1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法 小学生がすべきこととしてはいけないこと

身長を伸ばす方法 小学生がすべきこととしてはいけないこと


この記事は約 18 分で読めます。 518 Views

身長の伸びは小学生の時期が大切

子供が小学生になると心配になってくるのが身長の伸びではないでしょうか?

友達と並んだときなど、

「あれ?うちの子小さいんだけど大丈夫?」

なんて不安になることもあると思います。

小さいうちは背が低くても、成長とともに他の子供と同じくらいにまで背が伸びる場合もありますが、もしかしたらそのまま身長が伸びずに大人になってしまう恐れもあります。

思春期に入ると身長は一気に伸びるのですが、その伸びはみんな同じくらいで男子で23~25センチ、女子で20~22センチです。つまり、思春期に入る前の段階でどれくらい身長を伸ばしたかが最終身長を決めると言っても過言ではありません。

いいかえれば、小学校の時期がとても重要になってくるのです。

子供の身長が高くするには、早い段階から対策をとる必要があります。子供の身長を高くするために、やってはいけないこと、すべきことをご紹介します。

子供さんの身長を伸ばすためにぜひご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

身長を伸ばすために小学生がしてはいけないこと

子供は成長期に成長ホルモン分泌が盛んに行われるために身長を伸ばす事ができます。

小学生の時の成長期はあっという間に終わってしまうのでその成長期を妨げてしまうことだけはしたくないですよね。

そうならないためにも身長を伸ばしたい小学生がしてはいけないことと対策を紹介していきます。

栄養不足

身長を伸ばすには五大栄養素が必要不可欠ですが五大栄養素の中でも実は取れてるようで取れてない栄養があります。

まず身長を伸ばすうえで一番大切なのはたんぱく質です。たんぱく質は絶対に不足させないようにしましょう(たんぱく質やそのほかの栄養素については身長を伸ばす栄養」をご覧ください)。

そして、以外ととれていない栄養素としてまずカルシウムが挙げられます。カルシウムは骨を強くするだけでなく血液中にも含まれています。

血中のカルシウムは常に少しずつですが尿や汗として体外に排出されてしまうため日々補給することが大切になってきます。

骨格がしっかり育ち盛り血液量が増える成長期には特に必要になってきますが厄介なことにインスタント食品やスナック菓子に添加物に多く含まれる「リン」を大量に摂取してしまうとカルシウムの吸収を阻止してしまいます。

リンは身長の伸びに欠かせない栄養素のひとつでもありますが、大量にとってしまうと身長の伸びに影響を与えてしまう恐れがあります。リンは摂取したカルシウムと腸内で結びつく事で「リン酸カルシウム」となってしまい体に吸収されることなく排出されてしまいます。成長期には食事などでカルシウムを積極的に摂取するように心がけながらインスタント食品やスナック菓子をなるべく控えるようにしてください。

2つ目は鉄分です。鉄分は成長期に血液量が増加すると共に不足しやすいです。

鉄分が不足すると酸素不足になってしまい疲れやすくなったり集中力が低下します。勉強などが忙しくる時に集中力の低下は将来を左右しかねません。これだけは避けたい所です。

3つ目はビタミンです。ビタミンにも種類がありますがビタミンB1は特に不足しやすいです。

これが不足することにより鉄分と同じ疲れやすい症状がでたり夏バテのように体がだるいといったことも起こります。

小学生になると運動量も増えるのでそういう時に不足した状態が続くと肝臓などの機能低下にもなりかねません。

今あげた3つが不足しやすい栄養素ですが身長が伸びないだけでなく体の機能低下にも繋がってしまうので偏食をやめてバランスよく食べて女の子の場合はダイエットなどを無理にしないようにしてください。

