1. TOP
  2. 納豆で身長を伸ばそう!納豆を食べれば背が伸びる

納豆で身長を伸ばそう!納豆を食べれば背が伸びる


この記事は約 9 分で読めます。 382 Views

納豆で背が伸びる

納豆といえば「ビヨーン」と糸が伸びる食べ物ですよね。

伸びるのは糸だけではないんです。糸のように一気に伸びることはありませんが、納豆を食べることは身長を伸ばすためにとても有効なんです。

身長が伸び盛りの成長期の子供はもちろん、大人の人にもぜひ食べてほしい食べ物が納豆です。

ここでは納豆の身長を伸ばす効果や納豆が秘めたその他の力についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

納豆に含まれている栄養素

「納豆は体にいい」といわれていますが、納豆にはどんな栄養素が含まれているのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこで、納豆に含まれている栄養素を簡単にご紹介したいと思います。

納豆1パック(45g)に含まれる栄養素
たんぱく質 7.4g 骨の主成分になる。ほかにも筋肉や臓器や皮膚を作ったり、からだのエネルギー源となる。
カルシウム 41mg 骨を丈夫にする働きがある。イライラをおさえる働きもある。
マグネシウム 45mg カルシウムを一緒に骨を丈夫にする。動脈硬化も防いでくれる。
カリウム 300mg 血圧を下げる働きがあり、血流を良くして心臓や血管を守ってくれる。
鉄分 1.5mg 貧血を予防するために欠かせない栄養素。
食物繊維 3g 腸内環境を良くし、体の健康を保つ働きがある。
ビタミンB6 0.11mg 免疫機能を保つために欠かせないビタミン。
ビタミンE 0.5mg 血中コレステロールを下げる働きがある。血行を良くする。
ビタミンB2 0.25mg 肌の健康を保つために必要となるビタミン。

また、納豆の発酵過程で生成されるナットウキナーゼは血液をサラサラにする働きがあり、健康にとても効果的といわれています。

またイソフラボンが含まれているのも有名で、イソフラボンは骨粗鬆症やアンチエイジングに効果的といわれています。

これらを見ただけでも納豆を食べることは体のためにとてもいいことであるのがわかりますね。

納豆に含まれている身長を伸ばす栄養素

納豆に含まれているこれらの栄養素の中で特に身長を伸ばすために大事なものが「たんぱく質」と「カルシウム」と「マグネシウム」です。

これからこの3つの栄養素の身長を伸ばすための働きをご紹介していきます。

たんぱく質

たんぱく質は身長を伸ばすために一番欠かせない栄養素です。たんぱく質は骨の主成分になるものですから、身長を伸ばすためにはたくさんのたんぱく質をとる必要があります。

子供の身長が伸びなくて困っているという場合、たんぱく質の摂取不足が原因であるケースが少なくありません。

身長を大きくしたかったら、特に小さい時期にはとにかくたんぱく質をたくさん摂ると言うのが絶対条件になっているのです。

納豆にはたんぱく質が豊富に含まれています。それだけではなく、納豆のたんぱく質はとても質がいいのです。上質なたんぱく質といえば牛肉や卵を想像すると思いますが、それ以上に質のいいたんぱく質が納豆には含まれているのです。

その質の良さを簡単に説明させていただきます。

たんぱく質を作っているのは20種類のアミノ酸なのですが、食材によって含まれているアミノ酸の種類が多かったり少なかったりします。その数値は「アミノ酸スコア」というもので表すことができます。含まれているアミノ酸の種類が少なければ数値は0に近くなり、多ければ数値は100に近くなります。

たんぱく質は体内に入ると全て一度アミノ酸に分解されてから、もう一度用途別のたんぱく質に再合成されるので、いいアミノ酸スコアの食材を食べる方がアミノ酸をたくさん補給できて、色んな種類のたんぱく質をたくさん再合成できるようになるです。

納豆の数値はいくらだと思いますか?

なんと100なのです!

さらに、白米と一緒に納豆を食べることによって、お互いを補足してさらにバランスよくたくさんのアミノ酸を補給できるんです。

ちなみに卵のアミノ酸スコアも100です。卵も良質なたんぱく質の塊です。

「納豆」「白米」「卵」ってどこかで見たことありませんか? そうです日本の代表的な朝食です。この「ザ・朝食」はタンパク質を補給するのにとてもいい組み合わせなのです。

しかし、最近は朝食を抜いて学校に行ったり、パンで簡単に済ませる子供も少なくありません。

朝食だけではなく、昼食や晩御飯からたんぱく質をとることももちろん大事ですが、身長をしっかり伸ばすためにはきちんと朝食から栄養補給をすることをオススメします。

カルシウム

カルシウムといえば、ひと昔前まで「カルシウムを摂れば身長が伸びる」といわれていたくらい日本人にとって馴染みのある栄養素です。

しかし、すでに述べた通り、骨の主原料となるのはたんぱく質です。残念ながらカルシウムは骨の主原料ではないんですよね。

しかし、カルシウムがなければ骨は伸びないんです。

なぜなら骨が伸びる仕組みは、たんぱく質の一種のコラーゲンが折りたたまれて重なっていくことで骨が伸びていくのですが、そこで、カルシウムがないとコラーゲンが固まって骨になることができずに、結果、骨が伸びないということになってしまうのです。

