1. TOP
  2. 思春期が始まってからの身長の伸ばし方

思春期が始まってからの身長の伸ばし方


この記事は約 8 分で読めます。 324 Views

思春期が始まってしまったら

身長の伸びは思春期が終わればほぼ止まる

身長は、生まれてからの約4年の幼児期と、思春期が一気に伸びる時期です。個人差はありますが、思春期には一年で一気に10cmも伸びる人もいます。

しかし、思春期はいつまでも続くわけではなく、男性の場合は声変わり、女性の場合は初潮を迎えると、それが思春期終了のサインです。

思春期が終わると大人の骨になってしまい、その後は伸びることがないので、身長もほぼ伸びることはなくなります。

つまり、思春期が最終身長を決める最後のチャンスと言っても過言ではないのです。

では、思春期が始まってしまったら何をすれば身長の伸びを加速させることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

身長が伸びる時間と伸び率を増やす

思春期に身長の伸びを加速させるためには、子供が「思春期に入った」ことを見極めなけらばなりません。

女性の場合であれば、思春期に入ると胸が膨らみ始めるので、外見から思春期に入ったことを判断しやすいのですが、男性の場合は外見ではほとんど判断がつきません。声変わりが男性の思春期の特徴ですが、声変わりは思春期が終わるサインなので、声変わりは「思春期に入った」サインではないのです。

そこで、正確に子供が思春期に入ったことを確認する方法としては、低身長外来を受信しての血液検査があります。

血液検査をすることによって、血液内の成分から子供が思春期に入ったかどうかがわかります。

成長曲線の値が順調に推移している子供であれば、血液検査の必要はないかも知れませんが、平均よりも大幅下回っている子供であれば、一度検査をすることを考えた方がいいかもしれません。

そして、思春期に入っているという結果が出た場合には、身長を伸ばすための方法として2つの方法があります。

医学的アプローチで思春期を遅らせる

思春期に入ってからの身長をより伸ばすための一つ目の方法は、思春期の開始を遅らせる働きをする薬を使うことです。

思春期を遅らせる薬を使うことで、始まりかけの思春期をもう一度思春期前に戻すことができます。

思春期に伸びる身長は、個人差がありますが、男性で約25センチ前後、女性は約22センチ前後とほとんどの人が同じだけ伸びます。そのため、思春期前までにどれだけ身長を伸ばせるのかが最終身長を決めるポイントになります。

つまり、思春期は遅く始まれば始まるほど、身長が高くなる可能性があるのです。思春期前までは身長は年間約5センチの伸びがあるので、1年思春期を遅らせる薬を使えば単純計算で5センチ身長を高くすることができるのです。

しかし、この方法の成功率は30%ほどしかありません。成功すれば薬を飲んでいる間は年間約5センチで成長し、薬をやめて思春期に入っても通常の思春期のように約25センチ伸びるのですが、残りの70%は薬をやめて思春期に入っても急激な身長の伸びが見られずにトータルで5~8センチほどの伸びでストップしてしまうのです。

このように薬を使って思春期を遅らせる方法は、成功するよりも失敗してしまうケースが多くあまりオススメできるものではありません。

さらに、女性の場合はこの薬を使うことで子宮や卵巣などの生殖器系の発達に影響を与えてしまうリスクも考えなければなりません。

思春期の伸びを最大にする

薬を用いて思春期を遅らせる方法は、失敗する確率の方が高いですし、リスクも伴う危険があります。

そこでオススメする方法が、思春期に入っても無理やり抑え込むのではなく、思春期の伸びを最大限にしてあげる方法です。

思春期に入るとそれまで年間5センチほどだった身長の伸びが、男性で年間約8センチ、女性で年間約7センチと急激に伸び始めます。この伸びをさらに引き出して、年間10センチ以上を目指そうと言うのがオススメの方法です。

この方法は受診したり、薬を使ったりするわけではないので、誰にでもできる方法ですし、高額な治療費も必要ありません。ただし、毎日の生活習慣を整える必要があるので、本人の「身長を伸ばしたい」という明確な意思と家族のサポートが必要になります。

では、次からその方法をみていきましょう。

身長を自然に最大限に引き出すための方法

バランスの取れた栄養をたくさんとる

思春期の身長を伸ばすために大切なもののひとつがバランスのとれた栄養です。

身長を伸ばすために必要な「5大栄養素」についてはこちらからご覧ください。その中でも特にタンパク質は思春期に身長を伸ばすためにはとても重要になります。

身長を伸ばすためには骨を伸ばす必要があり、アミノ酸が必要になります。そして、骨を伸ばすためには成長ホルモンの働きが必要になりますが、成長ホルモンの生成にもアミノ酸が必要になります。

そして、アミノ酸を補給するためにはタンパク質が必要不可欠になるのです。なぜならタンパク質が分解されることによってアミノ酸になるからです。

タンパク質を多く摂取できる食べ物は、肉類、魚、卵、大豆製品などが挙げられます。思春期にの身長の伸び率を最大に引き出すために、これらの食品をたくさんとるようにしましょう。タンパク質をどれだけとるかによって伸び率が変化すると言っても過言ではありません。