睡眠の質が悪い

身長の伸ばすのに睡眠はとても大事になってきます。

大人でも子供でも疲れている時なんかはよく眠れますね?睡眠は成長ホルモンの分泌が盛んに行われます。

睡眠の質が悪いと成長ホルモンの充分な分泌ができず成長期である子供の身長にも影響してきます。

何が原因で質が下がるかというとテレビやゲーム、携帯といった電子機器を寝る直前まで見たり触ったりしている事、入浴を寝る直前にすること寝る前の食事やおやつなど上げだしたらまだありますがどれも脳を覚醒させてしまうことばかりです。

脳が興奮すると寝付き自体悪くなってしまいます。

食事やおやつは胃の中で消化される時間がかかわってきます。食べ物が消化されるまでに食べたものによりすがおそよ2~3時間はかかります。そのため消化されるまでに寝てしまうと脳が錯覚をおこし質の悪い睡眠になってしまいます。

お風呂は寝る1時間前には入ることによって寝る前の体の温度を1度上げることができるのに今は小学生でも塾や習い事などで寝る時間が遅くなってしまう事があります。

少しづつでいいので睡眠の質のを悪くしないように工夫する事が成長期の身長には大事な事です。睡眠の質が悪い原因はここまで紹介したことだけではなくマットレスや枕でも質が悪くなります。マットレスや枕が沈みすぎると体えの負担も大きくなるとともに熟睡状態にはなれません。

寝る姿勢は直立たちしている姿勢が1番いいのです。なので子供さん一人一人にあったマットレスと枕を買うことが睡眠の質を下げない効果的な方法です。

ストレスを抱える生活

ストレス=精神的だと思う人もいるかもしれませんがストレスは成長ホルモン分泌の妨げたにもなってしまいます。

せっかくの成長期にホルモン分泌を妨げてしまうストレスは実は以外と身近な所にあるかもしれません。

それが家庭内です。親からの愛情が少ないと感じている子供や虐待されている子供は安心感ある家庭の子供と比べると身長の伸びが悪いとされています。

先程述べた栄養不足と質の悪い睡眠もストレスになってきます。身長を伸ばす上で栄養と睡眠は必要ですが体作りに必要な栄養が足りないぐっすり安眠できないそういう事から子供でもストレスを抱えてしまいます。

また大人と同じように周りの人間関係でストレスを抱えてしまう子もいます。たとえば学校の先生や友達、塾や習い事の人間関係などです。今はよくニュースなどでいじめが取り上げられていますが言葉のないいじめや先生などから叱られたりすることでストレスを抱えてしまいます。

家庭内で愛情だけではなくたとえばテストの点数が悪い事をがみがみいったりスポーツなどしている子には期待しすぎることで過度なぷれっがかかりそれがストレスになってしまいます。夫婦喧嘩なんかも子供の前でするとそれが心のストレスになってしまいます。

このように日常生活の中でストレスを抱えてしまうことにより成長ホルモンが分泌されないといった悪循環に陥ります。

子供がストレスを感じると早く大人になろうと体が無意識のうちに早く思春期に入ろうとします。早く思春期が来てしまえばその分の身長の伸びは早く終わってしまうため最終身長が低くなってしまう恐れがあります。

運動不足

運動不足になるとしっかりと睡眠がとれないため成長ホルモンを妨げてしまいます。

激しい運動はしなくてもいいですが、ある程度体を動かす事をしないと成長ホルモンが分泌されません。

しかし最近では昔よりも外で遊ぶ事が減ったと思います。事故などが心配だったり近くに公園がないなど様々な事がありついつい家で遊んでしまう。家で遊ぶのもテレビゲームなど体を動かさない遊びをしてしまいます。

家にいてもお母さんのお手伝いなどするだけでも変わってきますがその時間に勉強を進めてしまうため尚更運動不足になります。

また小学生なら登下校はありますがちょっと遠くの塾や習い事に行くとなると自分では行かずに親が送迎してしまいます。または交通機関を使ってしまう事によって歩く事が少なくなっているもの運動不足の原因です。

運動不足によって成長ホルモンが分泌されずにせっかくの成長期に身長が伸びない原因になり運動してないからお腹が空かないのであまりご飯が食べられない、疲れてないから眠れないなど悪循環だらけになってしまいます。

