1. TOP
  2. 正座をすると身長が伸びなくなるってホント?

正座をすると身長が伸びなくなるってホント?


この記事は約 9 分で読めます。 298 Views

正座をすると身長が伸びなくなるの?

「正座」のイメージはどんなものがありますか?

「足がしびれて立てなくなる」「膝が変形してしまう」などなど色々な悪いイメージがあると思いますが、中でも正座の一番悪いイメージは「身長が伸びなくなってしまう」というものではないでしょうか。

これらのイメージが広まったことが原因で、昔とは違い最近では生徒に正座をさせる学校はほとんどなくなってきているのが現実です。

学校のみならず、親がその話を信じきっていて、家庭でも正座をする子供はとても少なくなっているのではないでしょうか?

「昔と違い正座をしなくなったから今の人は身長が高いんだ」という意見もチラホラ聞こえてきます。しかし、ここ10数年間の日本人の平均身長は伸び悩んでいて、頭打ちになっているという事実もあります。10数年前に身長を計った大人は、子供の頃に正座をしていた時間が多かったはずです。

この事実をふまえると「正座をすると身長が伸びない」という意見は信憑性を欠きます。

正座は本当に身長の伸びを悪くするのでしょうか? 正座をすると身長に悪影響が出るかどうかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

今の子供は昔に比べて足が長い?

まずは、正座が身長に悪影響を与えるとしたら、いちばん影響を受けるであろう部分、「足の長さ」について見ていきましょう。

ここに1950年代から最近までの成人の男女の平均身長と股下の長さのデータがあります。正座が足の長さに影響しているならば、当然正座をしていない現代の小学生の足は長くなっているはずですよね。

男子
1950年代 1980年代 2010年
平均身長 165.0 170.5 171.8
股下 74.7 77.5 78.2
女子
1950年代 1980年代 2010年
 平均身長  153.9 157.3  158.5
 股下  68.2 70.2  70.8

このデータを見てわかるように、今の子どもたちは足だけが長くなったわけではありません。特にこの30年ほどは男女共に身長も足の長さもそんなに変化があるわけではないのです。

1950年代の祖父世代から親世代までは平均身長が一気に伸びていますが、その後は身長、股下共にあまり変化が見られません。

祖父世代から親世代にかけて身長が伸びた理由は食生活の変化が大きな理由として挙げられます。身長を伸ばすための栄養を十分に摂れるようになったことが、平均身長が大きく伸びた理由なのです。

「正座が原因で身長が伸びなくなる」はウソ!

もしも正座が原因で身長が伸びなくなったり、足が短くなるのであれば、常に正座をしていた親世代とほとんど正座をしていない今の世代の身長と股下には大きな違いが出ているはずです。

しかし、上記のデータからもわかるように、平均の身長も股下も親世代と今の世代はほとんど変わらないのです。

このことからもわかるように、「正座をすると身長が伸びなくなる」というのは真っ赤なウソなのです。

年代別の身長に影響したのは栄養の違い

平均身長は祖父世代から親世代にかけて一気に高くなったのですが、それは既に述べたとおり食生活が豊かになったからです。

祖父世代には十分に摂ることができなかった身長を伸ばすために必要な「たんぱく質」「ビタミン類」「カルシウム」「亜鉛」「マグネシウム」などの栄養素を、親世代になると十分にとることができるようになったためです。

つまり、正座をしなくなったから身長が伸びたり、足が長くなったわけではないのです。

ひざへの負担と血流の悪化が成長を阻害する?

「正座をすると、その圧迫が原因で血流が遮断されてしまうため、足に血液と栄養が行かなくなるため身長がストップする」

と、こんなことを耳にします。しかし、正座をして血流が遮断されることによって成長に影響が出るということはありません。

そんなに血流を遮断してしまったり、ひざに大きな負担がかかるような正座は、おもりを乗せて長時間座らされるような拷問以外考えられません。ご飯の時間に正座をするくらいの正座では何も問題ないのです。

確かに正座に慣れていないとちょっと座っただけで足がしびれてしまいますが、それは血流が促進されている証拠です。むしろ良いことです。正座を習慣化すればそれが気持ちよくなります。

また、足がスグに痺れてしまうのはきちんとした姿勢で座れていないことが原因です。姿勢を正して正座をすれば長い時間でもしびれることなく座ることができます。

どうしてそんな噂が広がったのか?

どうして「正座をすると身長が伸びなくなる」なんて噂が広がったのか定かではありませんが、食生活が豊かになったのと同じタイミングで生活様式も変化し、正座をする機会が減少していったことが相まったのかもしれません。

それに、長時間正座をすると足がしびれたり、膝が少し痛くなったりすることがその噂に拍車をかけたのかもしれません。

「正座をすると身長が伸びなくなる」は根も葉もない単なる噂に過ぎないのです。

正座をした方が姿勢が良くなる

ここまで正座と身長についてご紹介してきましたが、それでも「やっぱり正座をすると子どもの足は短くなるんじゃないの?」という方がおられるかもしれません。

しかし心配はいらないのです。逆に、小さいうちから正座を習慣にして生活した方が大人になった時のスタイルが良くなるんです。

ここでは正座をすることのメリットをご紹介したいと思います。

正座をすると姿勢が良くなる

正座をすると、お尻を地面につけた座り方をするよりも背筋が伸びてきれいな姿勢になりませんか?

