1. TOP
  2. 骨端線を復活させる方法はあるの?

骨端線を復活させる方法はあるの?


この記事は約 9 分で読めます。 1,632 Views

身長に関する悩みを抱える人は意外と多く、なんとかしたいと思っている方も多くおられます。

身長を伸ばしたいと考えたときに頭に浮かびやすいのが骨に関することですが、身長に関係するのは骨端線という部分ということはあまり知られていません。

この骨端線が成長することで身長が伸びるので、現在では骨端線の重要性が見直されています。

スポンサーリンク

骨端線ってなに?

骨端線があるから身長が伸びる

身長が伸びるためには骨が関係していると言いましたが、具体的には骨の骨端軟骨と呼ばれる部分が大きくなり骨化することで骨が伸びて、結果として身長が伸びることになります。

この骨端軟骨はその名の通り骨の端にある柔らかい軟骨のことで、身長に関しては特に背骨と脚の骨端軟骨が関係してきます。

これらの骨端軟骨が成長すると骨と一体化していき、さらに新しい骨端軟骨ができ、そのサイクルが繰り返されることで身体が大きくなっていきます。

このサイクルを繰り返す時にできる骨と骨端軟骨の境目を骨端線といい、これが骨に見られる場合はまだ成長する伸びしろがあるということになります。

この骨端線がその判断基準となるので、気になる方はレントゲンなどを使うことで確認できます。

骨端線はサインを出している

基本的にはこの骨端軟骨の成長は思春期で終わると言われており、それにより骨端線は次第に消えていきます。これが思春期と成長期が同居している理由であるともいえます。

特に成長期の真ん中あたりではこの骨端軟骨の入れ替わりが激しく行われるので、それに伴い痛みが出てくるときがあります。これはいわゆる「成長痛」といわれるもので、思春期の時に体感した方も多いのではないでしょうか。

またこの成長痛は骨の成長スピードと筋肉の成長スピードのずれも関係してくると言われていて、骨の成長に筋肉が追い付かず引っ張られることで炎症などを引き起こし、それが痛みとしてあらわれたりもします。

骨端線からはこのように体になんらかのサインがあらわれることがあるので、それを基準とすることにより成長を実感できたりもします。

しかし、骨端線が閉じることによりこれらのサインが知覚できなくなり、そうすると成長が止まったことを意味します。

骨端線がなくなる(閉じる)仕組み

ホルモンの働きで骨端線が閉じる

上の説明の通り骨端線がなくなると成長が止まると言われていますが、具体的にはそれは骨端線が閉じることで起こります。

この骨端線が閉じるのは上にもある通り、思春期が終わるころに起こりますが、具体的にそれは思春期にホルモンが分泌され、それが落ち着いてきたころの時期になることが多いです。

このように骨端線は思春期の時期と密接に関係しているので、身長が伸びなくなったなと感じた場合は骨端線が閉じかかっていると考えた方が良いでしょう。

骨端線の損傷にも注意が必要

また骨端線が閉じてしまう原因としてその骨端線が損傷してしまう事例もあります。このような症例はその名の通り「骨端線損傷」と呼ばれておりこれは子供だけに起こりうる特別な症例です。

主に成長途中の子供が怪我などにより骨端軟骨がはがれてしまう症例で、女の子よりも男の子がこの症例にあいやすいと言われています。

これは軟骨自体が柔らかい部位であることも理由になりますが、女の子に比べ男の子の方が軟骨が脆い傾向にあることも関わってきます。

この骨端線損傷の後遺症により骨端線が閉じてしまうといった事例もあるにはありますが、損傷後適切な処理をすれば後遺症は残りにくくなります。

しかし処置を間違えると閉じてしまうことはなくても、身長が伸びにくくなったり、また骨端軟骨がズレるといったこともあり得るのできちんとしたお医者さんに診てもらう必要があります。

これらのように骨端線が閉じるのは主に思春期の終わりと骨端線損傷の二種類が原因と言えます。

骨端線損傷は回復の見込みがありますが、思春期が終わって閉じた骨端線はまた開くことはあるのでしょうか?

骨端線を復活させることはできるのか

ここで考えたいのが骨端線がまた復活することはあるのか、ということです。

結論からいうと一般的に閉じてしまった骨端線を復活することはできません。

身体が成長が終わったと判断したときに骨端線は閉じていくので、これをまた開かせるのは自然の摂理に反してしまいます。ですので骨端線が一度閉じるともう元には戻らないと考えるべきです。

骨端線が閉じるのは性別や子供の成長、親の遺伝など、様々な要因で個人差があるのではっきりとその時期を特定できるわけではありません。

しかし大体その時期は思春期の終わりごろの15歳から18歳の年齢に閉じることが多く、これらの時期から身長に伸び悩む子供が多いです。

また女の子はもうすこし早い段階から骨端線が閉じることもあります。

この時期が来るまでの間にどのように身長を伸ばしていくか、などの具体的なプランをたてておくのもよいかもしれません。

例えばバレーボールやバスケットボールなどの身長が伸びやすそうなスポーツを行うように勧めたり、また体作りを行うために普段より多めに食事を食べさせるようにするなど、考えることは様々あります。

また後述しますが、睡眠も身長を伸ばすのに重要な要因の一つなので、睡眠時間などを決めておくのも良いです。

これらのことからやはり身長をのばしたいと考えるなら、骨端線が閉じる前に十分に成長させることがとても大事なことになります。

骨端線がある間に身長を伸ばすことが大切

成長ホルモンと食事について

普通に身長を伸ばしたいと考えるならやはり骨端線がある間に身長を伸ばすことを考えましょう。

骨端軟骨を大きくするためにはホルモンが大きく関わっており、特に成長ホルモンは重要な要素の一つになります。

この成長ホルモンにより骨端軟骨が働き始め、コラーゲンが生成されていきます。そして次にカルシウムとマグネシウムの二つの成分がそれに吸着しどんどん骨が作られていきます。