外で体を動かすことで、身長を伸ばすための五大栄養素の1つビタミンDが皮膚で再生し体に取り込まれます。そのため外に出て運動することは小学生にとって必要な事なのです。

しかし熱中症には気をつけながら適度に体を動かすようにしてください。身長だけでなく肥満や小児生活習慣病などの病気にもなりかねないので注意が必要です。

また小学生になると荷物をたくさん持って帰ってきたりするときあもあるかもしれませんが親が重たいからと持ってあげてませんか?

これも親からしたら重いし可哀想に見てますし子供からしても遊ぶのに邪魔になってしまいますが、長時間重いものを持つのはオススメできませんが、荷物をもつことで基礎体力が上がることにつながります。日ごろから運動不足だと後々大変になるので、子供の運動不足を感じているのであれば一度見なおす必要があるかもしれません。

人工甘味料や添加物の摂りすぎ

バランスのいい食事を心がけていても人工甘味料や添加物を取りすぎてしまっては全てが台無しになってしまいます。

添加物といっても種類は1500種類ほどあります。いちいち気にしてたら拉致があかなくなりますね。

子供にはよくないとされてる甘味料はスクラロースやソルビトール、サッカリンなどありますがこれらはジュースなどにたくさん含まれてます。これらは発がん性や頭痛などの症状も出ることがあります。

人工甘味料は甘みが多い事で知られていますがサッカリンは砂糖の700倍ほど糖分が高いとされています。糖分の取りすぎは血糖値上昇し脂肪燃焼がされなくなってしまうため肥満だけでなく早く思春期を迎えてしまい、結果身長が伸びないということに繋がります。

添加物や人工甘味料はスナック菓子やインスタント食品など様々な物に含まれてます。一概に全てがダメではなく量を守れば摂取しても問題ないとされています。

とはいえ小学生だとまだまだお菓子も必要です。いきなり食べてはダメというとそれがかえってストレスになり成長を止めてしまうと事があります。食べ過ぎたら翌日は少し減らす程度から始めても大丈夫です。

身長を伸ばすためにしてはいけないことの対策とまとめ

以上が身長を伸ばすためにはやってはいけないことになります。よく考えてみれば少しの改善で良くなることばかりです。

栄養不足に関しては取れてるようで取れてない栄養素をきちんととりましょう。そうするとバランスよく食べている食事も無駄になりません。

運動に関しては日ごろからゲームや家で遊ぶ事を少しだけ減らして外で一緒に遊んでみてはいかがですか?たくさん運動することで成長ホルモンの分泌が盛んに行われ質のいい睡眠もとることができます。

1人でできる縄とびなんかでもするとのしないのでは全然違います。また縦方向にジャンプすることで身長の伸びにも繋がってきます。

日ごろかれお菓子を食べている子供は添加物が入ってるスナック菓子ではなくおやつとして小さいおにぎりなんかに変えてもいいです。ちょっとした親のサポートで改善出来ることばかりです。

休みの日に公園にお弁当を持っていったりすることで添加物であるインスタント食品をとることもなくなります。家族みんなで仲良く遊ぶ事で子供のストレス軽減にも繋がります。大人と同じ子供も様々なストレスを抱えていますのでガツガツ子供の心に入るのではなく成長期の間は少し楽に構えて子供と接して上げることで子供ものびのびと過ごすこともできます。

小学校も中学年くらいからプチ反抗期にもなってくるかもしれませんが家に帰ってからでもいいのでぎゅっと抱きしめて上げてください。それだけでもストレス軽減に繋がりストレスも減っていきます。

