1. TOP
  2. 共働きのママ必見! 子育てと仕事を無理なく乗り切るための秘訣

共働きのママ必見! 子育てと仕事を無理なく乗り切るための秘訣


この記事は約 13 分で読めます。 294 Views

共働きはの子育てはホント大変ですよね。

仕事だけで忙しくてクタクタになるのに、さらに子供の面倒まで見なければなりません。加えて旦那の面倒も…。

仕事が終わって一休み、といきたいところですが、保育園に迎えに行って家事をこなし、と全く休んでいる暇がありません。

そんな生活を続けていたら身も心もボロボロになってしまいます。

そこで、共働きで大忙しのママに子育てと仕事を無理なく両立するための秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク

ここがツライ! 共働きを子育ての両立

時間がない

共働きをしているママなら誰しも感じているのが時間がないことです。

早起きして、子供を送り出したり幼稚園に送って行って、仕事して、仕事が終わったらすぐにお迎えに行って、帰ったら家事と子供の世話と旦那の世話。

休日もやることがたまっていて自分の時間なんか全くない。旦那はゴロゴロしている。

気がついたら全く休めないまま寝落ちしている、なんて経験は誰にでもあるはずです。

共働きをしているママには時間がないのです。

体力がもたない

共働きをしているママはとにかく体力が持ちません。

それはそうですよね。朝は誰よりも早く起きて、休む暇もなく一日中働いて、家に帰ってからもやることが山積みです。

どんなに体力自慢のママでも毎日こんなハードなことをこなしていたらいつか潰れてしまいます。

共働きしながらの子育ては体力的に本当にツラいです。

精神的に色々ツライ

ママなら誰でもそうなのですが、特に共働きをしているママは基本的に責任感が強いです。

「私がやらなきゃ!」

「旦那はあてにならない!」

なんて考えている人も少なくありません。

さらに、周りに理解してくれる人や、協力してくれる人がいないと、一人で全て抱え込んでしまうママも多くおられるようです。

どんなことでも一人で何でもやろうとすると本当にツラいです。

共働きでも経済的にツライ

「共働きだから経済的には余裕がある」なんて考えるのは大きな間違いです。

特に時間が限られているママの仕事は給料がそんなによくない場合があります。

更に子供が病気をしたりなんかすると休まなければなりません。

旦那だけではなくママもフルタイムで働いていたりすると、子供の病気のために何日も休むことはできないケースが多いですから、旦那も仕事を休まなければならない場合もでてきます。

