1. TOP
  2. 身長はいつまで伸びる?身長を伸ばすためにするべきこと

身長はいつまで伸びる?身長を伸ばすためにするべきこと


この記事は約 9 分で読めます。 532 Views

誰もが気になる身長。

でも、気がつけば伸びなくなっているものなのです。

自分の子供の身長も高くなってほしいなと思っている親御さんもたくさんおられますが、身長には伸びる時期やラストスパートの時期、そして止まる時期があり、いつまでも伸び続けるものではありません。

そこで、身長と関係する思春期前と思春期を中心に身長の伸びについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

思春期が終われば身長は伸びなくなる

骨端線があるから身長が伸びる

子供の身長には思春期前までの時期と、思春期が深く関係しています。

ほとんどの人が高校生くらいで身長の伸びが止まりますよね?

子供が思春期を終えてしまうとほとんど身長はとまっといっても過言ではありません。

何故かというと体のメカニズムが関係してきます。

まず初めに骨端線ってご存知ですか?

普段生活するうえではなかなか聞き慣れなれない言葉だと思います。骨端線は子供のうちには必ずあるもので、この部分が伸びることにより身長が伸びるということになります。

この骨端線は骨と骨を繋ぐ関節部分になり固い骨ではなく軟骨部分になります。

この骨端線が1番伸びるとされているのは生まれてから1年と言われておりこの1年間は約1.5倍も身長が伸びると言われています。

骨端線は徐々になくなっていく

物凄い速さで成長する骨端線ですが、そこから緩やかに伸びていき4歳頃で約2倍になりさらに緩やかになり年間で5センチ~7センチほどの伸びになってきます。

それが終わると思春期になりますがこの思春期は身長を伸ばす最後のチャンスだといってもいいでしょう。このチャンスを生かせないと骨端線は徐々に閉じて(なくなって)いき、それ以降は身長が伸びることはありません。

思春期は体が少しづつ大人に変わっていく時期であり、男の子なら筋肉がついたりヒゲがはえたり、女の子なら胸の膨らみや初潮を迎えたりなど変化が起こります。

それだけでなく男女ともに生殖機能まで発達してくるようになり、そのスピードと比例して身長もラストスパートをかけるようになります。

この変化が終わってしまえば骨端線は閉じてしまうため骨も固くなり骨が伸びなくなるので身長が伸びる事はありません。

とはいうものの、思春期の終わりにも個人差があるので絶対とは言いきれませんが大体は思春期とともに身長も終わりを迎ます。

思春期の到来を遅らせれば身長は高くなる

思春期を遅らせることが大切

先程、思春期が終われば身長は伸びないといいました。

少しでも身長を伸ばすために思春期に入ることを遅らせてあげることも重要になってきます。

それはどうすればいいのかというと子供は子供らしい生活習慣を送ることです。

今は大人と同じように睡眠時間が短いお子様も多いのではないでしょうか?

睡眠時間が少ないと早熟傾向が高まってしまうため寝ることは大事です。

また思春期の到来には個人差はあるものの性ホルモンの影響もあります。

この性ホルモンをいかに分泌させずにいけるかが思春期を遅らす重要な鍵になります。

そのためにまず睡眠時間を増やすことが大切です。睡眠中にはメラトニンというホルモンが分泌されこれが性ホルモンを抑えてくれます。そのため夜更かしをしていたり睡眠不足が続いてしまうと抑制できなくなり思春期の到来が早くなります。

休みの日にいつまでも寝ているというのではなく早寝早起きを心がけて体内時計をリセットする事でメラトニン分泌を増やす事にも繋がります。

肥満予防も大切

2つ目は肥満予防です。

皮下脂肪から分泌されるレプチンと言われる物質は性成熟と関係しています。

このレプチンの分泌が増えると早熟傾向が高まってしまうため肥満体型だったりちょっとぽっちゃりさんは気をつけなければいけません。

小さいうちからしっかり運動して改善しておきましょう。

3つ目は体脂肪です。性ホルモンの原料は体脂肪なんです。この原料が豊富だとちょっとしたことで性ホルモンをたくさん生産してしまい思春期を早く迎えたり、思春期が早く終わることになります。

子供の体型維持も大人の重要な役割になりますのでしっかり管理してあげてください。

これを踏まえて考えていただきたいてますが、思春期を遅らせることはなんもデメリットもありません。

メリットとしてあげられるのはなんといっても身長が高くなると言うことです。

思春期に入る時期を遅くしたり、思春期の終わりを伸ばしてあげれば、緩やかながらも身長は伸びていきます。小学生だけでなく中学、高校になっても生活習慣を見直せば最終的に身長は伸びます。

そのためには睡眠時間をしっかりとり、肥満予防もしっかりと心がけてください。

思春期の到来を遅らせるにはどうすればいいのか

成長ホルモンが骨端線を伸ばす

前述で睡眠時間は大事だと説明しましたがもう少し詳しく説明していきます。

もちろん睡眠だけでなく食事は運動も大切ですが、睡眠中は成長ホルモンの分泌が最も盛んに行われるため昔から寝る子は育つというのは間違いではありません。

疲労回復させたりリラックスできる睡眠は私たち人間には必要不可欠になります。

ですが、残念な事に日本は世界でもワースト2位にはいるほどの寝不足の国になっています。これは大人だけでなく子供にも当てはまってしまいます。

大人が寝る時間が遅いので必然的に子供の睡眠時間も短くなります。また、ゲームや携帯などが拡散すればするほど削られていきます。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるといいましたが、この成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンのひとつなり、これが骨端線の軟骨部分を刺激することで増殖し骨が長くなり身長が伸びます。

