1. TOP
  2. 子供の偏食の原因は何? 子供の偏食をなおすために必要なこと

子供の偏食の原因は何? 子供の偏食をなおすために必要なこと


この記事は約 9 分で読めます。 317 Views

偏食といえば、大人の健康に影響するものとしてしばしば問題になっていますが、現在では子供の偏食も問題になっています。

子供の偏食問題って知っていますか?

これは子供の健康や発育に影響を与えるだけではなく、その子供が大人になった時になかなかその偏食が治らないことで、成人病にかかったりもする大きな問題です。

子供の偏食には様々な原因があるので、その原因を突き止めることで改善することができます。

子供の偏食の原因と解決法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

偏食になる原因

初めて食べた時の印象が悪い

まず子供が偏食になる原因としてよくあげられるのが初めて食べたものの印象が悪い場合です。

子供は味覚の感覚が鋭く、苦みや酸味、辛みなどにとても敏感です。

また子供は経験が少ないのではじめてのものに悪いイメージを持つとそれがトラウマになってしまい、それ以降そういった食べ物に手をつけることを嫌がってしまいます。

子供がピーマンなどの野菜を嫌がるのはこの苦みに敏感であることが原因です。

また野菜は独特の生臭さや酸味があるので、子供のうちはそれが嫌で野菜嫌いになってしまう子も少なくありません。

この苦手のイメージを取り除くためにも親御さんは食事に様々な工夫を凝らす必要がありますね。

初めて食べた時に嫌な体験をした

子供は食事のときに、嫌な出来事などが起こるとその食べ物が悪いイメージで固定され食事を嫌がってしまう場合もあります。

例えば食事の際に食べ方を過剰に注意されたり、魚を食べたときに骨が喉に刺さったりするとそれがトラウマになってしまい、苦手意識を持つようになってしまいます。

こういったものが原因だと大抵は大人になるにつれて改善されていくものですが、あまりにも嫌な体験をしたと思い込んでいる場合はこの偏食癖が治らないこともあります。

できるだけ子供の心に傷を残さないように、楽しく食事をすることを心がけるのも親の大切な仕事の一つです。

食事の雰囲気が良いとそれだけで子供は楽しく食事ができるので、大人になった後でも引きずることはなくなります。

食物アレルギー

さらに子供が偏食になる原因としては食物アレルギーがあげられます。

現代はこの食物アレルギーが問題になっていて、このアレルギーをもつ子供が増え続けています。

アレルギーは程度に差がありますが、重度であれば命にかかわることも起こりえるので、慎重に対処をしていかなければなりません。

子供がもつ有名な食物アレルギーは卵、乳製品、小麦などが主でこれは年齢などを重ねると改善することが多いですが、子供のうちからこういった食べ物に馴染みがないと、大人になってもなかなか食べづらくなることがあります。

こういった問題を改善するには年齢ごとに定期的にアレルギー検査をすることで苦手意識を減らせることがあるので、もし心当たりがあれば子供を病院に連れていくことで良い結果が待っているかもしれません。

食わず嫌い

子供は食わず嫌いを起こすことも多く、これもまた子供のうちに改善していかないと大人になった後でも食わず嫌いのままになってしまいます。

たとえば、嫌いな色、嫌いな臭い、嫌な話を聞いたなどが原因で食わず嫌いになってしまうことがあります。

すでにご紹介した通り子供は感覚が鋭いので一度嫌なイメージを持つとなかなか改善されないことがあります。

苦手な色合いのせいでなんとなくまずそう、と思ってしまったりすることもあるので、そういった場合は親がレシピを工夫するなどして食べさせることをおすすめします。

また苦手な臭いがある場合はべつの食材と混ぜて臭いを分からなくさせるなどの処理を行うと良いです。

他にはその食べ物について嫌な話を聞いたなどの事例もあります。これは親がしっかりと本当のことを聞かせてあげることで子供も納得するので、話し合いをすることが大切になります。

食わず嫌いは一度食べてしまえば簡単に克服できることが多いので、口にさせるまでが頑張りどころと言えるかもしれませんね。

食べれるように工夫する

楽しいことに関連付ける

上の通りネガティブなイメージがあるとどうしても子供は拒否感を示してしまいます。

ですのでそのイメージを払拭するためにできるだけ楽しいことに関連付けることをおすすめします。

例えば幼少期であればアンパンマンなどのアニメや漫画のキャラクターに関連させたり、その子供が好きなものや興味を持つものに近づけたりさせるのも良い方法です。

キャラ弁当などのように苦手そうにしている食材の形を愛らしいものにするのも偏食なおすためには有効な方法です。

好きな食べ物と一緒に食べさせる

また苦手なものを克服させる方法としては、その子供が好きな食べ物と一緒に食べさせるのも一つの方法です。

特に子供は好きなものに関してはとても食欲が旺盛なので、この習性を利用しない手はありません。

すこしズルい方法になるかもしれませんが、子供が好きな食事にミキサーにかけて細かくした苦手なものを混ぜたり、ジュースに混ぜて飲ませるなど子供に悟らせないことも有効です。