そうして、頑張って稼いだはずのままの給料のほとんどは保育料に…。よくある話です。

共働きでも経済的にツラいことが多いんです。

旦那の助けを120%利用する

一番身近にいるのは旦那さん

なんでも一人でやろうとすると、疲れやストレスがたまってきてドンドンツラくなってきます。

そんな時は一番近くにいる子供を育てる義務がある人、「旦那さん」を有効に利用しましょう。

とはいえ、旦那さんの中には「子育てはママの仕事」と考えている人が少なくありません。

仕事から帰ってきたらご飯を食べて風呂に入ってテレビを見てゲームをして寝る。休日はゴロゴロ。まるで大きな子供です。

そんな旦那さんにも子育てに参加してもらいましょう。

旦那さんが子育てに参加するようになるコツをご紹介します。

頼み方を変えると旦那はやる気を出す

「ゴロゴロしてるくらいなら洗濯もの取り込んできて!」

「お風呂くらい洗って!」

なんて言ったところで、旦那さんは育児に参加してきません。もし言われたことをやったとしても、その1回で終わってしまいます。

旦那さんに育児に参加してもらうためには「頼む時の言い方」がポイントになります。言い方ひとつでその後の参加の仕方がまるで違ってきます。

疑問形で気遣いながら簡単なお願いする

旦那さんを育児に参加させるための言葉使いのポイントは「疑問形で気遣いながら簡単なお願いする」です。

「ゴロゴロしてるくらいなら洗濯もの取り込んできて!」

ではなく、

「疲れているのにごめんなさい。持ってきて置いておくだけでいいから、洗濯物取り込んでくれる?」

です。

「お風呂くらい洗って!」

ではなく、

「仕事で疲れていると思うけど、簡単にお風呂洗ってもらってもいい?」

です。

頼み方をちょっと変えるだけで旦那さんの参加の仕方がまるで変わります。

やってもらったら大げさに褒めて大げさに感謝をする

せっかく旦那さんに仕事をしてもらっても、

「はい、ありがと」

みたいな、簡単な言葉がけで済ませてしまっては次につながりません。

ここは、大げさに褒めて大げさに感謝しましょう。イメージとしては保育園児に接する感じです。

表情豊かに、

「疲れているのにホントありがとー!助かったぁー!」

なんて感じで表情豊かに「ありがとう」「助かる」「嬉しい」などの言葉を交えて大げさに感謝すると、

「お、いい反応。これならまたやってあげてもいいかな。」

って思っちゃうのが男です。意外と男って単純にできています(笑)

これを積み重ねていきましょう。旦那が育児と家事に参加するのは当たり前な環境にしてしまいましょう。

ここで、注意するポイントがあります。旦那さんがやり方をわからなかったら丁寧に教えてあげましょう。

嫌な顔をしたり文句を言ったりしてはいけません。子供に教えるつもりで優しく教えてあげましょう。

周りに助けてもらう

両親がいれば時々頼ってもOK

近くにどちらかの両親がいる場合は、時々頼ってもOkです。

「子供が突然熱を出して病院に連れていきたいけど、今日の仕事は自分も旦那も絶対に休めない」

「病児預かりは緊急の場合には対応してくれない」

「保育園で子供が熱を出して呼び出された」

なんてことが子供が小さいうちは何回かあるはずです。

そんな時に頼りになるのが両親です。「頼むのは悪いから」なんて思う必要はありません。

頻繁にお願いするのは両親も嫌な気分になるかもしれませんが、時々であれば全く気にしないものです。

両親が近くに住んでいる場合は、もしもの時のセイフティーネットになってもらいましょう。

近くの友達を頼る

もうひとつセイフティーネットを作っておきましょう。

それは近くに住んでいる友達です。

両親ほど頻繁にはお願いできませんが、万が一のために保険をかけておきましょう。

でもいきなり「お願い!子供を迎えに行って!」では断られるのがオチです。

普段から一緒に遊びに出かけたり(その時子供は旦那に任せる)、頻繁に家に招いたり、旅行に行った時なんかはちょっと奮発したお土産を買ってきたりして二人の仲を深めておきましょう。

普段からママ友や友達とのコミュニケーションをとっておくことって、いざという時に助かりますよ。

病気にならないようにする

子供が病気になると大変です。

もちろん保育園に預けることはできなくなりますし、お医者さんに連れて行かなければなりません。当然会社は休まなければなりません。

その日だけで治ればまだマシなのですが、熱が何日も引かなかったり、1週間くらい保育園に預けることができない場合もあります。

子供の風邪が親にうつったりすると家族全員で寝込まなければならないかもしれません。

そうならないためにも、なるべく病気にならないようにすることが大切です。

まずは、簡単にできて、大きな効果がある手洗いうがいを徹底しましょう。子供にさせるだけではなく、親もしっかりすることが大事です。

風邪をひかないだけでもかなり負担が減るはずですよ。

日々の生活を振り返って考えてみる

働き方を変える・時短勤務にする

共働きをしているママにとっては、仕事のキャリアを大切にするか子育てを大切にするか本当に迷う時ですよね。いわば人生のターニングポイントと言っても過言ではありません。

やりがいのある仕事をしながら、子育てもしっかりやっていきたいと思っている人も多いはずです。

でも、いざそんな仕事を探してみるとなかなか見つかりません。あるのはパートの仕事くらいが関の山。フルタイムの仕事では定時に帰れない。なんてケースはたくさんあります。