メラトニンが思春期の到来を遅らせるカギになる

成長ホルモンの他にメラトニンも分泌されます。このメラトニンが思春期の到来を遅らせてくれます。

メラトニンは暗くなると分泌されることから、体内時計のリセットをしてくれる役割も果たします。夜になると眠くなるのはこのメラトニンが分泌されているからです。

ですが、いつまでも夜更かしをしいたり寝るぎりぎりまで部屋の電気を着けたりしていると、それだけでメラトニンの分泌を減らしてしまい結果的にスムーズな眠りはできません。

メラトニンをスムーズに分泌させるためには質のいい睡眠を確保する必要があります。

メラトニンをたくさん分泌させるためには寝る2時間前にはテレビ、パソコンら携帯など光を浴びないようにしてください。

遅く食事を取ることもあると思いますが寝る前にとってしまうと消化作用を行ってしまうため熟睡はできません。

睡眠にはノンレム睡眠というのがあり寝始めてから最初にくるノンレム睡眠の時に1番成長ホルモンとメラトニンの分泌が盛んになります。

しっかり質のいい睡眠をとることができれば、思春期の到来を遅らせる事ができ身長も伸びていきます。

身長を伸ばすために思春期に入るまでにしておきたい事

アルギニンを確保するためにたんぱく質をしっかりとる

ここでは思春期突入までにしておくことを紹介していきます。

思春期までは骨端線があるといいました。これが伸びることで身長が伸びますがそのためには成長ホルモンが大事ですよね。

その成長ホルモンを最大限分泌させえあげることで、身長の伸びに繋がっていきます。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンの1種だといいました。成長ホルモンは睡眠中に最も分泌され、運動時なども分泌されます。

この成長ホルモンと関係しているのがアルギニンになります。

アルギニンはアミノ酸の1種であり子供の頃は体内で作られないため必須アミノ酸になります。

アルギニンは成長ホルモン分泌を促進させる働きがあり、低身長はどの病気の治療法の1つにも用いられています。

体内で作られないので摂取する必要があり大豆類や肉、魚などにも含まれています。子供の頃は好き嫌いがあったり偏食もありますが、身長を伸ばすためにはしっかり取り入れたい栄養素になります。

バランスのよい生活習慣が大事

「背を伸ばす5大栄養素」の中でも身長を伸ばすための栄養素について詳しく紹介しているのですが、上に挙げたたんぱく質だけではなく、骨の強さを左右し土台づくりにもなるカルシウム、それと同じ働きをしながらも精神安定効果があるマグネシウム、骨を沈着される作用のあるビタミンD、アミノ酸をもとにたんぱく質の合成をを助けてくれる亜鉛など思春期までにしっかりと食事で取っておく必要があります。

それから運動ですが運動開始時15分頃から終了3時間まで成長ホルモンが分泌すると言われています。

小さいうちだとジャンプしたり小学生だと縄跳びなど骨端線を刺激することで身長の伸びに繋がります。

小学生ぐらいまでなら家で一緒にストレッチをしてみたりなどもいいですね。

そして睡眠です。同じ睡眠時間でも早寝早起きをしているほうがいいのでしっかりと生活習慣を見直してください。思春期までにこのようなことをしっかりしていれば身長は伸びます。

思春期前、思春期中に気をつけたいこと

先程子供の頃に食事、運動、睡眠は大事だといいました。

でも、その時期だけちゃんとしていても意味がありません。

思春期は学童期から青年期に移行していく期間であり精神、肉体共に変化があります。この思春期が身長を伸ばすラストスパートになってきます。

中学ぐらいになると夜中まで受験勉強で睡眠不足になってしまったり、生活リズムが乱れてしまうとそれまで頑張ってきたことが無駄になってしまいます。

食べ過ぎや運動不足による肥満が成長ホルモンをストップしてしまいかねません。

この思春期には成長や発育などによるエネルギーをたくさん必要とする時期になります。必要な栄養が不足しないように心がけていくようにしてください。

夜更かししていると朝食が食べれないという子も出てくるかと思いますが、そうならないためにも夜はしっかり睡眠をとることが大切です。

今は食のバリエーションが和洋中とありますが、好きな物ばかり食べていては偏食になってしまい栄養素が偏ってしまいます。

女の子だとダイエットなどもする時期になりますが過度なダイエットするんではなく、間食を少し減らしてバランスよく食事をとることをオススメします。

ポイント

子供の頃に背が低くても思春期になれば伸びると思っておられる方もいると思いますがそれでは遅いです。

思春期が終われば身長はストップしてしまいます。

そうならないためにも思春期までの段階でしっかりと生活習慣を見直しながら生活していきましょう。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小学生が英語を好きになって自分から学習する勉強法のポイント

  • 子供のやる気を引き出す方法 そのポイントと注意点

  • 身長を伸ばすサプリ 大人に有効なサプリメントは?

  • 音痴は遺伝するの?音痴を直す方法のまとめ

  • MAX GPC αの効果 MAX GPC αで身長は伸びる?

  • 女性でも簡単にできる腹筋の鍛え方 お腹をキュッとしめよう!