1. TOP
  2. 身長を伸ばすには20歳からでも遅くはない!

身長を伸ばすには20歳からでも遅くはない!


この記事は約 8 分で読めます。 688 Views

20歳を過ぎてからでも身長は伸びる

「もっと身長が欲しかったけど、20歳を過ぎちゃったし、もう無理だなぁ…」

なんて感じで諦めている人もいるかと思います。

でも、20歳からでも身長は伸ばすことはできます。

さすがに成長期真っ最中の中学生のように一年間で10cm近く伸ばすことは不可能ですが、数センチの身長アップは20歳を過ぎてからでも十分可能です。

「え?たったそれだけ?」なんてガッカリした気持ちになっているかもしれませんが、身長を数センチ伸ばして、それに加えて猫背やO脚を正せば5センチ以上の身長アップも可能です。

20歳を過ぎてからの5センチアップは非常に効果があります。姿勢も良くなるので、見た目はそれ以上に大きく見えるはずです。

20歳を過ぎてからでも全然遅くはありません。まだまだ身長が伸びる可能性は十分に残されています。

これからご紹介する方法で身長を伸ばしていきましょう。

 

スポンサーリンク

骨はまだ伸びる可能性を秘めている

骨が伸びるのは骨端線があるから

20歳を過ぎてから身長を伸ばすために、まず最初に骨が伸びるメカニズムをご紹介します。

骨が伸びるためには骨の両端にある骨端線という軟骨組織でできている薄い層があります。この骨端線が伸びることで骨は縦方向にグングンと伸びていくのです。

骨が伸びる仕組みは成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性腺ホルモンが骨端線に働きかけることにより骨端線内の軟骨細胞がアミノ酸を大量に取り込んでコラーゲンをつくり、それが折りたたまれて伸びていき、そこにカルシウムやマグネシウムなどが吸着することによって硬い骨になるという流れになります。

一般的にはこの骨端線は思春期が終わるタイミングでほぼなくなって(閉じて)しまい、大人の骨になり、それ以上は骨は伸びなくなります。

まだ骨端線が残っていれば身長が伸びるチャンスはある

「20歳を過ぎているから骨端線は残っていないだろう」と思うのは諦めるのが早すぎます。

20歳を過ぎてもまだ骨端線が残っていて25歳くらいまで身長が伸びていたという人は少なくありません。

しかし、成長期とは違い骨端線は確実に薄くなっているのは確実です。20歳を過ぎてから身長を伸ばしたかったら、この残り少なくなった骨端線をいかに大きくするかがポイントになります。

思春期はどんなに不摂生をしていてもある程度は身長は伸びたと思いますが、それは骨端線が十分にあって、成長ホルモンの分泌量も十分にあったからです。

20歳を過ぎた今は、成長期とは置かれている状況が違います。

では、どうすれば骨端線を伸ばして身長をアップさせることができるのでしょうか?

何よりも大切なことは生活習慣の改善です。

生活習慣の改善で身長が伸びる

十分な栄養素をとる

骨を伸ばすためには骨を伸ばすために必要な栄養の補給は欠かせません。

骨を伸ばすために必要な栄養素が欠けている状況は、家を建てたくて優秀な大工を雇ったのに資材が全くない状況と同じです。栄養なくしては骨は伸びません。

20歳を過ぎたあなたの毎日の食事はどのような物を食べていますか? ファストフードやインスタント、レトルト食品ばかり食べていませんか?

実家暮らしをしている人なら何とか栄養をとれているかもしれませんが、一人暮らしの大学生などは、学校やバイトや遊びに忙しくてバランスの取れた栄養をとれていないのではないでしょうか?

毎日バランスを考えた食事をとることは難しいかもしれませんが、なるべく栄養のあるものを食べるように習慣をつけましょう。

身長を伸ばすために必要な栄養素と簡単にできるレシピを紹介していますので、ぜひ食事の参考にしてみてください。

「身長を伸ばす食べ物」

「背が伸びる食事&おやつのレシピ」

上質な睡眠をとる

あなたは毎晩どんな感じで眠っていますか?

「眠くなったら寝る」という睡眠では身長が伸びません。身長は眠っている間に伸びるからです。身長を伸ばすには質のよい睡眠が必要不可欠です。

なぜなら、骨が伸びるためにはグッスリ眠っている時に分泌される成長ホルモンの働きが必要になるからです。例えるならば成長ホルモンは家を建てくれる大工さんといったところでしょうか。家を建てるには腕のいい大工さんが大勢いればスグに良い家が建ちますが、腕のない大工さんが一人で建てていたのでは、全く家は完成しません。

大工さんは一人だとしても、いつかは家が建つかもしれませんが、骨端線はそうこうしている間になくなってしまいます。時間は限られているのです。

そのためにも質のよい睡眠をしっかりとって大量の質のよい成長ホルモンを分泌させましょう。

質のよい睡眠のとり方をご紹介しますので参考にしてみてください。

「睡眠の正しい知識」

「身長が伸びる寝方」

ストレスを解消する

嫌なことがあったり、それが続いたりすると気持ちが落ち込むだけではなく、食欲がなくなったり、眠れなくなったり、体調がすぐれなくなったりしませんか?

