1. TOP
  2. 身長を伸ばす器具を使えば本当に背が伸びるの?

身長を伸ばす器具を使えば本当に背が伸びるの?


この記事は約 10 分で読めます。 625 Views

「身長が伸びる」なんてキャッチコピーで売り出したいる器具を見たことがあると思います。

器具を使って簡単に身長を伸ばすことができればいいですよね。

果たして身長を伸ばすといわれている器具には本当に身長を伸ばす効果はあるのでしょうか。

テレビ、雑誌、ネットでよく見かける身長を伸ばす器具についてその効果を検証してみました。

スポンサーリンク

身長を伸ばす器具を使えば背が伸びるというのはホント?

身長が欲しい!

もっと身長が欲しい。そう思ったことはありませんか?

いまよりももっと背が高ければ、人生が変わるとまでは言わなくても、なにもかもきっといまよりよくなるはず、これは多くの人が心のどこかに持っている密かな夢です。

当然ですが、それを叶えるための器具や健康法が世の中には存在します。

でも、ネットや雑誌の広告、テレビショッピングで、手軽に身長を伸ばす器具の宣伝は、いたるところにあります。ところで、あれって本当なのでしょうか。

果たして、それらを使うことで簡単に身長を伸ばすことはできるのでしょうか?

まず、費用の面で支払に困るような莫大な費用がかかるのは、当然困りますし、ついでにその方法にしても、生命に関わるような危険や今後ずっと残るような後遺症があるのであれば、そんな方法を選択する人はいませんよね。

自分で器具を一つ一つ試すのは大変です

そもそも身長は、思春期が終わってしまえばほとんど伸びなくなるので、「大人になってしまった今ではもう無理」なんて考える人もいるかもしれません。

しかしそれでも、あきらめきれない気持ちもありますよね。

そして、もし自然に任せるだけでなく、なんらかの方法で自分の身長を伸ばす工夫をするのならば、どの方法をとれば、一番確実で安全なのでしょうか?

身長を伸ばす器具があるとすれば、それぞれのメリット、デメリットはなんなのでしょうか? それを知っていて損はないと思います。

でも、いくら好奇心の強い人でも身長を伸ばす器具を片っぱしから、自分で購入して挑戦するのは気が引けると思います。時間もかかりますし、費用も、それに何らかの危険もあるかもしれません。

そこで、ここでは身長を伸ばす器具は、どれが一番ベストなのか調べた結果をまとめてご紹介したいと思います。

もちろん、運動、健康法というのは個人によって効果も感じ方も違いますから、一概に誰にとってもこれが一番だという言い方はできません。ですので、できうる範囲で客観的にそれぞれの器具のメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

「引っぱり背伸ばしストレッチャー」はどうなの?

引っ張れば身長が伸びるの?

まずは、「引っぱり背伸ばしストレッチャー」からです。

足や頭を引っ張れば背が伸びる単純で簡単そうですけれども、これって本当に効果的なのでしょうか?

この器具は、床に置いた器具の上にあおむけに寝転がって、レバーを回してシート面を移動させ、背中、背筋、背骨、腰骨を伸ばします。

こうして背面の筋や骨を伸ばすのはたしかに気持ちのいいものです。

寝た姿勢でするストレッチ運動なので、体によけいな負担がかからず、誰でも簡単に運動することができます。

毎日、これを行うことで、背面のコリもとれるし、血行がよくなり、強張っていた筋、筋肉も柔らかくなって、骨にも刺激が与えられ、身長も伸びる、という理屈です。

立った姿勢でいることによって背骨の間にある軟骨が圧縮されて小さくなります、そのことによって身長が縮みます。朝と夜では身長が2cmくらい違うのはこのためです。

引っぱり背伸ばしストレッチャーを使えば、少しは身長が伸びるかもしれませんが、それは一時的なもので、本当に身長が伸びるわけではありません。

そして、この器具を使う人は限られています。

たとえば、この器具の上にまっすぐ横になるのも困難なほど、背中や腰が痛む人、硬くなっている人は、いきなりこの器具で強引に背面を伸ばされても痛みしか感じません。それではこれは健康器具ではなく、拷問器具です。

やりすぎると後遺症が残るケースも

こうした機械によるストレッチマシンは、例え手動で自分がハンドルを回すタイプのものであっても、人間の手によるマッサージのように細かい調節は効かないため、ついついやりすぎてしまったりしがちです。