子育てはとても大事なことなのですが、せっかくここまで頑張ってきた仕事のキャリアを失うのはもったいないですよね。

子育てをしながら今まで通り会社員としてキャリアを積んでいきたいと考えている人であれば、女性向けの転職サービスの「LiBzCAREER(リブズキャリア)」で自分がしたい仕事、時間の融通がきく職場を探すのがおすすめです。

リブズキャリアは業界初の女性の転職に特化した会員制の転職サービスです。

女性に特化した転職サービスなので、独自の豊富なルートで時間や勤務体制など、あなたの希望に合った転職をしっかりとサポートしてもらえます

無料で会員登録できますし、登録すると厳選された100以上の会社、そして、200人以上のコンサルタントからのサポートを受けながら自分の希望に沿う転職先を見つけることができます。

今までよりも条件がよくてお給料アップなんてことも珍しくないようです。

長い人生ですから、せっかくここまで築き上げてきたキャリアを失ってしまうのはとてももったいないです。子育て中も子育てが終わってからも好きな仕事を長く続けていきたいですよね。

子育てと仕事をちゃんと両立したいとお考えであればリブズキャリアを利用してみるのをオススメします。

そして、リブズキャリアに無料登録をすると、ステキな「うれしいお便り」が届くいのも嬉しいポイントです。

\女性が好条件の仕事を探すならココ!/

旦那さんに有給休暇をとってもらう

あなたの旦那さんは有給を利用していますか?

「旅行のためにとっておきたいから」

「周りが休んでないのに休めない」

なんて理由があるかもしれませんが、子供が病気の場合にはそんなこと言ってる場合じゃありませんよね?

そんな時に利用したいのが「子の看護休暇」です。

これってあまり知られていないんですが、子供が病気の時に休みをとれる法律があるんです。

こんな内容です。

育児・介護休業法第十六条の二

小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者は、その事業主に申し出ることにより、一の年度において五労働日(その養育する小学校就学の始期に達するまでの子が二人以上の場合にあっては、十労働日)を限度として、負傷し、若しくは疾病にかかった当該子の世話又は疾病の予防を図るために必要なものとして厚生労働省令で定める当該子の世話を行うための休暇(「子の看護休暇」という。)を取得することができる。

簡単にいうと、子供が病気やけがの場合は申請すれば一年に五日(二人以上の場合は十日まで)休みを摂れるということです。ただし、有給か無給かは会社によって違いがあるので、確認してみてください。

この制度を利用して旦那さんにも協力してもらうのはいかがでしょうか。

~すべきだという考えから抜け出してみる

「毎日洗濯しなきゃいけない」

「子供のために食事はちゃんと作らなきゃいけない」

「全部私がしなキャならないんだ!」

なんて考えている人って結構いるんじゃないでしょうか?

でも、何でもやらなきゃならない、~すべきである、なんてことばっかり考えていると疲れとストレスで倒れてしまうかもしれませんよ?

別に毎日掃除洗濯しなきゃならないなんて決まっていません。

むしろ、極力自分でやらない習慣を身につけた方が時間と気持ちに余裕ができて、仕事と子育てがうまくいくケースも多くあります。

旦那ができることは思いっきり褒めておだてればやってもらえます

 

自分で作らなくても出来合いの料理でもバランスのいい食事をとることができます

 

ときには家事代行サービスを利用してみる

 

掃除はルンバに任せてみる

 

洗濯機は乾燥までやってもらえるものにする

 

食器洗いは食洗機の仕事

など、少しお金がかかることもありますが、便利な家電などを使うことで時間と気持ちに余裕が生まれます。なるべく自分でやらないで済む方法を探してみるとかなり楽になりますよ。