今日からでもできることはあると思うほで子供の身長を伸ばすためにも今一度生活習慣を見直してみてくだい。

小学生が背を伸ばすためにすべきこと

ここまでは小学生が身長を伸ばすためにしてはいけないことをご紹介してきました。

ここからはそれをふまえた上で、小学生が身長をグングン伸ばすためにすべきことをご紹介していきます。

小学生になれば身長が伸びて一気に回りの友達より高身長になる子もいます。

小学生はあまり伸びなかったけど中学入ったら伸びたなどありますが成長期にどれだけバランスの取れた食事をとれて質のいい睡眠をとれたかによって身長の伸びは大きく関わってきます。

では、身長を伸ばす為にやるべき大切な事をみていきましょう。

しっかり栄養をとる

体が大きくなる成長期では体作りをする栄養がとても大事になってきます。小学生なら3度の食事でしっかり栄養をとって成長に繋げていきたいです。

とくに成長期の子供にとって朝食は大切です。規則正しい生活をする上で毎朝決まった時間に起きて朝食を食べる習慣をつけたいです。人は寝ている間にエネルギーを消費するのでたくさんのエネルギーが必要になる成長期には朝食で補給するようにしてください。

食事で摂るべき重要な栄養素としてはカルシウム、マグネシウム、たんぱく質、亜鉛、ビタミンD、また、各種ミネラルと色々な栄養素をバランス良く摂取することが重要なことになります(詳しくは身長を伸ばす栄養」をご覧ください)。

1つの栄養素を食べても小学生の身長の伸びには繋がりません。乳製品でカルシウムをとり大豆製品でたんぱく質をとり野菜や魚でビタミンやミネラルをと様々な食材をバランスよく食べることですくすく育つ元気な体がつくられます。

成長期に必要な栄養素としてまず挙げられるのがカルシウムです。カルシウムはコラーゲンに吸着することで骨を伸ばし丈夫にする栄養素です。そして、カルシウムを骨に定着させるにはマグネシウムの働きがが必要になります。マグネシウムはひじきや海苔などの海藻類、そして、アーモンドなどのナッツ類にたくさん含まれている栄養素です。

カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂取するのが理想的なバランスといわれています。さらにマグネシウムは骨を強くするためではなく体全体の緊張をほぐす効果など多くの働きがあります。小学生だけではなく大人にとってもなくてはならない大切な栄養素になってきます。

そして骨を伸ばす一番大切な栄養素といえるのがタンパク質です。筋肉や血液だけでなく骨端軟骨で新しい骨を作り出し、骨を伸ばすために必要な栄養素であり、タンパク質から作られるコラーゲンが骨の大部分を占める材料になります。

骨を伸ばして上部にするためにはカルシウムとマグネシウム、たんぱく質ももちろん重要なのですがそれ以外にも成長するためには色々な栄養素が必要になります。

カルシウムを骨に定着させる働きをするマグネシウムはもちろん必要ですが、それだけではなく体に吸収しにくいカルシウムの吸収率を助けてくれる重要な働きをしてくれるビタミンDも必要になります。

カルシウムと共に摂取したビタミンDはカルシウムの運び屋として血液中に取り込むように働いてくれます。カルシウムが排泄されるのを防いだり骨端軟骨における骨代謝のバランスを整える働きもあります。 ビタミンDは青魚やきのこ類にたくさん含まれています。

魚からはビタミンDだけでなく、たんぱく質もとることができます。さらに青魚は血中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させる働きもしてくれるので子供の食生活に積極的に取り入れたい食材のひとつです。

ビタミンDは日光を浴びることによって体内でも作られます。そのため日光浴は小学生の子供の成長にも大切なことなのです。 夏場は日陰でもビタミンDの形成には十分なので熱中症対策しながれ暑さに外に出る機会をつくりましょう。

上質な睡眠をとる

小学生にもなると動きも活発になり夜はぐっすり眠る事ができると思います。1日の中で成長ホルモンの分泌量が一番多くなるのは寝ている時になります。質のいい睡眠をとることによって身長をスムーズに伸ばすことができます(睡眠については身長を伸ばす睡眠」をご覧ください)。

