1. TOP
  2. ポリカンって成長期の子どもにも効くの?

ポリカンって成長期の子どもにも効くの?


この記事は約 9 分で読めます。 381 Views

近年は、日本人の平均身長も高くなっているので、日本家屋には普通にある鴨居に頭をぶつけそうになる若者も珍しくなくなってきました。

それでも、日本人は世界的な平均身長の高い国民としてのトップスリーに入るオランダにはほど遠い身長なのですが、確かに高くなっているのは事実です。

背が高くなるのは遺伝子だけではなく、日常生活や食べ物や運動などと共に、サプリメントの効果も無視できないようです。

そこで、ここでは身長を伸ばすことが期待されている成分「ポリカン」について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ポリカンって、なに?

ポリカンは多糖体

ポリカンって聞くと、一瞬、新種のミカンかなと思われるような名前ですが、柑橘類や果物などとは縁もゆかりもない、全く関係のない、黒酵母の発酵から得られる水溶性の複合多糖体なんです。

色は薄い褐色系の橙色で、ほのかな香りを有する粉末状の物質です。

糖類を分類する際にはまず単糖類と多糖類に分類します。

単糖類の代表的なものとしては、デンプン、グリコーゲン、セルロースがあります。一方、多糖というのは、文字通り2種類以上の単糖が重合してできる高分子の物質です。

単糖が水に溶けやすく甘味をもつのに対して、多糖は無味であり、栄養として利用できにくいものも多く水に溶けにくいものも多く見られます。いろんな糖が結びついた多糖類がありますが、4種以上が結合したものはほとんどありません。

ここでのポリカンは、βグルカンに属する酵母グルカン、それも黒酵母を主とする多糖体に属します。この他、多糖類には、よく耳にするヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、ヘパリンなどがあります。

ポリカンの性質

このポリカンは、水に溶けやすい黒酵母由来の複合多糖体で、物理的な刺激や免疫の異常などによって関節に炎症が発生した場合に、その威力を発揮します。

炎症によって、骨組織をつくる骨芽細胞が減少してしまい新しい骨が形成されないために、関節部分の骨が徐々に破壊されていくという状況に陥ります。

そんな状態の時、ポリカンは骨芽細胞を増やし、逆に、骨を破壊する破骨細胞を減少させて代謝バランスを整えるという働きをする優れものの物質なのです。

代謝バランスを整えることで、関節内部の炎症を緩和し、直接的に、関節炎に作用することで、症状の回復や痛みの解消に、効果を表しいているものと思われます。

ポリカンが身長を伸ばす働き

身長の伸びには骨端線の存在が大事

人間の骨は、内部の固い骨本体の部分と、骨の両端部分の比較的柔らかい軟骨の部分とから成り立っています。

この構造の中で特別な状態にあるのが、子どもの頃から青年期、それも前期部分、0歳から16、18歳くらいまでの間にだけ存在する、骨端線という組織の存在です。

骨端線というのは、新しい骨を造る軟骨細胞が、線状に集まった状態の骨のことを指す言葉で、骨端軟骨とも呼ばれている骨です。

この部分は、次々に、大人の固い骨へと変化をしながら新しい骨を造っている、つまり、新しい軟骨細胞を骨の両端に生み出し、順次、固くしていくことで、少しずつ骨自体の長さが伸びていく仕組みなのです。

その結果として、表れるのが身長の伸びということになるのです。

ポリカンは骨端線に働きかける

その一連の成長に、高い効果が期待できると、世界中の研究機関や研究者が述べているのが「ポリカン」という柑橘系のような聞き慣れない名称の物質なのです。

効果が期待できる主な働きは、骨にとって重要かつ不可欠なカルシウムの吸着をサポートする働きです。骨本体そのものをより強固なものにすることができ、強い骨の形成に重要な役割を果たすことができます。

ポリカンは、骨芽細胞と破骨細胞の新陳代謝を促すことも報告されていますので、より強い骨を造る効果が期待できます。

また、骨芽細胞に直接作用するので、その結果として、骨線軟骨へも作用することとなり、身長を軸にした成長だけでなく関節痛の改善や減少を招くような結果を生むことが期待出来ます。

特に成長期によく起こってくる膝の痛さは、行動範囲を狭くするだけでなく、行動そのものに対する意欲自体を削いでしまいます。

骨芽細胞、破骨細胞、共に作用するポリカンだからこそその痛みを効果的に和らげる効果も十分に期待できるのです。

ポリカンをとる以外の身長を伸ばすために必要なこと

無理をしない程度の運動をする

既にお話したように、人間の成長のメカニズムをしっかりと理解してから、身長を伸ばす習慣を取り入れることが大切です。

骨を伸ばすためには、骨端線と呼ばれる骨の両端に位置する軟骨部分に、成長のメカニズムが隠されていますので、適当な運動を行なってその部分に物理的な刺激を与える必要があります。

骨端線に刺激を与えることで、骨芽細胞を活性化させ増殖させることが大切になってきます。

骨端線に与える刺激は縦方向へ与えることが前提となります。

縦方向に動く運動として、手軽で最適なのが縄跳び運動です。縄を飛ぶという一連の動作を続けるためには、柔らかな膝関節の存在が必須です膝が硬いと着地の衝撃をうまく緩和することができません。

結果として、長い時間飛べない、痛みが怖かったり、縄跳び自体が苦痛になったりで、結局は運動をやめる。という負の循環に陥ります。

逆に、縄跳び運動を続ける事の出来る人は、膝が軽くなり階段の上り下りも苦痛でなくなるので、より行動範囲が広がり思考もポジティブな方向に変わって、全体として活き活きとした姿勢に変わります。