もちろんその他にも身長を伸ばすために必要な栄養素として「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンD」がありますが、思春期にはとにかく「タンパク質」を摂ることが大切です。とにかくタンパク質を多く含む食材をたくさん食べるようにして、足りない栄養素はサプリメントで補うことがオススメです。身長を伸ばすサプリメントの徹底比較はこちら

睡眠が大切

思春期の身長を最大限に伸ばすために栄養と同じくらい必要なのが睡眠です。

しかし、ただ寝ればいいということではありません。質のよい睡眠が必要になります。

身長を伸ばすために欠かすことができないのが「成長ホルモン」。この成長ホルモンが一番多く分泌されるのが夜11時~2時までの間だということがわかっています。そして、入眠後3時間で体内の成長ホルモンの濃度が最大になることもわかっています。

しかし、すでに述べたように、ただ寝ればいいというわけではありません。途中で起きてしまったりすると、その後の成長ホルモンの分泌量が落ちてしまうからです。熟睡することが大切なのです。

質のよい睡眠をとるポイントは、夜11時には寝るようにして、途中で起きることなく朝までグッスリと寝ることが大切になります。

グッスリ眠るためにはリラックス状態でベッドに入ることが何よりも重要です。眠る直前までテレビを見たり、ゲームをしたり、スマホを見ていると交感神経が活発になってしまい、リラックスしてベッドに入ることができず、睡眠の質が低下してしまいます。

思春期になって質のよい睡眠がとれていないと思春期の身長の伸び率が悪くなるだけではなく、最終身長が低くなる可能性が高くなります。

思春期に入った子供の身長をグングン伸ばすためにも睡眠の質を高める習慣をつけましょう。

ストレスを解消する

ストレスを受けるとその影響を強く受けるのが脳にある視床下部です。

この視床下部は成長ホルモンの分泌に大きく関わっているため、大きなストレスを抱えて生活している子供の身長は伸び悩む傾向にあります。

特に思春期の子供の身長の伸びは成長ホルモンの働きが強く関わっているので、思春期の子供に大切なことはストレスのない穏やかな生活を送ることなのです。

しかし、思春期の子供の生活は親が考えているよりもずっとストレスフルです。クラス替えなどの友達、勉強の変化に始まり、受験、恋、果てにはイジメの問題まで出てくるかもしれません。

ストレスの影響は大きく、深刻なケースでは、本来あと10センチほど伸びるはずだった身長がピタッと止まってしまったケースもあります。

子供のストレスを解消するためにも、子供がストレスを受けていることを察知するためにも、大切なことは普段からの親子のコミュニケーションです。

思春期の子供は親に話しかけられるのも嫌に感じるケースが多いとは思いますが、適当な距離感をとって毎日のコミュニケーションをはかることが、子供のストレスを解消させる一番の方法です。

子供の成長のためにも毎日のコミュニケーションで子供のストレスを解消してあげましょう。

適度な運動が大切

運動をしていなくても身長が高い子供がいることは事実ですが、身長を伸ばすためには適度な運動がとても重要になります。

骨は縦方向の刺激が加わることで成長ホルモンの分泌が高まったり、刺激を受けた骨の部分の血流などの働きが活発になり成長が活性化されます。

そして、縦方向の刺激で骨が適度なダメージを負うことにより、カルシウムの吸収も高まり丈夫な骨が出来上がります。

このように身長の伸び率にも骨の強度を高めるためにも運動はとても効果的なのです。

身長を伸ばすために特に「これ」という運動はありませんので、自分が楽しめる運動をすればいいと思います。

しかし、骨に過度に負荷をかけてしまう運動は避けた方がいいです。例えば重いバーベルを上げる運動やマラソンなどの長時間にわたり骨に負荷をかけ続ける運動です。

負荷をかけすぎると骨の伸びに悪影響を及ぼす恐れがあるので、そのような運動は避けることをオススメします。

そして、運動の前と後は必ずストレッチをしましょう。ストレッチをすると筋肉もほぐれますし、血行もよくなり骨に栄養がとどきやすくなります。

ポイント

思春期に入ったかどうかを見極めることが大切、思春期を遅らせる方法もありますが成功率が低いため、思春期伸び率を最大限に引き出すための生活習慣の改善を第一に考えましょう。

思春期の食事はとにかくタンパク質を多くとることが重要。足りない栄養素はサプリメントを利用するなどして摂取しましょう。

睡眠、ストレス、運動も思春期の身長の伸びに大きく関わっています。子供の身長を大きくしたいなら日頃の親のサポートが必要不可欠です。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 記憶力が向上する食べ物と栄養素 子供の記憶力をアップさせよう

  • 猫背を治せば身長が伸びる!

  • 背が伸びる食事のレシピ&おやつのレシピ

  • 身長を伸ばすサプリや薬はあるのか?

  • 身長を伸ばすための「栄養・睡眠・運動」の常識と非常識

  • 身長を伸ばすために必要なたんぱく質の量とその働き