小学生でも塾や夜更かしをしていると伸びるものも伸びないので今日から改善できる事をしていきましょう。

夜のゴールデンタイムというのがあります。それも大事ですが眠り初めてから3時間で深い眠りにつけるかどうかが鍵ななります。

深い睡眠をとるために寝る前の食事は避けるようにしてください。食べ物は消火されるまでに約3時間かかると言われています。寝る前にご飯を食べると消化が追いつかず熟睡できなくってしまうためせめて2時間前には終わるようにしておいて下さい。

ご飯だけでなく睡眠環境も大事です。睡眠環境を整えるために寝具も気をつけてください。理想的な寝姿勢は直立で立っている時です。なのでマットレスや枕など沈みすぎず高すぎずというもので子供一人一人に合わすように選びましょう。

また寝る前のテレビやゲームは脳の興奮状態にしてしまいます。できるだけ寝る前は避けて部屋も暗くして静かな所で寝れるのが小学生の間は成長ホルモンがたくさん分泌されます。

日頃から体を動かしてよく眠れるようにすると睡眠の質のは変わってきます。夜寝る前よりは朝起きてからする運動のほうがいいので朝のちょっとした時間にラジオ体操でもかまいません。少し運動するようにしましょう。

また入浴も寝る直前よりは1時間前ぐらいに入ってゆっくり湯せんに浸かるのも効果的です。そうすると体の芯の温度が上昇し、風呂上がりに徐々に体温が下がることにより質のいい睡眠をとれるようになります。

ストレスを抱えずのびのび生活する

小学生の身長は成長ホルモンの働きによって一気に伸びる時期になります。

食事や睡眠だけでなく身長の伸びを妨げる原因になっているものがストレスです。身長とストレスは何の関係もないように思えますがストレスが過度にかかりすぎると身長の伸びが悪いと言われています。

どのようなストレスかと言うとまず1つめは学校などでの人間関係です。学校は毎日通う所であり小学生だと6年間と長いです。小学生にとって学校での人間関係はとても重要になっておりストレスの大きさを左右します。

成長期である間は極力ストレスを取り除いてあげることで伸びに繋がってきます。

2つ目は慣れない事へのプレッシャーからきているものです。小学生になると新たにチャレンジする事が増えます。クラブのキャプテンなどを任される事があると初めての経験でストレスを抱えてしまうこともあります。

普段から顔色をしっかり伺いながら適度な距離で接することでストレス軽減効果になります。

3つ目は親からの愛情です。愛情を注いでもらわないとストレスにより成長ホルモンがうまく分泌されなくて身長が伸び悩んでしまいます。それが原因となり食欲不振や浅い眠りになったしまっては小学生の身長も伸びません。

愛情をたっぷ注いであければ成長ホルモンも順調に分泌されてきます。子供は宝です。小学生になると少し反抗したりもしますがたくさんの愛情をもって接してあげてください。

適度な運動

食事や睡眠で小学生の身長は伸びるといってきましたが実は運動も背を伸ばすのにとても大切な事です。運動=健康にいいと思う方もいますが成長期の子供は運動すると骨が伸びます(運動については身長を伸ばす運動・スポーツ」をご覧ください)。

なぜなら運動することで体を支える骨が成長するからです。子供には骨端線があり骨の細胞が線状に集まったものになります。これは子供にだけ存在し大人になるとなくなってしまいます。

そこで骨端線を刺激するためにする運動はバスケやバレーボールのように縦方向にジャンプする事です。1人でも出来るものなら縄跳びなども効果的です。

ただし、長時間ずっと続ける運動は逆効果になる場合があるので、気をつけてください。

運動をすることで開始15分頃~終わった後3時間ほどは成長ホルモンが多量に分泌されます。

縦方向は骨の成長にいいですがそれだけにとらわれずジョギングなんかでも大丈夫です。日中にこういった運動を行う事で食欲が増えて夜はよく眠れるようにななります。

過度な運動は控えて成長過程にあった運動をする事とお子さん自信が楽しんで遊べる運動を見つけると続けていけるのでなおいいです。

運動をたっぷりした日は帰ってきたら早めにお風呂に入って早めにご飯を食べて勉強をいつもより少し早めにして早めにお布団に入ると体が寝るモードになってくれて質のいい睡眠をとれます。

