1. TOP
  2. アルギニンで身長が伸びるの?その効果は?

アルギニンで身長が伸びるの?その効果は?


この記事は約 10 分で読めます。 276 Views

今はアルギニン?

身長を伸ばす食べ物や栄養素は色々言われていますが昔から代表的な牛乳はそれだけを飲んでも身長は伸びないとう事がわかっています。

昔は牛乳、今はアルギニンと言われるほど成長ホルモン分泌から身長を伸ばすのには代表的な成分になってきました。

そこでここではアルギニンについて身長を伸ばす効果はあるのかどうか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アルギニンとは

アルギニンは身長を伸ばすために必要なアミノ酸

まず初めに「アルギニンってなに?」って思われる方もいるかと思います。「身長が伸びる」と耳にはするけれど、本当に成長ホルモンを分泌させる作用があるのかなどは疑問ですよね。

アルギニンというのはアミノ酸の種類の中のひとつです。アルギニンは体の中で作られる準必須アミノ酸ですが、食べ物から摂取することも有効といわれています。また、アミノ酸の中でも体内で生成ができなくて食事などで摂る必要があるものを必須アミノ酸と呼びます。

アルギニンは脳下垂体を刺激することによって成長ホルモンの分泌を促進する効果がある成分である言われています。身体を作るためにはなくてはならない必要不可欠な成分なのです。そのため食べ物からも積極的に摂取する必要があります。

身長を伸ばすだけではないアルギニンの働き

アルギニンは体内で作ることができるアミノ酸ですが加齢などによっては十分な量の生産が見込めません。アルギニンは外部から侵入する細菌や内部で発生するガン細胞などを攻撃してくれるので免疫力アップや疲労回復効果も期待できます。

アルギニンはアミノ酸ですが子どもの時と大人になってからでは十分な量が生成されないことが分かっています。そのためアルギニンの生成量が十分ではない年齢の間にはたくさん食べ物から摂ったり、サプリメントなどを利用して積極的に摂取したほうがいいといわれています。

またアルギニンは血行促進効果があることから、性欲減退の改善や精子の量を増やすことが期待できますし、その他にも骨を丈夫にしたり血液をサラサラにして代謝をよくして睡眠の質をよくしてくれる働きもあります。

アルギニンサプリメントが背を伸ばす働きとは

自分や子供の身長が気になっている方は一度はアルギニン配合サプリメントの広告を見たことがあるかと思います。

広告でよく目にするキャッチコピーは「+10cmを目指そう!」「今注目の身長を伸ばすサプリメント」など、まるでアルギニンさえ摂れば身長が伸びるかのごとく書かれているものを目にしたことがあるはずです。

なぜそのように主張するのかというと根拠になっているのがアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するという働きです。

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きが認められています。実際医療の分野でもその働きが注目されていたり、医療の現場で低身長症の原因を探る検査などでも成長ホルモンの分泌を促すためにアルギニンが使用されたりしてます。

身長を伸ばすために欠かすことができない成長ホルモンは脳からの指令を受け一日中ずっと分泌されています。しかし、その分泌される量には波があって時間帯や活動の内容によって変化します。

分泌のピークを迎えるのが睡眠中になり昔から言われいる「寝る子は育つ」というのはこのことです。背が伸びるためには成長ホルモンの分泌量がとても重要なポイントとなるのです。

アルギニンを含んだサプリメントは背を伸ばす効果があまり期待できない

アルギニンのサプリは効果があるの?