この骨が作られる仕組みをみると成長に必要な要素が分かってきます。

まず成長ホルモンですが、このホルモンは主に睡眠時に大量に分泌されます。睡眠の質が良ければ良いほど分泌量は多くなります。ですので身長を伸ばすために必要なものとして睡眠がよくあがるのはこれが理由です。

他にも成長ホルモンは運動時などにも分泌されることが現在の研究結果では分かっています。

またコラーゲンを生成するために必要な栄養素は「たんぱく質」で、身長を伸ばすためには一番欠かせない栄養素なので、このたんぱく質は十分に摂取する必要があります。

さらに必要となる栄養素が「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンD」ですが、これらも食事から摂取することが理想です。これらの栄養素が入った食事をしっかりととることを習慣化しましょう。

身長の伸びに大切な時期とは

続いて知っておきたいのが身長を伸ばすために大切な時期です。

身長を伸ばすために大切な時期を知っておくことで、その時期の食事や睡眠などの生活習慣を見直すことができます。

身長は思春期に一気に伸びるので、「身長を伸ばすためには思春期が大事」と思われていますが、成長率の違いこそあれ、身長は生まれてから骨端線がなくなるまでずっと伸び続けています。

そのため、「もうすぐ骨端線がなくなるから生活習慣を改めよう」なんて思ったときにはもう遅いと思ってもいいかもしれません。

大切なのは、食事、睡眠、運動などをきちんとする良い生活習慣を早い段階から取り入れて継続することです。

良い生活習慣が身長の伸びに大きく影響してきます。

これらのことに注意しながら運動や睡眠、食事などの生活習慣を見ていきましょう。

骨端線がある間に身長を伸ばすためにするべき生活習慣

食事のポイント

ここまで書いた通り身長の伸びに特に大事な生活習慣は、食事、睡眠、運動の3つです。

基本的にはバランスよく食事をすることが大切ですが、欠かさず摂取したいのが、「たんぱく質」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンD」です。この5つは身体の成長に特に欠かせない要素なので意識的に取り入れるようにしましょう。

これらの5つの栄養素は食事から摂取するのもよいですが、身長を伸ばすサプリメントなどを利用するのもひとつの手です。サプリメントはこれらの栄養素だけでなく、それが吸収されやすくも作られているので身長を伸ばすことを考える方におすすめできます。

現代の食生活は栄養が偏りがちになりますし、レトルトやインスタント食品に含まれている成分のせいで、身長の伸びに必要な栄養素が体外に排出されてしまったりするので、サプリメントを使って栄養を補給するのはとても効率的です。

今ではスムーズに身長を伸ばすためにサプリメントを積極的に利用している人が多く多くおられます。

睡眠のポイント

続いて睡眠ですが、これは普通の早寝早起きがベストです。

規則正しい生活を送ることでよく眠れるようになるので、しっかりと心がけたいものです。

また睡眠時間が多すぎるのも体に良くないのでほどほどにしておきましょう。

一番睡眠を妨げる原因となるのがストレスです。

心身ともに健康でいるためにはストレスは敵となるので、もしも悩みがあればしっかりと解消しておきましょう。

また、質のよい睡眠をとるためにはリラックスすることがとても大切になるので、睡眠前に十分リラックスできるように自分なりにリラックスタイムを作ってみてはいかがでしょうか。

運動のポイント

適度な運動も重要なポイントです。

適度な運動は成長ホルモンを促しやすくなりますし、またこれが食欲増進や良い睡眠にもつながります。

特に子供の場合は何か得意な運動を見つけてあげることで、成長に良い影響を与えることになるでしょう。

ポイントは、やりすぎないこと。無理をして骨端線に深刻なダメージを与えてしまっては、身長の伸びが妨げられる恐れがあります。

ストレスにならない程度の楽しく行える運動をするようにしましょう。

小さいお子さんであれば、特にスポーツをしなくても公園で友達と走り回ったりしているだけで十分にいい効果が期待できます。


基本的な食事、睡眠、運動ですが、やはりこれらをしっかり行うことで自分の理想とする体に近づいていきます。

身長が伸びる時期は子供が自ら自分の生活をコントロールすることが難しいので、しっかりと親御さんがサポートすることが大切になります。

子供のことをしっかり考えた食生活や生活習慣を送らせてあげることですくすくと子供は育っていきます。

また身長が伸びないと子供が悩んでいる場合も、しっかりと対応してあげることでそれが子供の心の安心にもつながります。

普段の生活をサポートし、しっかりと見守ってあげるのも親の役目なので、それも心に留めておきましょう。

ポイント

残念ながら骨端線を復活させる方法はないという結論になってしまいますが、それでもしっかりと成長期にサポートしてあげることで、子供たちはちゃんと成長していきます。

なにより大切なのが規則正しい生活や食事、睡眠や運動、そして親がそれらをしっかりと見守り相談に乗ってあげることが重要です。

また現在では「身長をのばせる」といった怪しい商品や広告も多いです。そういったものに引っかからないように見極めるのも親の仕事のひとつです。子供はまだ経験も浅く、そういった目を養っていないので、親がしっかりとサポートしてあげることが重要です。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • o脚を改善するストレッチと運動 実践するだけで驚きの変化が!

  • 痩せる運動を室内でしよう!家の中でも簡単にできるダイエット法

  • 身長を伸ばすサプリ 大人に有効なサプリメントは?

  • 「IGF-1(ソマトメジンC)」が身長を伸ばす働き

  • 成長曲線のグラフの書き方と計算方法

  • 身長を伸ばすサプリや薬はあるのか?