カルシウムは骨の主原料ではありませんが、コラーゲンをしっかりと固めて頑丈な骨にするという重要な役目があるのです。

そしてカルシウムはミネラルの一種なのですが、人間の体内にあるミネラルの半分以上を占めていると言われているほど、重要なものです。しかし日本人は慢性的にカルシウム不足といわれているので、納豆に多く含まれているカルシウムをとることは、身長を伸ばすためだけではなく、慢性的なカルシウム不足を解消するためにもとてもいいことなのです。

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムと一緒に骨を丈夫にする働きがあります。

カルシウム単体では骨がもろくなってしまう危険性があるのですが、マグネシウムと一緒に働くことで骨が丈夫に成長することができるようになります。

その割合はカルシウムが2に対して、マグネシウムは1といわれています。

さらに、マグネシウムは骨の強度や弾力性を調整するという大事な働きもあるため、ただ硬い骨ではなく柔軟性もある立派な骨を作るためには欠かせない栄養素になります。

マグネシウムを摂りすぎると軟便になることもあるようですが、納豆などの食材からとる分には何の問題もないので積極的に納豆を食べたいですね。

納豆に含まれる他の栄養素

  • 亜鉛

亜鉛も身長を飲ばすために欠かせない栄養素です。しかし、入っている亜鉛は少量なので、しっかり身長を伸ばすためにはほかの食材やサプリメントを利用して補給したいところです。

亜鉛には細胞分裂をサポートする働きがあるので、スムーズに骨を伸ばしていくうえでとても大切な栄養素になります。

  • 食物繊維

食物繊維は腸内環境を正常化して、体の健康を保つために腸内で大切な仕事をしてくれます。

腸内環境が悪化すると身長を伸ばすために必要な栄養分が吸収されないばかりでなく、有害物質も血液に運ばれることになってしまうので、骨の成長ばかりではなく、体全体の健康に害を与えることになってしまいます。

  • ビタミン類

納豆にはビタミン類が多く含まれていて、その中でも特にビタミンB群がたくさん含まれています。ビタミンB群は疲労回復に効果があり、ビタミンB2は納豆1パックを食べれば一日の必要摂取量の1/5を摂ることができます。

またアンチエイジングで知られているビタミンEも多く含まれています。

そして、カルシウムを骨に定着させる働きをするビタミンKも含まれているので、納豆は身長を伸ばすために適した食材だと言うことがわかります。


納豆はアミノ酸をバランス良く含んだアミノ酸スコア100の高タンパク食品で、しかも低糖質です。

加えてコレステロールの心配がほとんどありませんし、食物繊維が豊富なので胃腸の調子を整えてもらえるのが嬉しいポイントです。

ただ、意外と脂質を多く含んだ食材であるため、そのポイントを気にする人がいるかもしれません。

しかし納豆の脂質は80%近くが不飽和脂肪酸で構成されています。不飽和脂肪酸は血中の中性脂肪、コレステロール量を適度に調整してくれる働きがあります。ここも納豆の優れているポイントではないでしょうか。

とはいえ、納豆にも身長を伸ばすうえで欠かせない「亜鉛」と「ビタミンD」はあまり入っていないので、本気で身長を伸ばすためには亜鉛とビタミンDは他の食材から積極的に摂る必要があります。

そして意外と多いのが「納豆を食べられない人」。

身長を伸ばしたくて「亜鉛」と「ビタミンD」を積極的に摂りたい人や納豆が食べられない人は「背が伸びるサプリメント徹底比較」で紹介しているようなサプリメントを使うのもひとつの手だと思います。

納豆を食べるオススメの時間帯

それでは納豆は1日のうちでどの時間帯に食べるのが一番効果的なのでしょうか。

時間によって効果が違うとすれば、一番効果がある時間帯に食べたいですよね。

色々と言われていますがオススメなのは夜です。

なぜなら、納豆に含まれている納豆キナーゼの血流を整える働きのためです。納豆キナーゼが一番の働きをしてくれるのは、食後の5時間~8時間の間だと言われています。

血管が原因で発症する病気のほとんどは寝ている間に起きるというデータがあるので、夕食に納豆を食べて血流をスムーズにするのがオススメなのです。

とはいえ、身長を伸ばすためには朝食の「納豆」「白米」「卵」の最強トリオは欠かせないように思います。

毎食納豆を食べる必要はないとは思いますが、せめてどの時間帯でもいいので「1日1納豆」を生活に取り入れると、身長にも健康にもいい効果が表れるのではないでしょうか。

ポイント

納豆には身長を伸ばすために必要な「たんぱく質」と「カルシウム」と「マグネシウム」が豊富に含まれています。「亜鉛」と「ビタミンD」はそれほど含まれていないので、ほかの食材やサプリメントを利用して積極的にとるようにしましょう。

納豆は身長を伸ばすための栄養素だけではなく、体にとってプラスになる栄養素もたくさん含んでいます。「1日1納豆」の生活習慣をオススメします。

とはいっても納豆ばかり食べていては健康を損ねる可能性があります。ほかの食材もバランスよく食べるようにしましょう。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばすホルモン治療について

  • 身長を伸ばす栄養|背を伸ばす5大栄養素

  • 背が伸びるプロテインの正しい飲み方

  • 背が伸びる食べ物 身長を伸ばすには何がいい?何がいけない?

  • 子供の昼寝の効果とは 子供の昼寝はいつまでさせればいいの?

  • 身長を伸ばす筋トレのやりかた