言い方は悪いかもしれませんが、好きな物と一緒に勢いで食べさせる、気づかせないように食べさせてしまいましょう。

調理方法にひと手間を加える

他にも調理方法に少しの手間を加えることで、子供が食べてくれるようになることもあります。

上に書いた通り細かくする方法や、臭いがきつい食材などは他の調味料を使い臭いを消したりすることで食べやすくなったりもします。

これらは料理の腕の見せ所でもあるので、料理を作る親御さんは気合を入れる方も多いです。

子供の健康と成長のために料理にひと手間加えてあげてくださいね。

偏食の悪影響

肥満

子供が偏食をすることであげられる悪影響の一つが肥満です。

特に肥満を引き起こしやすいのがおやつや菓子パンなどの甘いものですね。

これらは子供の大好物でもあるので、親がきちんとしつけをしていないと際限なくドンドン食べ続けてしまいます。

また普段の食事をお菓子などで済ませるといったことになると、この癖が治らず大人になっても食事の代わりに甘いもので済ませてしまう、といった事例もあります。

こうなると子供は肥満を引き起こしてしまい、普通の食事による肥満よりも痩せにくくなってしまいます。

特に野菜の有無は重要で、野菜を食べずに甘いものなどを食べ続けることは最も危険です。

甘いものを食べてはいけないということではないのですが、親がしっかりと目を光らせて管理してあげなければいけませんね。

発育不良

子供の偏食によって引き起こされる問題としては発育不良も大きな問題です。

偏食の問題点は食事で摂取する栄養素が偏ってしまうことにあります。

とくに子供の発育には様々な栄養素が関係してくるので、バランスの良い食事と適度な量が必須となり、これをきちんと守らないと子供が健康的に成長することができなくなり、最悪のパターンでは発育不良を引き起こしてしまう恐れがあります。

この発育不良が起こると身長が伸びなくなったり、体に筋肉がつきにくくなったりするので、くれぐれも注意が必要です。

健康全般

また偏食をすることにより発育不良以外にも様々な健康を害する結果が出ることが分かっています。

例えば睡眠不足やスタミナ不足、貧血や自律神経失調症、栄養失調など、あげればキリがありません。

これらの結果から子供にすくすく育ってほしいと願う場合は食事は最も大切な要素であるといえます。

ですのでしっかりと肉や魚、野菜や炭水化物と基本的な食事を心がけるようにしましょう。

とにかく、子供は放っておくと、自分の好きな物ばかり食べてしまうので、できる限りの親のサポートが必要なんですね。

完璧を求める必要はないので、できる範囲でサポートしてあげることが大切です。

偏食をなおす時に気をつけたいこと

自分を責めない

もし自分が気づかないうちに子供が偏食になってしまった場合は、まず偏食をなおす前に自分を責めないことも大切です。

子供の食事に気を遣っていたとしても偏食になることもあるので、できるだけ自分を責めず冷静になって対処にあたりましょう。

特にママは子供のことに関してはストレスをためやすく自暴自棄にもなりやすいので、できるだけ気負わないことが大切です。

考えるのはいいのですが、考えすぎはいけませんよ!

子供を責めない

また自分を責めないだけでなく、子供を責めないことも大切です。

時には誰かのせいにしたくなる時もありますが、子供を責めるのも余計にストレスがたまるだけで精神的にも良くないです。

責めるのではなくあくまでもしつけとして子供の食事を徐々に矯正していくことを考えましょう。

また一気に食生活を改善することはやはり難しいので、ちょっとづつ食事の一品から変えてみるといった工夫を施していきましょう。

無理に食べさせないで、代用できるものは代用品を探す

子供が嫌がるものを無理に食べさせるのが難しい場合は代用品を探すのも一つの手です。

例えば野菜であれば生のものを使うのではなく、味が調えられた缶詰のものを使う、などといったちょっとした考えを変えることで子供が喜んで食べるようになったりもします。

また似たような栄養素が含まれている別の食物を使うなどといった手もあります。

どうしても子供が食べてくれない場合はサプリなどを試してみるのも良いでしょう。

現在では栄養補助食品としていろんな栄養素が含まれているマルチビタミンなども売られています。最初は抵抗感を示すかもしれませんが、子供の健康を考えるならこれもよい手段の一つです。

偏食全体の問題を考えるなら、子供だけではなくその親自身のこともしっかりと考えなくてはなりません。

あまりに過剰に偏食を治すことを強行してしまうと子供は嫌がり、さらに偏食傾向が強まってしまうことがあります。

ですので親自身がしっかりと子供の健康に関する知識を持って、冷静になり子供と接していきましょう。

子供に真摯に愛情を持って接することで子供はちゃんと期待に応えてくれるものです。焦らずいきましょう。

ポイント

偏食の原因や治し方は様々なものがあり、しっかりとその原因ごとの対処を行っていかなければなりません。

最初に持った印象が悪いなどといった原因の場合はなんとかそのイメージを書き換えられるように、アレルギーが原因の場合は病院で診てもらい、食べられる年齢になったらちょっとずつ食事に取り入れていくなどの対処法が基本的なものになります。

またメンタル面でもできるだけ病んでしまわないように楽しく食事できるような雰囲気づくりも大切です。雰囲気が悪いとせっかくの食事がおいしくなくなってしまうことになるので、明るい雰囲気を保ちつつゆっくりと食事を変化させていくのが最良であると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばす器具を使えば本当に背が伸びるの?

  • 身長はいつまで伸びる?身長を伸ばすためにするべきこと

  • 仮眠のコツと効果 上手に仮眠をとって疲れを吹き飛ばそう!

  • セノビックの効果 セノビックでホントに背が伸びるの?

  • 幼児におすすめの遊び 屋外で楽しめる遊びを紹介します!

  • 子供の最終身長を予測するには