1. TOP
  2. 子供の便秘解消法 即効の方法を紹介します!

子供の便秘解消法 即効の方法を紹介します!


この記事は約 9 分で読めます。 395 Views

子供のウンチが出なくて困ることってありますよね。何日も出ないと心配になります。

子供はなかなか自分では体調管理が出来ないものです。

もし子供が便秘になってしまったら親がしっかりサポートしてあげる必要があります。

そこで、子供の便秘を解消するための方法をご紹介しますので、ぜひお子さんの便秘解消の参考にしてください。

スポンサーリンク

お子さんの便秘を解消する食べ物

便秘解消のための食べ物を食べさせる前の注意点

子供の便秘解消のための食べ物とはいっても、いろんな種類があります。まずは、このポイントを知っておく必要があります。

また、幼いお子さんなどの場合、他の年代の方々向けの便秘解消の食べ物を与えたりすると、便秘が解消しない、あるいは下痢などの副作用が出たりしてしまうような事態にもなりかねません。

そのようなことにならないように、お子さんの年代や本人の体質などに合うものを探すことがとても大切です。

ご飯のおかず用の具材類

幼いお子さんなら誰でも食べられる便秘解消のための具材としては、柔らかい『わかめ』類などが最適な海藻類として挙げられます。わかめスープなどで積極的に食べさせてみてください。

また、野菜を食べないことで、繊維質が不足して便秘になる子供が多いです。そこでオススメなのが「おから」です。

「おからハンバーグ」や「おからクッキー」などを作って食べさせてあげるのもオススメです。

特定の食べ物アレルギー体質があるお子さんでもこれらの食べ物なら食べられるメリットがありますので、調理方法などもその子に合わせたスタイルで難なく食べさせていきやすいといった点でも大変おすすめです。

麦芽とでんぷんを合わせて作った甘味料の「麦芽糖」もオススメです。

麦芽糖は、ブドウ糖に分解されない性質があるのでお通じをスムーズにしてくれます。赤ちゃん用の便秘薬にも配合されているものなので、お料理に加えたりして使ってみてはいかがでしょうか。

果物類のおすすめ

果物類と言えば、幼いお子さんでも難なく食べられて水分をたっぷりと含んでいる『スイカ』などがおすすめなものとして挙げられます。

種部分などを取り除いてあげながら食べさせていく、あるいは最初から種無しである種類のものを食べさせる、などといった配慮をしてあげれば、難なく子供も食べれるので便秘解消には果物は本当に申し分ありません。

果物はスイカに限定されるものではないので、水分をたくさん含んでいる果物を食べさせてみてください。

ただ、スイカですが、天ぷら類との食べ合わせが科学的に良くない事が証明をされたりしていますので、そこは気をつけて食べさせてあげてくだいね。

子供の便秘を解消する飲み物

科学的根拠の立場からの排便等の効果を考える場合は、あの有名な「ヤクルト」などが向いているような感じもします。どんなお子さんでもグイグイ飲めて人気があります。

しかし、飲ませすぎたりすると、お子さんによっては下痢になることが指摘をされたりしているので、安全面での確実性が完璧に保証をされているものではないようです。

そうしたことを考えると、ヤクルトももちろんオススメなのですが、副作用的な効果を伴わなくて、美味しく飲めることが大切ですよね?

排便面などでもちゃんと体調管理ができる飲み物としては、カゴメの『野菜生活100紫の野菜』と山田養蜂場の『はちみつ青汁』などが、いいかもしれません。

これらはどちらも成長過程のお子さんの飲み物としても、大変適した作りになっているので、一度飲ませてみてはいかがでしょうか。新陳代謝促進・増進面でも効果的なメリットがあります。

ただ、二つとも独特の濃厚な甘さがあるので、お子さんの中でも好き嫌いがハッキリするようです。

「ヤクルト」「野菜生活100紫の野菜」「はちみつ青汁」、これらの飲み物は、幼いお子さん自身の便秘解消にはとてもオススメです。

子供の便秘を解消するための生活習慣

お子さんの便秘解消になる、生活習慣はどんなことをすればいいのでしょうか。

便秘解消につながる生活習慣をみていきましょう。

生活のリズムを整える

生活のリズムを整えることはとても大切です。

毎日決まった時間に起きる、きちんとご飯を食べる、外で元気に遊ぶ、夜更かししないで早く寝る、といったきちんとした生活習慣を取り入れることで、便秘解消につながります。

朝起きたら水(白湯)を飲む

寝起きの一杯の水は腸にとってとてもいいことです。

寝起きに水を補給することで、腸も目を覚まし活発に動いてくれるようになります。

スグに効果が表れることはないかもしれませんが、毎日続けることできっと効果が表れてくることでしょう。

決まった時間にトイレにいってウンチをする

ほとんどの人が経験あると思いますが、いつも同じような時間にトイレに行きたくなりませんか?