アルギニンに成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。必要な栄養素を十分に摂取していたとしても成長ホルモンが分泌されなければ身長を伸ばすことはできません。

ここまでの話を聞くと、身長を伸ばす上で成長ホルモンの分泌量を増やすためにアルギニンは欠かせない成分なので、アルギニンがたくさん配合されているサプリメントは非常に有効であるように聞こえます。

しかし、よく調べてみると、アルギニンのサプリメントが成長ホルモンの分泌を促すという働きに関しては疑問点が出てくるのです。

確かにアルギニンは医療の現場でも成長ホルモン分泌刺激試験などにおいて促進効果が認められてますが、医療用のアルギニンとサプリメントではその摂取方法が全く違うのです。

アルギニンの作用を十分に引き出すにはまとまった量が必要とされています。ですがアルギニンサプリメントは1粒あた役200~300mg。その粒すべてがアルギニンだとして口から摂取して100%体内に吸収されたとしても試験と同等の結果を得るには50粒以上飲まなくてはいけません。

どう考えても現実的ではない量を飲まなければならなくなるのです。

サプリではアルギニンの量が足りない

「背を伸ばす効果がある」というキャッチコピーで販売されているアルギニンサプリメントですが、実際のところは効果を期待するにはまったく吸収量が足りないことになるのです。

アルギニンを使うことでたしかに成長ホルモンの分泌が促進されます。しかしこれは医療用に開発されたアルギニンを使用した場合の話なのです。

アルギニンが配合されてあるサプリメントは飲むことで体内に摂り入れますが、アルギニン製剤は注射して直接血液の中へ取り込むとされています。こうした摂取方法をはじめサプリメントとは条件が違いすぎるため比べる対象にもならないのです。

そもそも成長ホルモンの分泌を薬で促進したところで身長には大きな変化がないことは科学的にも証明されています。アルギニン量では背を伸ばす働きがないということです。

アルギニンサプリメントは公的研究機関機関も否定している

アルギニンサプリの効果を示す根拠はない

実際に低身長などが心配になり病院を受診したとしても95パーセントは治療を受けることができないとされています。

成長ホルモンの治療は高額で年間100万~700万と莫大な費用がかかります。判断基準を満たせば公的補助が受けられますがそれでも費用は高額です。

アルギニン配合サプリメントに本当に身長を伸ばす効果があるのであれば成長ホルモンの薬と比べるとかなり安くしかも誰でも飲めるので、医療の現場でもたくさん処方され多くの人たちの救世主になっていますよね。

でも、すでにご紹介した通り、アルギニンサプリメントについての現実を詳しく見てみると、アルギニン配合サプリメントには身長を伸ばす効果がないことが分かります。

栄養と健康に関する調査研究を行っている日本の研究機関もアルギニンの研究を進めていす。免疫やがんに対しては有効性が認められると発表していますが発育・成長に関しては否定的です。効果を示す根拠は見当たらないとのことで有効性を認めていません。

子供の服用は推奨されていない

それどころか大人はまだしも子供が飲むサプリメントにアルギニンを使用することは推奨できないと示しています。アルギニンと身長の関係には賛否両論ありますが、客観的な事実だけを見てみるとアルギニン配合のサプリメントには、身長を伸ばす効果はほとんどないといえます。

それだけではありません。日本幼児内分泌学会も身長を伸ばすサプリメントについて発表しているのですが、この発表の中で成長ホルモン分泌を促進する物質の含むサプリメントについて触れられています。成長ホルモン分泌を促進させるサプリメントはそのはっきりしたデータが報告されてないということなのです。

アルギニンの効果について免疫やがんだけでなく循環器などの有効性は認められると発表されています。しかし、発育や成長・骨や筋肉については公的研究機関と同じく有効性は見とめられないと言われています。また副作用を起こす可能性もあるとしてオススメしていません。

アルギニンサプリ副作用

サプリメントでアルギニンを摂取したから身長が伸びるわけでなないと言いました。

普通に摂取量を守って飲んでる場合はいいですがたくさん摂取すれば伸びるかもと安易に考えてる人は副作用が発生する可能性が高いです。

一般的にはアルギニンを過剰に摂取することで消化器官への負担がかかるため腹痛や下痢の症状になる方がいます。体重や体質によってどれぐらいアルギニンを摂取した場合にこの副作用が引き起こされるかは個人差があります。

アルギニンは強アルカリ性のため中和されてない物を口にすると消化器は大ダメージを受けます。また必要以上の摂取は代謝により内蔵などに大きな負担がかかるため肝臓や腎臓にも影響がでます。

