1. TOP
  2. 身長を伸ばす手術のメリットとデメリット

身長を伸ばす手術のメリットとデメリット


この記事は約 9 分で読めます。 918 Views

手術で身長を伸ばす

身長は子供のうちに五大栄養素をしっかり摂取してたり普段の生活習慣の中で質のいい睡眠をとれていたかにより成長期で骨の発達が左右します。

成長期を過ぎても骨端線が残っていれば身長が伸びる事もありますが残っていなければ身長を伸ばすのは不可能です。

ですが大人になってから身長が欲しいと思う方はいると思います。

伸長手術というものがあり大人になってからでも身長を伸ばすことができます。

この手術は2種類ありここではこの伸長手術についてメリットとデメリット含め書いていこうと思います。

スポンサーリンク

身長を伸ばす手術の種類その1 イリザロフ法

イリザロフ法とは

イリザロフ法の手術方法は元々成長期に背が伸びない疾患を伴う子供などに用いていた手術方法になります。

骨の自然治癒力を利用したもので大人になって骨折などしても自然と骨はくっついてきますよね?それを利用しています。

手術で骨を切り切断した部分から新しい骨ができるのを待ちます。時間をかけて再生していくことで骨を長くします。

新しい骨の長さを出すのに専用器具で徐々に引っ張って伸ばします。再生した仮骨は時間が経つとしっかりした硬さのある骨になります。

ただし高齢になるほど骨はもろくなったり回りの筋肉や神経の状態も骨の伸びと合わなくなってきます。そのため35歳までが手術可能な上限となってます。

現実的には5cm前後が伸ばすことができる長さになってます。10cm程度もできないことはないですが手術医師と相談しながら行う方がいいです。

イリザロフ法メリット

日本ではもちろん世界中で行われている骨を伸ばす手術になります。そのため経験を積んだお医者さんやクリニックなど探すことができます。

また固定するとこで骨の結合が早いとい特徴もあり個人差がありますが早い人だと最短翌日からリハビリを行える事もあります。

感染症など起こる場合もありますが体への影響を最小限に抑える事もできます。

イリザロフ法デメリット、リスク

1番挙げられるのが手術後に感染症や合併症にかかってしまう確率が25%以上と言われています。

これは手術環境が良くない場所でしたことが原因です。衛生面や術後のリハビリなどがちゃんとした医療機関であれば感染症のリスクは低下しますが感染症のリスクがあることは変わりません。

また骨を人為的に切るので手術後も激痛がはしることがあります。さらに個人差があるものの約4か月~2年ほど専用の器具を脚に装着しておく必要があります。そうすると目立つので日常生活で不便があることもあります。

さらに手術時にワイヤーやピンなど脚の該当する箇所に刺す必要があります。それに合わせ骨を切る時に脚の外側に傷が残ってしまいます。刺した後の傷は後々皮膚に残ってしまう場合があるのでを考えておく必要があります。

身長を伸ばす手術の種類その2 ISKD法

ISKD法とは

ISKD法とはアメリカで主流な手術であり日本国内で受けようと思えば受けれますが数箇所の病院しか手術をやっていません。

器具がないので国外からの取り寄せになり為替によって器具の値段が変動する時があります。

イリザロフ法と同じように骨を人為的に切り器具を脚にはめ磁石の力を利用し骨を再生したり延長していく方法です。この器具は遠隔操作が可能になっており遠隔操作で伸ばすことができるようになってます。

器具を伸ばすことで骨も一緒に伸ばすという仕組みで身長を高くしていきます。ISKD法では5~8cmほど高くすることが可能になっています。

ISKD法メリット

ISKD法では先程述べたイリザロフ法と違い感染症や合併症のリスクが少ないということです。

もちろん痛みはたりますがイリザロフ法と比べ痛みが少なく装着器具が目立たないようになっているので術後の生活においてストレスが減ったり人目につくことがないです。

イザリロフ法と違いISKD法は外側を器具で固定したりしないので早い場合術後すぐ帰ることができで翌日から通常通り生活を送ることができる手軽さがあります。

ISKD法デメリット

現在はアメリカでしかやっていない身長を伸ばす手術方法です。また手術を申し込む時に厳しい審査があるためそこを通過しないと手術自体受けられる確率低くなってしまいます。