また最悪の場合、筋や骨を傷つけ、肉離れや、脱臼の原因になる恐れもあります。

背骨も腰骨もデリケートな箇所ですので、ちょっとした故障が一生残る後遺症につながる恐れはかなりあります。

自分の体の状態に深い知識もないまま、気軽にこうした器具に身を任せるのは、リスクが高い危険な行為だといえるでしょう。

念を押しますがご自宅で、お一人で引っぱり背伸ばしストレッチャーを使われる場合は、この器具でトラブルが起きた場合の全責任をご自分で負う覚悟をしたうえで、御使用されるべきです。

「ぶら下がり健康器」はどうなの?

昔からある健康器具

次の器具は、ぶら下がり健康器です。

ぶら下がり健康器のあるお宅はよく見かけます。しかし、これで簡単に背は伸びるんでしょうか?

この器具の場合は、ようするに鉄棒的なものに両手でぶら下がり、両足を床から浮かしているだけですから、器具自体に複雑なメカニズムはありません。

全身の力を抜いてぶら下がって、血行をよくし、骨、内臓の位置が自然に正常の場所へと戻り、健康面へのプラスがあります。

宙に浮かんだ脱力、ストレスの少ない状態を定期的に作りだすことで、背骨、腰骨、足の骨も伸びて、身長が伸びるかもしれません。

すでにお話しましたが、ぶら下がり健康器にぶら下がることによって、圧縮された軟骨が解放されて一時的には身長が1cmくらいは伸びるかもしれません。しかし、本当の身長がのびるわけではないのです。

ぶら下がり健康器は筋トレの器具

そして、この方法は、そもそも両手で全体重を支えてぶら下がることのできる体力があるのが、前提です。

体力に自信のある方は平気かと思いますが、両腕の力で何分か中に浮かんでいるのは、多くの人にとっては、たいへんな運動だと思います。

なにしろ、まず、ぶら下がれなければ、はじまりません。

ぶら下がるには、腕の力だでなく、全身の筋力も必要です。

また、ぶら下がった後は、降りなければなりませんので、その時に足首や膝を傷めないよう気をつけて、場合によっては補助者が必要になるでしょう。

ぶら下がり健康器は、もともと学校の体育の授業で高鉄棒で行われる運動としていることは同じなのです。

ぶら下がった状態で自由に動こうと思えば、強靭な腹筋、背筋が必要になります。

なんだか、この器具は全身の筋力トレーニング用の器具であって、身長をのばすためのものではないような気がしてきませんか?

背をのばすために長時間、ぶら下ろうとすれば、前提として強靭な体力が必要となりますね。

「姿勢矯正ベルト」はどうなの?

「姿勢矯正ベルト」は治療的な意味がある

姿勢矯正ベルトで姿勢もよくなって身長も伸びるなら、言うことなしですよね。でも、これって、もともとケガをした人や猫背を矯正するためにつけるものなんじゃないですか?

体を動かす器具はやはりどうしても運動的な側面があるので、使用するのにある程度の運動能力が必要になります。ですが、あくまで身長を伸ばすことを目的として考えた場合、別に筋力は欲しくはないという人もいると思います。

そこで、姿勢矯正ベルトを装着することで、身長が伸びやすい姿勢を保って日常生活を送れば、特別な運動はしなくても身長は伸びると考える人もいるかと思いますが、姿勢矯正ベルトはどうなのでしょうか。

姿勢矯正ベルトは、猫背をなおすものや腰椎を保護するものなど、様々なタイプがあります。

背を伸ばすために、その人の背筋をまっすぐにさせ、腰椎をしっかりさせる。

たしかに、身長が思ったよりも伸びない場合は、本人の日頃の姿勢の悪さが成長を阻害していることもありえるでしょう。それであれば、器具で矯正すれば身長は伸びると考えられます。

しかし、この方法は実際に「確実に姿勢の悪さが身長が伸びない理由だ」と確定された場合に行う、ある意味、治療法的なものです。

矯正は悪い作用をする時もある

レントゲンなどでくわしく検査をし、専門の外科医から診断を受けた後、矯正具をつけるのは一般の治療の手順です。しかし、単に思ったよりも自分の身長が伸びないという場合は、ケガや病気ではありません。