個人差はありますが1日20~30g摂取すると関節肥大や骨の奇形などにも繋がりますし肝機能や腎機能障害がある人は50g以上摂取すると生命の危機にもなりかねません。

肌が荒れてきたり皮膚が厚くなってきたらアルギニンを摂取しすぎの目安になります。

アルギニンサプリよりも栄養、睡眠、運動に重点をおくべき

まずは栄養をしっかりとることが大事

身長を伸ばすためにはアルギニンサプリよりも3つの事が大事です。普段から食事をとっいると思いますがカルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質、亜鉛などが成長には必要になってきます。

カルシウムは骨を強さを左右するので骨の土台になります。意外と摂取できてないものなとで普段から取り入れるようにしましょう。

マグネシウムはカルシウムと共に骨を強化してくれます。それど同時に精神を安定させる作用があり疲労回復だったり筋肉・神経調整作用などもあり血管を広げて血液を固まらせないようにもしてくれます。

ビタミンDはカルシウムを吸収させてくれる率を高めると共に骨に沈着するのを助けてくれます。そのためカルシウムは単体で摂取するのではなくビタミンDとともに摂取するのが望ましいです。

タンパク質は骨や筋肉を育てる以外にも生命維持には欠かせません。成長ホルモン分泌作用もありますが免疫力をあげて丈夫な体作りの基礎になります。

亜鉛はタンパク質の合成を促進させる働きや細胞分裂をスムーズにする働きがあります。また、亜鉛が不足してしまうと骨の成長が滞り免疫力など身体機能が落ちてしまう原因になります。

運動と睡眠も非常に大事

そして運動ですが、成長ホルモンは運動を開始してから約15分後~終了後3時間まで分泌され続け続けることがわかっています。また、走ったり跳んだり身体を動かすことで骨端線に刺激が伝わるようになりその影響で骨端線部分の軟骨が増殖すると言われています。

身長の為には縦方向の刺激を与えるようにジャンプや縄跳びなどするといいです。身長を伸ばすためにストレッチなんかも効果があります。

そして身長を伸ばすことに欠かせないのが睡眠です。よく眠ることで成長ホルモンが分泌されます。寝ている時は成長ホルモンが分泌されていますが睡眠開始から2~3時間がもっとも分泌されます。そのまて眠りが浅いと十分に分泌されません。

バランスの取れた食事と運動、そして質のいい睡眠を確保することが身長を伸ばすためには一番大切なことです。

食事、睡眠、運動の中でも食事の栄養バランスをしっかりとることはかなり大変です。特に成長期の子供は好きな物ばかりを食べてしまうことが多いので栄養が偏りがちになります。身長を伸ばすためにはバランスよく栄養補給することが大切です。身長を伸ばすことを考える場合は、アルギニンのサプリではなくて栄養をしっかり補給できるサプリを選ぶことをオススメします(サプリについて詳しくは「背が伸びるサプリメント徹底比較」をご覧ください)。

ポイント

アルギニンは身長を伸ばすには確かに必要な物になってきます。ですがサプリメントから摂取できる量には限りがあるためそれだけで背が伸びるなんてことはありません。

過剰摂取しては副作用を起こすだけなのでなんのメリットもありません。普段から栄養バランスを考えた食事と睡眠、運動で身長はのびます。

サプリメントに頼らずに普段の生活を見直してみほしいものですが、どうしても食事では十分な栄養補給ができないと言う方はアルギニン系のサプリではなく、栄養補給系のサプリメントをオススメします。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小学校低中学年からの中間反抗期が始まったらどうすればいい?

  • 幼児の肥満をスッキリ解消させよう! 生活習慣で肥満はなおる

  • マックスノビールの効果 マックスノビールで本当に背が伸びる?

  • 肥満や痩せは身長に影響する?

  • 背が伸びる寝方 |どんな睡眠のとり方をすれば身長は伸びるのか?

  • 小学生が英語を好きになって自分から学習する勉強法のポイント