費用はおそらくイリザロフ法を受けるのと同じぐらいの費用が必要かと思われます。

また骨が伸びる過程で筋肉や神経を引っ張られます。手術中は麻酔があるからいいですが術後のこの痛みは相当です。

合併症や感染症のリスクは減りますが外科手術である以上炎症などおこる場合もあります。

身長を伸ばす手術のメリット

見た目が一変する

背が高いことで得られるメリットとは子供扱いされにくいということがあるあります。

背が高い事で自分に自信が持てるという事もあります。特に男の子は身長が高いとモテることも多くなるかと思います。

また背が高いというだけでファッションを楽しめたりもします。背が低いと着こなせないロングコートやスーツなども華麗に着ることができます。

モデルさんなどをみるとファッションを心から楽しんでいるようにも見えてきますよね。

スタイルがきれいになる

後は小顔効果もあるんじゃないかと思います。身長の低い人よりも高い人のほうが小顔に見られます。

みんながそうだとは思いませんがパリコレなどにでてるモデルさんを見てみると背が高いだけあって顔も小さく見えます。

顔だけではなく高い人と低い人でウエストのサイズが同じだった場合低い人の方が太っているように見えます。

背が高い人は縦に長い分スラット見てますが低い人は凝縮したような感じに見られます。

身長を伸ばす手術のデメリット

運動能力の下がる可能性がある

身長を伸ばす手術は骨を切って繋げ再生させます。当然手術後はリハビリが必要になってきますし完全に骨がつながったとしても運動能力の下がる場合もあります。

足だけを数センチ伸ばすので身体のバランスに影響が出る場合もあります。

手術直後は運動できません。骨が再生するまで器具をつけたまま生活を続ける必要があり日常が困難な事もあります。

また後遺症が残る場合もあるので気をつけなければいけません。

痛みが残る恐れがある

手術による痛みもありますが骨を引き延ばしているため再生する時に日常生活が困難になるくらい激痛に襲われる可能性もでてきます。

リハビリを行って行くことか大事です。そして器具により固定しているので高い確率で感染症を引き起こしてしまうリスクがあります。早期発見と早期治療が非常に大切です。

麻酔を打っても人工的に骨折させるような物なのでかなり痛いです。痛みに弱い人は要注意です。

費用が高額

また費用が馬鹿でかいです。普通の背が伸びなあ病気でもないかぎり美容目的で手術をする場合保険適用外なため全て実費で払う必要があります。

もちろん手術費用だけではなく入院費用や個室費用、骨の形成を助けるものなど様々な費用が全部実費でかかってくるので1000万ぐらいは必要になってきます。

日本ではなく海外でも手術はできるので海外ですると大体200万~とかなり安くできそうに見えます。言葉が話せる人なら問題ないかもしれませんがそうでない人は何をされてるかの説明すらわからないといった状況になるでしょう。

そうなると感染症や合併症になってしまってなにもいえません。

身長を伸ばす手術を考える前にしておくこと

自分の体の状態を細かくチェックする必要がある

手術対象は骨の成長がストップした方です。成長期に当たる男の子で18歳女の子で16歳までの方は普段の生活を少し変えたり食事と質のいい睡眠をとればまだ背が伸びる事が可能になります。そのため手術は成人になった人だけになってきます。

ただし年齢が高くなればなるほど伸ばせる骨の形はよくないです。それは周りの神経や筋肉が骨が伸びるのについていけなくなります。理想は35歳までがいいですが色々な条件が合えば40歳ぐらいまで手術可能な場合もあります。

健康な方はいいですが糖尿病の方やステロイドを投与していたり精神疾患のある方は治療適応にならない時があります。また喫煙者の方も骨の形が悪いと言われており手術を受けられない可能性があります。身内などで麻酔のアレルギーがある方もできない場合があるので確認しておくことが大事です。

感染症などの様々なリスクにも覚悟しておく必要がある

日常生活に支障をもたらしたり激痛に耐えられなくなったり感染症などのリスクもあります。それらを十分に理解する必要があります。

入院中は介護補助をしてもらえますが退院したら自分で器具を装着などしなくてはいけません。誰かお世話してくれる方を見つけておいたほいがいいと思います。

また傷跡が残る場合もあります。男の人は体毛で隠れてわからないと言うこともありますが女性の場合毛の処理をしたりスカートを履いたりする方がほとんどだと思います。そうなると傷跡が見える事があるので配慮しておくことも大事です。

そして手術をする上で一般的な手術と違い有給をとっていつまでにしてほしいというような事ができないです。

合併症や感染症などか起こりうる可能性がある以上治療期間を大幅にとる必要がでてきます。普段の仕事をしながら手術日程を組むのはかなり難しい事なのでその辺もしっかり頭にいれておいてください。

ポイント

手術は最終手段になります。手術に踏み切るには様々な苦労があると思います。最終手段を選ぶ前に日頃から運動と栄養バランスの取れた食事や、身長を伸ばすために必要な栄養素を摂るためにサプリメントを利用するのもオススメです。

骨端線が残っていれば身長が伸びる事を諦めないでほしいです。身長を伸ばすためには五大栄養素がとても大事です。普段の食事でとれる者もたくさんありますし日光に当たるだけでも摂取でにるビタミンもあります。

今は手軽に食べられる添加物の入ったインスタント食品やスナック菓子などありますがそれを極力へらし和食中心のメニューを心がけるようにしてください。

それでも無理な方は手術に踏み切ってもいいと思います。メリットだけではなくちゃんとデメリットも把握してお医者さんと相談しておく事は絶対してください。もちろん費用も高いですし長期間の治療も必要になります。それで身長が伸びたら見る世界は変わると思います。ぜひ自分にあった選択をしてください。

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 肌の乾燥が原因の肌荒れや赤み・かゆみはこうやって治そう!

  • 身長を伸ばすには亜鉛が必要

  • 身長を伸ばすために必要なたんぱく質の量とその働き

  • 幼児におすすめの遊び 室内で楽しめる遊びを紹介します!

  • 痩せる運動を室内でしよう!家の中でも簡単にできるダイエット法

  • 身長を伸ばすホルモン治療について