矯正具をつけて、本人の肉体を改造するというのは、気軽にすることではありません。

歯の矯正もそうですが、矯正具で、体の形を変えるのは、多くの場合、不自然なことなのです。

もしも、実際には、姿勢はどこも悪くなく、身長が伸びないのはただの遺伝の結果や生活習慣のせいだったとしたら、この矯正は、よけいなことであって、体に悪い作用があるかもしれません。

身長を伸ばしたいという願望に対して、こうしたある種、整形外科的なアプローチまで行いたいというのならば、失敗した時のリスクも考えたうえで、挑戦すればいいかと思います。

身長を伸ばすならやっぱり生活習慣が大事

子供も大人もいい生活習慣を取り入れよう

快食、快眠、適度な運動。こうした生活の基本が守れていないと、やはり背も伸びないようです。でも、なかなか普段はいろいろおろそかになりがちですよね。

特に思春期がまだ終了していない子供は生活習慣を整えるだけで一気に身長が伸びるケースも多いのです。

まだ身長が伸びる時期にいる子供は、身長を伸ばすために器具に頼るようなことはせずに、まずは快食、快眠、適度な運動、この3つを生活習慣に取り入れることを第一に考えましょう。

また、身長が伸びなくなった大人の方でも、矯正ベルトなどは使わずに、日ごろの姿勢を見直して、猫背、O脚、X脚などを改善することによって身長は2cmくらいは伸びますし、第一姿勢が良くなるととても大きく見られるようになります。

姿勢を正して生活するだけで人から身長が高くなったように見られるんです。ぜひお試しください。姿勢をよくするストレッチ法などは「猫背を治せば身長が伸びる!」をご覧ください。

身長を伸ばすにはいいバランスをとることが大切

ここまで、いろいろな器具のメリット、デメリットを見てきました。

身長をのばすというのは、体にとっても大仕事ですが、どの器具を選んでも、簡単でまったくの危険なしとはいかないようです。

ここでもう一度、根本にかえって考えてみましょう。

身長を伸ばすためには、健康な毎日が送れる体がまず大事です。日々、普通に生活ができる体がなくては、背を伸ばすどころではありませんよね。

そうした普通の体を維持している日常生活、これを保つために、みなさんは、どのような努力をされていますか?

背が伸びるのも、みなさんが日々、行っているこうした普通の生活の中にある出来事です。

日常の中で、自分の体を考えたバランスのとれた食時、十分な睡眠、適度な運動はとれていますか?

これらのバランスが崩れていれば、当然、成長にも影響します。

メンタルバランスはどうですか? こころとの健康は保っていますか?

人間は生物ですので、身長も本来、その生物が送っている生活にあったものになるように、なっていくものです。

もし、日頃の自分の生活に栄養や睡眠や運動など、何か欠けているものがあるのであれば、それを補うことからはじめてみてはどうでしょうか?

身長を伸ばす器具は使うべきなの?

身長を伸ばすための器具をみてきたわけですが、これらの器具は使うべきなのでしょうか?

紹介したように、身長を伸ばす器具について考えてみるとやはりどれも一長一短ですね。

もしも、これらの器具で、これを使えば自分の身長が伸びるかも、と思うようなものがありましたら、チャレンジしてみるのもいいかと思います。

ただ、どの方法も万能ではありませんので、それぞれのメリットとデメリットをよく考えたうえで、悪い結果がでた時でも落ち着いて対処できる心構えを持ったうえでチャレンジされるのがのがいいかと思います。

どの器具を使うにしても、使用する前に自分の体を自分はよく知っているのか?自分にとってベストの状態を作るためのことをしているのか? もう一度よく考えてみてください。

大事なことは、身長を伸ばす器具を使う前に、自分の生活習慣を見直して、改善できるポイントがあれば改善していくことです。

もし、すべてやり尽くして、それでも効果が全くなかったら、その時に初めて身長を伸ばす器具の使用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 幼児の肥満をスッキリ解消させよう! 生活習慣で肥満はなおる

  • 身長はいつまで伸びる?身長を伸ばすためにするべきこと

  • 正座をすると身長が伸びなくなるってホント?

  • 子供の習い事 スポーツ系のランキングとメリット・デメリット

  • 身長を伸ばす方法 中学生男子が実践したい背が伸びる方法

  • MAX GPC αの効果 MAX GPC αで身長は伸びる?