どうやら、ウンチの時間はある程度習慣化されてるみたいです。

特に何時がいい、という時間はありませんが、毎日決まった時間にトイレに行ってウンチをする習慣をつけるようにしましょう。

人気がある時間帯は朝ごはんの後のようです。朝ごはんのあとに済ませておけば、学校でしたくならずに済みますからね。

外で遊んで体をたくさん動かす

外で体をたくさん動かせば、室内で遊ぶよりもずっと腸を動かすことになり、排便もスムーズにいくようになります。

また、程よい疲れで熟睡できるようになるので、睡眠中の腸の動きも活性化して翌朝の排便にもいい影響があります。

さらに、外での遊びはストレス発散にもなりますしね。

親子そろって外でたくさん遊べば便秘知らずの家庭になれるのではないでしょうか。

食事は和食を心掛ける

いつも和食ばかり食べる必要はありませんが、食事は和食を中心にした方が便秘に悩まされずに済みます。

ポイントは日本食に多く含まれている食物繊維です。

食物繊維は腸内細菌のエサになるので、腸内環境が整い便秘解消につながります。

さらに、「健康は腸内環境から」と言われるほど腸内環境は大切です。

便秘解消と健康のため食事は日本食を中心にしてみましょう。

ウンチが出ても出なくても褒める

特に小さいお子さんの場合、便秘になって便が硬くなっていると、出すときに痛いためにウンチをすることが怖くなってしまう場合があります。
そこで、大切なことはウンチが出ても出なくても褒めることです。

出ても出なくても褒めましょう。そして親が大喜びしましょう。

そうすれば、「ウンチをすることは楽しいことだ」と覚えてくれます。

今後のウンチ習慣のためにもトイレに座ったら褒めてあげましょう。そしてトイレに座ったことを喜んであげましょう。

子供の便秘を解消するマッサージ法と体操

「の」の字を描くお腹のマッサージ

小さいお子さんにおすすめなのがお腹のマッサージです。

やり方は簡単。おへそを中心に便の流れに沿って「の」の字を描くようにマッサージしてあげるだけです。

お腹にウンチとガスがたまると苦しいですよね。ウンチとガスを流してあげるようなイメージでマッサージしてあげましょう。

ただし、手は温めてからマッサージしてくださいね。冷たい手でお腹をさわるとビックリして余計調子が悪くなるかもしれません。

そして、お腹のマッサージはスゴイリラックス効果もあるのでとてもオススメです。

便秘を解消する体操

便秘を解消するために体操をすることもオススメです。

一つ目は足をバタバタさせる体操です。

仰向けになり、膝を伸ばしたまま水泳のバタ足のようにゆっくりと足をバタバタさせるだけです。とても簡単ですね。

10~20回を目安に行ってください。

二つ目は仰向けになってつま先をのぞく体操です。

仰向けになります。そしたら、両手を頭の下で組みます。その体制で上半身を少し上げてつま先が見えたらもとの体勢に戻ります。

この動きを10回繰り返します。これもとても簡単にできますよね。

ポイントは顔だけを上げるのではなくて、上半身全体をほんの少し上げる感じで行うことです。お腹を意識してやってみてください。

子供の便秘を解消するために、してはいけないこと

便秘になる原因の多くは生活習慣にあると思われます。

「早寝早起き」「しっかり水分をとる」「毎日同じ時間にトイレに行く」など、すでにご紹介したように、まずは生活習慣を改善することを第一に考えましょう。

「夜更かし」「偏食」「運動不足」などは便秘になりやすくなるばかりではなく、健康面にも成長面にも悪影響を与えることになります。

そして、便秘解消法を試してみて便秘がなおったからといって、安心してしまい、良くない生活習慣に戻ってしまってはいけません。

良くない生活習慣は、再度お子さんを便秘で苦しめてしまう原因になってしまいます。

子供は自分で体調管理ができないので、しっかりとサポートをしてあげてください。

どうしても治らない時には医者の助けを借りよう

家庭でできる便秘解消法を色々試してみても治らない場合には、小児科などでの専門医の先生による受診などをしてもらいましょう。

浣腸をしてもらえたり、下剤を処方してもらえたりするはずです。

ただし、浣腸や下剤に頼ってばかりいると、自力で排便をするための筋肉が弱ってしまい、後々とても苦労することになります。浣腸や下剤に頼るのはどうしようもなくなった時のみにした方がいいかもしれません。

また、ネットや電話相談などでの専門医の方による質疑応答コーナーなどを利用する方法もあります。

とはいえ、便秘がひどい場合は病気の可能性もあるので、専門医の先生に診てもらうことがベストな方法である事は言うまでもありません。

お子さんが便秘になると本人が苦しいばかりではなく、親もとても心配になります。なるべく早く便秘解消できるように、まずは生活習慣の改善から始めてみましょう。

子供は自分で自分の体調管理はできません。子供の便秘解消、健康、成長のためにもしっかりと親がサポートしてあげましょう。

どうしても便秘がなおらない場合は他の病気の可能性も考えられます。その時はお医者さんに見てもらいましょう。

ポイント

子供にとっても便秘はつらいものです。まずは食べ物や飲み物、生活習慣の改善をして子供がスムーズな排便ができるようにしてあげましょう。

子供は自分で便秘を解消することはできません。しっかりと親がサポートしてあげることが大事です。

生活習慣を良くしても、何日もウンチが出なくてどうしようもなくなった時には、病気の可能性もあるのでお医者さんを受診しましょう。

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • コンパクトサイズの学習机 リビングでも使いやすいおすすめ10選

  • ウエストのくびれを作るダイエットにはエクササイズが効果的!

  • 筋トレが身長止まる原因になるの?

  • 小学生が社会科を好きになるために親がするべきポイントと注意点

  • 女性でも簡単にできる腹筋の鍛え方 お腹をキュッとしめよう!

  • 低身長の子供のメンタルケア