親がしっかりサポート

では親が小学生の子供に身長を伸ばせるようなサポートする時はなんといってもまず食事からです。

小学生の間は昼ご飯は給食の所がほとんどだと思います。でも朝と夜は家でお母さんのご飯を食べます。そこでお母さんはしっかりとバランスよく五大栄養素を含む食材を使ってご飯を作る事で子供の成長過程が大きく左右します。

野菜を食べないとか手軽に食べれるインスタントはファーストフードなんかは栄養が偏りがちです。まずは和食中心のメニューでご飯を作ってみてください。

ですが毎日のご飯作りは結構労力使います。メニューを決めるのが苦手な方もいると思います。そういう時は五大栄養素を考えるのではなく彩を考えた食事を作ってみてください。食事で色があるものを数種類使えばそれだけでそれぞれ別の栄養素を取ることができます。

小学生とはいえまだ子供なのでおやつで補うのも1つです。お菓子ではなくおやつなのでひじきのふりかけでおにぎりを少量作っておくなどしておくとおやつで栄養補給もできます。

また酸味や苦味などは子供にとって苦痛になります。大人は大丈夫でも子供は苦手な子も多いので酸味なら加熱して飛ばす事もいいですしゴボウやほうれん草など栄養価が高いものでもアク抜きして苦味を飛ばせば食べられるようになります。

好き嫌いがある子供でも味付け1つで食べてくれるようになったりもします。

どうしても好き嫌いがある子供さんの場合は、まずはタンパク質を優先的に食べさせるようにしましょう。とにかくたんぱく質は骨の成長だけではなく体全体の成長に欠かせません。肉、魚、卵、大豆製品、これらのうち子供さんが好きな食べ物をどんどん食べさせてください。コレステロールなどの心配は大きくなってからケアすれば十分間に合います。

たんぱく質以外の身長の伸びに必要な栄養素はサプリメントを利用するのもひとつの手です。サプリメントを選ぶ際はしっかり配合されている栄養素を確認して購入しましょう(詳しくは「背が伸びるサプリメント徹底比較」をご覧ください)。

そして程度な運動をさせてあげるもの親の務めです。例えば水泳やジョギングなどもいいですし、親と一緒にヨガなどやってみてもいいです。

一緒にすることでスキンシップもとれてストレスもくなるので一石二鳥です。

そして睡眠時間がちゃんととれているか1度しっかり確認してみてください。食事の時間やお風呂の時間など調節して早く体を休めるようにしてあげてください。

ポイント

小学生の子供の身長を伸ばすには親のサポートが絶対に必要になります。身長を伸ばすためのしっかりした生活習慣を取り入れるようにしましょう。

しっかり食事、運動、睡眠の3つの重要な部分をサポートしてあげることで子供の身長はグングン伸びます。

成長期の間しか骨端線が伸びる事はありません。その貴重な期間にしっかり身長を伸ばし、大きく育つようにしてあげてください。

今では小学生でもゲームや携帯など下を向くことも増えソファーから動かないなんて事もあります。ちょっと誘って一緒に外にでるだけて日光浴になりビタミンも摂取できます。適度な運動で質のいい睡眠もとれます。親と子供が一緒になって取り組めるものを日頃から探しておくといいと思います。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • サバ缶ダイエットで痩せるには 痩せるだけじゃない嬉しい効果も

  • 背が伸びる方法

  • 眠気を飛ばす方法 寝ちゃいけない時はこれをすれば目が覚める!

  • 身長を伸ばす体操をしよう 手軽にできる体操をまとめました

  • 子育てを失敗したくない!!失敗してしまう育て方とは!?

  • 身長を伸ばすストレッチ 寝る前にすると効果のあるストレッチ