実はそれはストレスによって脳の視床下部の機能が低下しているからなんです。視床下部はストレスの影響を受けやすいいのです。

この視床下部は喜怒哀楽や食欲、睡眠浴、抵抗力に大きく関係していているので、ストレスがかかると体の様々な部分の調子が悪くなってしまうのです。

そして、ストレスの大きな影響をうけるもののひとつが成長ホルモンの分泌量です。成長ホルモンの分泌は視床下部の働きが大きく関係しているので、ストレスを受けると成長ホルモンの分泌が減少し、結果として身長が伸びなくなります。

ストレスの影響はとても大きくて、成長期の子供でさえストレスの影響でそれまで順調に伸びていた身長が急にストップするケースもあるのです。

20歳を過ぎると色々とストレスがかかる場面も増えると思いますが、自分なりのストレス解消法を見つけて身長を伸す原因を取り除くようにしましょう。

適度な運動をする

まだ残っている骨端線を効率よく伸ばすためには適度な運動が必要になります。

骨端線に刺激を与えることで成長ホルモンの分泌が活性化するのですが、その刺激を与えるのに有効なのが適度な運動なのです。

特に縦方向の刺激を与えることが効果的です。

そこで、20歳を過ぎている人にオススメなのがジャンプするスポーツをすることです。ジャンプして着地すると縦の両方向の刺激が骨にかかります。そのことによって成長ホルモンの分泌が促されることになるからです。

バスケ、バレーや競技中にジャンプしなければならない運動やスポーツを取り入れてみましょう。

ただし、負荷がかかりすぎたり、長時間にわたって負荷がかかるウエイトリフティングやマラソンは控えた方がいいかもしれません。強すぎる負荷は逆に骨を痛める恐れがあります。

姿勢を良くする

スマホやパソコン、ゲームのし過ぎで猫背になっていませんか?

スマホやパソコン、ゲームを長時間していると事前に猫背になっています。そして現代はその体制をほぼ毎日続けることが多いため、若い人でも猫背になっている人がとても多いのです。

背筋をピンっと伸ばしてみてください。何となく違和感を感じたり苦しかったりしたらそれは普段の姿勢が猫背になっている証拠です。

猫背の人は身長を2~3センチ損しています。

またO脚、X脚の人も増えています。椅子に座った時に足を組んだりする習慣がある人に多い症状ですが、O脚、X脚の人も身長を1~2センチ損しています。

猫背、O脚、X脚をなおして姿勢を良くするだけでも3~5センチは身長を伸ばすことができます。

猫背、O脚、X脚のなおし方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「身長を伸ばすための整体」

骨が伸びなくなっている人に有効な方法

軟骨を大きくして身長を伸ばす

ここまでは、骨を伸ばして身長を高くする方法をご紹介してきましたが、ここからは骨は骨でも軟骨を大きくして身長を伸ばす方法をご紹介します。

20歳を超えるといくら骨端線が残っていてもその伸び率はとても少ないのが現実です。

そこで有効な方法が、骨と骨の間、関節にある軟骨を大きくして身長を伸ばす方法です。

軟骨はその一つ一つはとても小さいので、大きくするといってもそれぞれがほんの少しづつしか大きくならないのですが、間接は体のいたるところに存在しており、特に背骨には25個もあるので、すべてをトータルすると2センチくらいの身長アップにつながるのです。

チリも積もれば山となるのです。

軟骨を大きくするには「グルコサミン」と「コンドロイチン」

「グルコサミン」と「コンドロイチン」と聞くと、「関節が痛くなった年配の人が服用するもの」というイメージがあるかもしれませんが、このグルコサミンとコンドロイチンには関節の軟骨を大きくする働きがあるのです。

そもそも、なぜ年を重ねると関節が痛くなるのかというと、間接の軟骨がすり減ってなくなり、骨同士が接触するからです。

ここで有効なのがグルコサミンとコンドロイチンです。グルコサミンは軟骨を修復、増殖させる働きが確認されていて、コンドロイチンは軟骨に水分を引き寄せて軟骨に弾力を持たせる働きがあります。

このように、グルコサミンとコンドロイチンを併せて使うことで軟骨は大きくなるのです。そして、もちろん軟骨の修復、増殖にも成長ホルモンは関わっているので、生活習慣が悪い人よりも生活習慣がいい人の方が、年配の人よりも若い人の方が軟骨は大きくなる確率が高くなるのです。

「グルコサミン」と「コンドロイチン」は年配の人だけのものではありません。身長の伸びは2~3センチといったところですが、試す価値は十分にあるのです。

ポイント

20歳を過ぎてからでも身長を伸ばすことは可能です。まずは食事、睡眠、ストレス解消、運動といった生活習慣の改善から始めるようにしましょう。

姿勢を正すだけで数センチの身長アップが可能です。姿勢を正して生活してみましょう。

関節の軟骨を大きくすることで身長は伸びます。若い人ほど「グルコサミン」と「コンドロイチン」を試してみる価値があるはずです。

\おすすめのコンドロイチンとグルコサミン/

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長はいつまで伸びる?身長を伸ばすためにするべきこと

  • 赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使うの?歯磨き粉選びのポイント

  • ジャンプすると身長が伸びるってホント?

  • 子供の便秘解消法 即効の方法を紹介します!

  • 子供がヘルペスになったら保育園に登園させても大丈夫なの?

  • リビングで勉強すると成績が上がる! リビング学習のポイント