ですが、手足口病は夏場に流行るため汗もかきますし、体もベタベタして余計に痒くなりそうだと思う方はシャワーでさっと汗を流す程度なら大丈夫です。

ゴシゴシタオルを使って洗ってしまうと水泡がやぶれてしまいますし、ボディーソープなどの石鹸は刺激となり逆に痒みをもたらしてしまう恐れもあるので軽く洗い流す程度にしてください。

また、高温のシャワーは避けてください。

プールやイベントなどでも注意が必要

プールでももちろん感染します。

夏場に流行るいちばんの原因といってもいいほど、プールが始まると手足口病の感染者が急増します。

ウイルスを持っている子供がプールに入る事でウイルスがプール内に拡散してしまい、水を介して他の人に感染してしまいます。

発疹がある間はプールは控えるようにしてください。

手足口病のウイルスは体の中に1ヶ月近く残ると言われています。

1ヶ月待つか、症状が収まる2週間程度を目安とするのかはお医者に相談するのが1番です。

「これくらい治れば大丈夫じゃない?」と思って個人の判断で子供をプールに入れてしまって、最終的に他の子供に手足口病をうつしてしまっては大変なことになります。。

夏場は何かとイベントが多く、プールだけでなくお祭りなどもあるかと思いますが、人が多く集まる場所で手足口病にかかった子供が咳やくしゃみをしたら飛沫感染してしまう恐れもあります。

お友達同士でも手足口病にかかっている間は接触を避けるようにするのがベストです。

手足口病になったらいつまで休ませるべき?

手足口病はどれくらいで治るの?

手足口病にかかった時、休ませる日数は症状が軽いと1日~2日。

重く長引いてしまった時は1週間くらいになるのが一般的です。

1日~2日で登園出来る子の症状は比較的軽く、熱も1日で下がった、もしくは発熱しなかったり手と足だけの発疹で口の中には水泡ができなかった、いつも通りの食事や飲み物を普通に取ることができる、発疹があるものの痛がったり痒みがないということが多いです。

1週間休みをしてしまう子の症状は、熱が3日以上下がらない、手と足以外にも口の中にたくさん水泡ができてしまい口内炎を痛がるようになった、水分はとれても食事を嫌がる、体にでた発疹を痛がったり痒がったりするというような感じです。

とはいうもののこればっかりは個人差がある病気になるので、子供の症状をしっかり見てあげる必要があります。

登園できる目安は?

保育園や幼稚園に行ける基準としては、熱が平熱まで下がっている、食事や水分をいつも通りに取れる、発疹を痒がったり痛がったりしていない、口内炎を痛がっていない、というのが判断ポイントになります。

発疹自体は綺麗に消えるまで約2週間~1ヶ月ぐらいかかってしまうこともあるので、発疹があっても登園は大丈夫です。

お子様の症状によっては、お母さんも仕事を休まなくてはいけない状態が数日続く事もありますが、無理やり行かすと後で呼び出しの電話があったりする場合もあります。

登園は自分で判断することなく、園の先生やお医者さんの判断をもらってからさせるようにするのがベストです。

登園できそうな場合は、お医者さんや保育園や幼稚園に1度症状を相談してみて、仕事を早退できそうな時などは園にも職場にも一言伝えておくといいでしょう。

手足口病の予防には清潔が1番

毎年大流行する手足口病。

できるかぎりかかりたくない病気です。

この病気にはワクチンもありませんし、治す薬も存在しないため、早めに予防しておく事が大事になります。

それに加えて回復した後も口からは最大2週間、便からは最大1ヶ月にわたりウイルスが排出されてしまいます。

感染を防ぐための予防①

まず1つ目は徹底した手洗い、うがいです。

帰宅後はもちろん、食事の前やトイレの後適当に手洗いしていませんか?

必ず石鹸と流水で指の間や爪の間までしっかりと洗うようにしてください。

この時もし「感染しているかも?」と思ったら接触感染の原因にもなるので、タオルを共同で使うのはやめたほうがいいです。

感染を防ぐための予防②

2つ目は排泄物の処理です。

トイレやオムツの交換をする時にも注意が必要です。

乳幼児やまだオムツが外れていない子供の場合、便が飛び散らないように速やかにオムツを包んでビニール袋などにいれてください。

この時にオムツを変え終わったら必ず手を洗うことが大事です。

連続してオムツを替える時も1人の交換が終われば、すぐに手を洗ってから他の子のオムツを変えるようにしてください。

感染を防ぐための予防③

3つ目は集団生活です。

保育園や幼稚園の中なら集団生活は当たり前になってしまいます。

手洗いうがいはもちろんですが、おもちゃの貸し借りにも注意が必要です。

丁寧に洗浄したり綺麗に拭いたり消毒用エタノールなども使うといいです。

飛沫感染もありますのでマスクの着用も大事になります。


いかがでしたでしょうか?

夏にかけてピークを迎える手足口病。

感染してしまうと症状が軽い子ならまだしも、重いと休む期間も長くなり重篤化するような事もあるので安易にみてはいけない病気です。

日頃から手洗いうがいをしっかり石鹸でする習慣を身につけていき、トイレの後や食事前にもしっかり手洗いをさせるようにしてください。

出席停止の対象からは外れた手足口病ですが、お子様によっては発疹の痒がりや痛みが尋常じゃない子もいますし、食べ物も食べられない子もいるかと思います。

無理に食事をさせようとせず、ゼリーやアイスでも構わないのでその子が食べられる物を与えてあげるようにしてください。

登園する時は園によっては対応が違う所もあります。

入園説明会のしおりにしっかり目を通して、行かせるか迷った時はお医者の判断と在園中の先生に相談してから登園するのをオススメします。

もし登園できた時も一言先生に伝えて置くとお子さんの様子もきちんと見てもらえると思うので、連絡ノートや口頭で伝えておくといいですね。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばす器具を使えば本当に背が伸びるの?

  • ボーンペップの身長を伸ばす驚きの効果

  • 背が伸びる方法

  • 子供の癇癪(かんしゃく)・疳の虫の原因と対応法 辛くない育児法

  • 子供の身長を伸ばすために必要なこと

  • ノビルンの口コミは本当なの?ノビルンを徹底検証しました