なぜ姿勢が良くなるのかと言うと、正座をしてバランスをとるためには背筋をまっすぐにする必要があるからです。そのため、正座している時に猫背になったり左右に傾いた体勢をしていると余計な力が必要になるので、疲れてきたり、だるくなってきたり、足が痛くいなってきたりするんです。

そして姿勢を良くするためにインナーマッスルを使うことになるので、正座をする習慣をつけておくことで、正座をしていない時でも姿勢がよくなります

また、正座をして姿勢を良くしていると、おなかを凹ますための筋肉も使っているのでお腹も凹みます。

正座をすると栄養も摂れるようになる

身長を伸ばすために大切なもののひとつは栄養です。とにかく食べないことには身長は伸びません。つまり、おなかペコペコの状態で栄養のあるものをたくさん食べる必要があります。

しかし、猫背の姿勢で生活していると大きな腹筋、背筋が弛緩して仕事をしていない状態なので、エネルギーの消費がありません。筋肉はかなりのエネルギーを消費するので筋肉は使えば使うほどお腹が減ります。

正座をして姿勢を正す習慣を身につけることによって、お腹が減って栄養のあるものをたくさん食べるという好循環になるのです。

さらに、猫背の姿勢は内臓を圧迫します。すると消化吸収の働きが悪くなるので、栄養素が効率よく体に吸収されない恐れも出てきます。

正座は正しい姿勢と栄養を取るためにプラスになるのです。

体幹が鍛えられてスポーツなどの役に立つ

正座をすることによって骨盤周辺の筋肉が柔軟になります。そのことで体幹がしっかりするようになります。

スポーツに欠かせないのは体幹の強さです。グラグラしていたら何をやってもうまくいかないのがスポーツですからね。

体幹がしっかりしていれば、技術の向上はもちろん体力の向上にもつながります。

血流が良くなる

正座をすることによって、体の血流が良くなります。

圧迫された部分の血流は解放されると一気に流れはじめ、血流が良くなります。大きな筋肉の場所であればあるほど血流がアップします。

足は大きな筋肉の塊です。特にふくらはぎは第二の心臓を言われるくらい血流にとって重要な場所です。正座で少しの時間圧迫状態を作って解放してあげれば全身の血流が良くなり、冷えなどの症状も改善するでしょう。

また正座は足にあるツボを刺激するといわれています。そのことも血流をよくするポイントなのかもしれません。

背が1~2センチ高くなる

そして、忘れてならないのが正座によって猫背がなおり、身長がすぐに1~2センチはアップすると言うことです。

数値的にはたった1~2センチですが、姿勢がいいと実際の身長よりもずっと大きく見えます。

正座の習慣をつけて姿勢を正して、しっかり胸を張って生活していればパッと見は5~6センチは違ってくるでしょう。

正座を習慣化して日常の姿勢を正すことが一番早い身長を伸ばす方法かもしれません。

正座をする時の注意点

ここまで紹介してきたように、正座は身長に害を与えるものなどではなく、逆に身長を伸ばしたり、大きく見せるために適した座り方なのです。

しかし、正座をする際には少し注意が必要になります。それは体制が悪かったり、バランスが取れていない座り方の正座です。

特に正座に慣れていない人は、正座をすると始めからバランスがとれていない座り方をするので、すぐに足のどこかが痛くなってしまったり、変な感じに身体をねじって痛みから逃れようとするものです。

しかし、そのような座り方は、体のバランスを崩す原因になりますし、左右どちらかに体重が偏ってしまうために片方の足の負担になる恐れがあります。

大きくなって体重が増えてから正座を始めようとすると、その体重のせいでキツク感じてしまい、なかなか習慣化できなくなる可能性もあります。できることなら小さいうちから正座をする習慣を身につけておきたいところです。

正座をするときのポイントは、頭の先からお尻にかけて一本の棒を意識して、つま先やかかとに体重を偏らせず、全体に均一に体重をかけることです。慣れてコツを掴むまで少し時間がかかるかもしれませんが、正座を習慣化していきましょう。

正座は悪いものでは消してありません。むしろあなたの身長を伸ばすための手助けをしてくれるものなのです。

はじめは痛かったりしびれたりするかもしれませんが、スグに慣れて楽になるはずです。日常生活にどんどん正座を取り入れていきましょう。

 

身長を伸ばすためのサプリメントを徹底的に比較しました!

↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓


スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

のびった【親子の成長ナビゲーション】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

のびった【親子の成長ナビゲーション】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 結膜炎(はやり目など)は保育園や幼稚園にはいつから登園できる?

  • 身長を伸ばすためのビタミンI(愛)って?

  • 身長を伸ばす方法 小学生がすべきこととしてはいけないこと

  • 筋トレが身長止まる原因になるの?

  • カルシウムグミの口コミや成分からその効果を徹底検証しました!

  • 身長を伸ばすためにはたんぱく質は欠かせない