上下を意識した、無理をしない運動やバスケットなどのスポーツを生活に取り入れて行くことが身長の伸びには重要になってきます。

身長を伸ばすための栄養素

また、身長を伸ばすための栄養素をしっかりとることも大事です。簡単に言ってしまえば、骨の栄養となるたんぱく質やカルシウムを含んだ食物を多く取ることです。

骨の成長にたんぱく質がとても大事であることは「身長を伸ばす栄養」のなかの記事でもたくさん紹介しているので、ここではポリカンがサポートするカルシウムに目を向けたいと思います。

カルシウムをとるには朝のヨーグルトや牛乳、シラス干しや木綿豆腐、あるいは手軽に手に入る小松菜や水菜のおひたしなど、簡単にできる骨によい食事を心がけることです。

それに、意外と知られていないのが、ビタミンの摂取が骨には大事な要素であることです。

それも、あん肝やうなぎ、サンマなどに含まれるビタミンD,ほうれん草や春菊、モロヘイヤなどに含まれるビタミンKを取ることが大切です。さらに、適度の日光に当たることも骨には必要な要素です。

大人の体にもポリカンは有効な働きをする

ポリカンが、身長が伸びる時期の子ども達には極めて有効であり、食品に混ぜて使いたい粉末状の食品の一つであることはわかりました。

しかし、骨の成長は止まってしまった大人にも有効な部分は、ポリカンにはあるのだろうかという疑問もわきます。

その点については、心配はいりません。ポリカンには、成長期の骨に効果があるだけでなく、次のような点で大人にも効果のあることが世界中様々な所で行われた研究実験や臨床実験によって明らかにされているのです。

・カルシウムの骨への吸着を助け、骨自体を強くさせる働き。
・骨芽細胞に直接作用するので、軟骨にもその作用が移り、膝関節の動きに作用して膝関節痛を緩和する働き
・骨芽細胞と破骨細胞の新陳代謝をより良く改善するので、骨をより丈夫にする働き

歳を重ねるに従ってなかなか難しい骨自体への作用として、カルシウムの吸着や新陳代謝の向上など、骨自体の若返りが期待できる効果が、挙げられます。

膝の痛みは炎症の発生が原因で、骨芽細胞が減少すると共に起こってきます。

逆に、破骨細胞は増加し活性化してきます。やがて軟骨内骨化という骨が壊れ骨自体が危うくなって、関節炎へと症状は悪化の方向に向かいます。

こうした症状の進行に対して、ポリカンは骨芽細胞を増やし、かつ、破骨細胞を減少させるだけでなく、その代謝バランスを調整することで炎症を緩和するのです。

長年苦痛の種だった膝の痛みから、解放されるのもあとわずかという日がくるかもしれません。

さらによいことは、ポリカンの主成分は果物や野菜から抽出したものを原材料としているので、副作用が全くないということです。

さらには、これまで多くの動物実験や人への臨床試験を行ってきており、その安全性や効果については折り紙付きなのです。

ポリカン配合のサプリメントはあるの?

ポリカンが配合されているサプリ

開発に寄与した韓国では「ソウル牛乳MBPミルク」という製品が、900ミリリットル約200円で販売され、45ミリグラムのポリカンを含有しています。普通の牛乳が、1リットル約180円なので、かなり割高です。

日本では、ポリカンを含んだ「ポリカル」というサプリメントが市販されています。

成長期の子どもに必須のカルシウムの吸着度を高めるポリカンを含有するだけでなく、カルシウム、ビタミンC、D、B1、鉄分、コラーゲンペプチド、CPPの8種類の成分も配合されています。それで、カルシウムは、牛乳の85倍、ビタミンCは、レモンの50倍、ビタミンDは、しいたけの29倍、など、食事では到底摂取できない数値を並べています。

子どもが服用できるサプリメントを目指しているだけに、製品は安心して使うことができるようです。

身長を伸ばすことが目的ならば

日本で生産されている身長を伸ばすことを目的としたサプリメントにはポリカンが配合されているものはありません。

しかし、身長を伸ばすという点に絞って見てみると、「背が伸びるサプリメント徹底比較」でも紹介しているように、ポリカンの配合が必要のないくらいの十分な栄養素が含まれているサプリメントがあります。

そういったサプリメントには身長を伸ばすために絶対必要となる「たんぱく質」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンD」がしっかり配合されているので、子供の身長を伸ばすためには、ポリカンが配合されているサプリを利用するよりも大きな効果が期待できると思います。

ポリカンは高齢化社会に必要となる成分

サプリメント王国のアメリカでは、子どもが食事同様に多くのサプリメントを口にするのを見ても、周りは何のリアクションもなく普通に見ています。

しかし、いくら効能があるとはいえ、子どもの時から必要な食品成分を十分に含んだサプリメントと言っても、カプセルに入った薬を飲むというのは、なかなか馴染まない生活習慣ではあります。

食物からは十分に摂取できないもので、体調の維持に欠かせないものはサプリメントで補うような時代も近いのかもしれません。

しかし、発見されたポリカンという成分は、これからの高齢化社会の救世主として非常に大事なサプリメントの一つになることは間違いないと言えるでしょう。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オランダ人の身長が世界一高いのはなぜ?

  • MAX GPC αの効果 MAX GPC αで身長は伸びる?

  • o脚を改善するストレッチと運動 実践するだけで驚きの変化が!

  • 思春期が始まるまでの身長の伸ばし方

  • 身長を伸ばす体操をしよう 手軽にできる体操をまとめました

  • 赤ちゃんの身長を伸ばすためには