何でも自分でやろうとしないで、いかに楽して仕事と子育てを両立できるかを考えてみてください。

何でも一度試してみる

とはいえ、今までやったことがないことを試してみるのはとても勇気がいります。

旦那さんに何かをお願いするのは簡単ですが、例えば、家事代行サービスを頼んだりするのは初めての時はかなり抵抗があると思います。

でも、何でも試しに一回やってみるという考えが大事だと思います。これって子育てにも仕事にも通じるポイントですよね。

やってみてうまくいかなかったら別の方法を試してみる。

うまくいったらもっとうまくいくように手を加えてみる。

仕事も子育ても家事も「トライ・アンド・エラー」の繰り返しですからね。

うまくいかなかったらやめればいいんです。

色々やっているうちにいい方法が見つかるものです。

怖がらずに何でも一度試してみることをオススメします。

ストレスをため込まないようにする

ずっと仕事と子育てばっかりしていたらストレスまみれになってしまいます。

たまには息抜きが必要です。

ストレスをため込まないように、こんなストレス解消法はいかがですか?

旦那さんが休みの日には子供を預ける

これはかなりストレス解消になります。

旦那さんが休みの日には子供を預けて友達と羽をのばしに遊びに出かけてください。

もちろんお願いするときは、疑問形で気遣いながらお願いをして、帰ったら大げさに褒めて大げさに感謝しましょう。

さらに友達と遊びに行くことで、友達との関係を深めることができるので、何かあった時のセイフティーネット作りにもなります。

また、友達に話を聞いてもらったり、ママ友なら愚痴り合ったりすることもかなりのストレス解消になります。

でも、いちばんの目的は自分が楽しむことです。

「大丈夫かしら?」

なんて思うかもしれませんが、その不安は99%現実にはならないものです。

美味しいものを食べたりして、とにかく自分が思いっきり楽しむことに集中しましょう。

もちろんお土産と感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

自分の両親に子供を預けて旦那さんと出かける

共働きで子育てをしていると、旦那さんと二人きりの時間ってほとんどないですよね。

二人っきりのデートなんてほとんどしなくなると思います。

そんな時は、少しの時間だけでも両親に子供を預かってもらって、旦那さんと二人でお出かけしてみるのはいかがでしょうか。

子供と一緒だと、どこにいてもゆっくりと過ごすことができませんが、旦那さんと二人っきりならゆっくりと過ごすことができます。

二人っきりの時に、

「疲れているのにいつも家事や子育て本当にありがとう、ホントに助かります。これからもよろしくね」

なんて言葉をかけたら、今まで以上に旦那さんは協力してくれるはずですよ。

夫婦仲も良くなりますし、たまには二人っきりでお出かけしてみてはいかがですか?

完璧は求めない

完璧は求めない方がいいです。

そもそも完璧にできる人なんていませんから。

少しくらい手を抜いたっていいんです。たまにはレトルトを出したって問題ありません。

掃除も毎日しなくたっていいじゃないですか。

どうしてもしなきゃならないことだけ自分でするようにして、あとは旦那さんや周りの人達、便利な外注サービス、便利家電にも協力してもらいましょう。子供さんにだってできるお手伝いはたくさんあります。

ママ一人だけ頑張っていてはいつか倒れてしまいます。

みんなで協力し合って、みんなが無理なく生活する。

共働きの子育ては完璧を求めない方がうまくいくものなのです。

ポイント

共働きの子育ては時間もないし体力的にもキツイものですが、旦那さんや周りの人に上手に協力してもらうことでそれまでよりもずっとうまくいくようになります。

子育てを頑張りたいでど、仕事も大事にしたいとう場合は、サポート体制がしっかりしている会社に転職することも考えてみましょう。子育てのために自分のキャリアを犠牲にする必要はありません。

完璧は求めないようにしましょう。みんなで協力して、使えるものは有効に使って、適度にストレスも解消して共働きの子育てを頑張っていきましょう!

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 幼児におすすめの遊び 室内で楽しめる遊びを紹介します!

  • セノビックの効果 セノビックでホントに背が伸びるの?

  • 身長を伸ばすためのビタミンI(愛)って?

  • 身長が伸びる寝方(姿勢や習慣など)

  • 身長を伸ばすストレッチ

  • 男の子の育児は男の子の特徴を知っていればうまくいく!